水素吸蔵合金とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 合金 > 水素吸蔵合金の意味・解説 

すい そきゅうぞうごうきん -きふざうがふきん [1][5] 【水素吸蔵合金】

冷却加圧すると水素吸収し、加熱減圧により水素放出する合金水素ガスボンベ高圧貯蔵するのにくらべ、安全性が高く、簡単に貯蔵できる。水素貯蔵合金

水素吸蔵合金

英語 metal hydride

水素金属、とくにパラジウムチタンジルコニウム希土類金属などと反応して、多量水素吸蔵できる金属水素化合物となるが、これらの合金分解しにくく、水素放出には高温要することから、吸蔵放出可逆的にできるように工夫した合金を水素吸蔵合金と呼ぶ。加圧した水素吸蔵発熱反応となるので冷却が必要だが、逆に放出させるときは吸熱反応となり、外部からの加熱を必要とする。車載するときは、これらの反応効率よく行うために吸蔵合金水素および冷却過熱用の熱媒体(など)の流路確保するよう設計されたタンク収納する。この方式は、高圧水素ガス液体水素比べ容積密度が高いこと、比較安全性が高いことなどから将来有力な方式のひとつである。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

水素吸蔵合金

水素水素化合物として内部吸蔵する合金液体水素同等上の密度水素貯蔵できる。金属水素化合物形成分解反応は熱の発生または吸収を伴う 可逆反応であるため、水素貯蔵合金エネルギー変換へも応用されている。

水素吸蔵合金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 16:38 UTC 版)

金属の中には、水素を取り込む性質のあるものが複数あることが知られている。水素吸蔵合金(すいそきゅうぞうごうきん)とは、このような性質を合金化によって最適化し、水素を吸わせることを目的として開発された合金のこと。水素貯蔵合金とも呼ばれる[1]


  1. ^ a b 高効率水素吸蔵合金、p.3.
  2. ^ 水素とは、p.1.
  3. ^ 高効率水素吸蔵合金、pp.3-4.
  4. ^ 高効率水素吸蔵合金、p.4.
  5. ^ アルドリッチ
  6. ^ アルドリッチ
  7. ^ a b c d e f g 高効率水素吸蔵合金、pp.6-7.
  8. ^ a b 広島大学


「水素吸蔵合金」の続きの解説一覧



水素吸蔵合金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水素吸蔵合金」の関連用語

水素吸蔵合金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水素吸蔵合金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2019 (有)イーマテリアル
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水素吸蔵合金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS