遷移元素とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 元素群 > 遷移元素の意味・解説 

せん いげんそ [4] 【遷移元素】

周期表において 3 族から 11 族までの間に位置する元素群12 族を含めていう場合がある。族ごとの縦の類似性よりも横の類似性が目立つ。多く硬い融点重金属複数酸化数をもち、イオン化合物多彩な色をもつ。種々の錯体をつくる。

遷移元素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/02 00:08 UTC 版)

遷移元素(せんいげんそ、: transition element)とは、周期表第3族元素から第11族元素の間に存在する元素の総称である[1][2]遷移金属(せんいきんぞく、: transition metal)とも呼ばれる。第12族元素(亜鉛族元素、ZnCdHg)は化学的性質が典型元素金属に似ており、またイオン化してもd軌道が10電子で満たされ閉殻していることから日本では一般的に典型元素に分類されるが、遷移元素に分類される例も多く見られる[3]


  1. ^ a b c (英語) transition element IUPAC. Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book"). Compiled by A. D. McNaught and A. Wilkinson. Blackwell Scientific Publications, Oxford (1997). XML on-line corrected version: http://goldbook.iupac.org (2006-) created by M. Nic, J. Jirat, B. Kosata; updates compiled by A. Jenkins. ISBN 0-9678550-9-8. doi:10.1351/goldbook.T06456.
  2. ^ IUPAC REDBOOK p.43:IUPAC Nomenclature of Inorganic Chemistry. Third Edition, Blackwell Scientific Publications, Oxford, 1990.
  3. ^ a b (英語) Jensen, William B. (2003年). “The Place of Zinc, Cadmium, and Mercury in the Periodic Table”. Journal of Chemical Education 80 (8): 952–561. doi:10.1021/ed080p952. http://www.uv.es/~borrasj/ingenieria_web/temas/tema_1/lecturas_comp/p952.pdf. 
  4. ^ 原子番号増加でs軌道、d軌道ないしはf軌道電子が変化する箇所も存在する
  5. ^ d軌道やf軌道が閉殻の場合は核遮蔽が強く、準位が高くなったs軌道電子が変化する
  6. ^ a b c コトバンク - 世界大百科事典 第2版『遷移元素』”. 2018年10月2日閲覧。
  7. ^ a b c コトバンク -百科事典マイペディア 『遷移元素』”. 2018年10月2日閲覧。
  8. ^ a b Chapter_7._d-Metal Complexes


「遷移元素」の続きの解説一覧



遷移元素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遷移元素」の関連用語

遷移元素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



遷移元素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遷移元素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS