レアメタルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > レアメタルの意味・解説 

レアメタル


レア‐メタル【rare metal】

読み方:れあめたる

産出量少な金属。インジウム・ガリウム・クロム・ゲルマニウム・コバルト・ジルコニウム・ストロンチウム・セシウム・セリウム・タングステン・タンタル・チタン・ニオブ・ニッケル・バナジウム・パラジウム・プラチナ(白金)・マンガン・ロジウムなど。希少金属希有金属希金属。→ベースメタルレアアース

[補説] 経済産業省では、現在工業用需要があり、今後需要があるものと、今後技術革新に伴い新たな工業用需要予測されるものとして31種類金属指定


レアメタル

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

レアメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 13:56 UTC 版)

レアメタル希少金属(きしょうきんぞく)は、様々な理由から産業界での流通量・使用量が少なく希少な非鉄金属のこと。


  1. ^ a b c d e 中村 2007 [要ページ番号]
  2. ^ 日経BP 2011, p. 30.
  3. ^ 非鉄製錬におけるマイナーメタルに関するシンポジウム”. 公式ウェブサイト. 一般社団法人 資源・素材学会 (MMIJ) (2017年). 2019年11月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 田中 2007 [要ページ番号]
  5. ^ レアメタルは持続可能か カギは「希少さ」より環境負荷朝日新聞2021年1月21日
  6. ^ 「海底レアメタル採掘へ 沖縄・小笠原に深海ロボ」『読売新聞読売新聞社、2011年1月7日。2019年11月7日閲覧。



レアメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 01:16 UTC 版)

金属」の記事における「レアメタル」の解説

金属汎用金属コモンメタルベースメタル)と希少金属(レアメタル)に分け分類もある。レアメタルの基準は以下の1-4のどれか一項目を満たし、かつ5番目の条件あてはまものを言う存在する量が少な鉱床作らず広く薄く分布している 鉱床作っても、特定の国や地域限定されている 鉱物から取り出した精製したりすることが難しい 現代産業欠かせない素材である レアメタルは、典型元素15種類+希土類以外の遷移元素15種類+希土類金属(レアアースメタル)17種類合計47種類があり、この中には半金属ホウ素セレンテルル含まれる。これらレアメタルはクラーク数少なさとは必ずしも一致せず例えは、地殻含まれる量は少ないが古来青銅器作られたように鉱石発掘しやすく精錬容易だったコモンメタルの定義は、「レアメタル以外の金属」「歴史的に文明支えた亜鉛スズ水銀、鉛、アルミニウム、金、銀の8種類」など複数ある。 以上のように「レア」と「コモン」の差は物質絶対量ではなく人類がいかに容易に調達できるか、需給バランスのギャップという点が強い。そのため、精錬技術の向上など製造プロセス革新によってレアメタルに分類される金属コモンメタル化される可能性があり、その例としてチタンコモンメタル化されつつある。

※この「レアメタル」の解説は、「金属」の解説の一部です。
「レアメタル」を含む「金属」の記事については、「金属」の概要を参照ください。


レアメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 16:12 UTC 版)

新世紀GPXサイバーフォーミュラ」の記事における「レアメタル」の解説

この作品中では形状記憶合金意味する言葉として使われている。変形機構において用いられ、これを用いることで瞬時に変形することが可能となる通常の機械的な変形に比べ変形によるタイムロス(=変形に伴い一時的に生じ空力低下減少)が大幅に減ることにより一回あたりはコンマ数秒でも、その蓄積によりレースにおいては大きなアドバンテージとなる。また、変形のためだけに存在する機械変形都合上構造を必要としなくなるため、ボディワーク全体の形状をより滑らかで空力的に洗練されたものにできるメリット生じせしめる

※この「レアメタル」の解説は、「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」の解説の一部です。
「レアメタル」を含む「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」の記事については、「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」の概要を参照ください。


レアメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 14:13 UTC 版)

メタルマックス ファイアーワークス」の記事における「レアメタル」の解説

クルマパーツを冶金すると稀に手に入るアイテム。超改造で使うとパーツレベル上限を更に5レベル上限突破して合成できるようにできる。非売品

※この「レアメタル」の解説は、「メタルマックス ファイアーワークス」の解説の一部です。
「レアメタル」を含む「メタルマックス ファイアーワークス」の記事については、「メタルマックス ファイアーワークス」の概要を参照ください。


レアメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 22:48 UTC 版)

メタリカメタルカ」の記事における「レアメタル」の解説

フラゴリウムレア度:A) 紫の光沢を持つ。金属フラゴリウム同士でも構わない)との衝撃反応して爆風生み出す性質ルーメニウムレア度:A) 強い光を当てる強力な熱線反射する。非常に硬いトランステンレア度:A) 圧力衝撃に、衝撃硬度変換する外的な強さに対して絶対的な力を誇る。 グランステンレア度:B) 火山奥深くにある採掘困難なメタル少量で重く、熱を帯びており、またマグマ噴出抑えていることから大地の栓」とも呼ばれるリバステンレア度:B) 様々な衝撃温度の状態で全く別の数百通りにも及ぶ多数形状記憶し現在の状態対応した形状変化する少々刺激音の波紋等)にすら反応し変形してしまうため、扱い難しく一部科学者等を除き使用好まれないフィロミウムレア度:C) 小型竜ネブラオスの卵の殻から採れる。殻から採取する場合、雛の栄養源でもある少量しか採取してはいけない。熱を加えて延ばすと産毛ぐらいの細さまで延ばすことができ、それを何重にも重ねて造る壁は鋼鉄をも凌ぐ硬さになる。 リペリウムレア度:C) 鉱物等の微弱な磁場反発する力を出す採取しやすいペタリウムレア度:C) 分子構造特殊性で、あらゆる切り口表面に何でもくっついてしまう。吸着力は50kgを超える

※この「レアメタル」の解説は、「メタリカメタルカ」の解説の一部です。
「レアメタル」を含む「メタリカメタルカ」の記事については、「メタリカメタルカ」の概要を参照ください。


レアメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 09:49 UTC 版)

太陽の黙示録」の記事における「レアメタル」の解説

本来は家電自動車携帯電話コンピューター用いられる希少金属を指すが、ここでは震災時乗り捨てられ自動車水没したオフィス街残されたパソコン含まれるものを指す、現代でいう都市鉱山のこと。亮はこれら放置された工業製品回収してそこからレアメタルを取り出し海猫島の工場にて加工出荷してグレイ・シティで500万人の日本人海外一時避難民生活する為の基盤資金稼ごう考えていた。しかし、舷一郎はレアメタルはあくまで限りある資源であり、これをめぐって争いがおこる危険性危惧し、また中国側の張いわく「甘い蜜群がのごとく介入しようとしてきたので、亮はレアメタルに関する案を取り下げた

※この「レアメタル」の解説は、「太陽の黙示録」の解説の一部です。
「レアメタル」を含む「太陽の黙示録」の記事については、「太陽の黙示録」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レアメタル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

レアメタルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レアメタルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレアメタル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金属 (改訂履歴)、新世紀GPXサイバーフォーミュラ (改訂履歴)、メタルマックス ファイアーワークス (改訂履歴)、メタリカメタルカ (改訂履歴)、太陽の黙示録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS