ネオジムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ネオジムの意味・解説 

ネオジム

別名:Nd
英語:Neodymium

レアアース一種ジスプロシウムと共に強磁性体として知られる。ネオジムから製造される「ネオジム磁石」は最も強力な磁石とされる日立金属製造している永久磁石NEOMAX」もネオジム磁石である。

ネオジム磁石電気自動車搭載される電気モーター磁石などとしても不可欠部品となっているが、日本入手にあたり依存している中国レアアース輸出規制などを受けて、節約代替技術模索急務として進められている。

関連サイト
ネオジム系希土類永久磁石 NEOMAX® - 日立

ネオジム [1]ドイツ Neodym

ランタノイドの一。元素記号 Nd 原子番号60原子量144.2。銀白色金属属性延性に富む。空気にふれると酸化されて青白色になる。レーザーに用いられるほか、酸化物ブラウン管ガラス添加してテレビ画面コントラスト上げるのに用いる。ネオジウム

Nd

ドイツ Neodym
ネオジムの元素記号

ネオジム

分子式Nd
その他の名称:NdNeodymium
体系名:ネオジム


物質
ネオジム
英語名
Neodymium
元素記号
Nd
原子番号
60
分子量
144.24
発見
1885年
原子半径(Å)
1.82
密度(g/cm3
7
比熱(cal/g ℃)
0.045
イオン化エネルギー(eV)
5.49


ネオジム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 10:25 UTC 版)

ネオジム: neodymium [ˌniː.ɵˈdɪmiəm]: Neodym [neoˈdyːm])は原子番号60の金属元素元素記号Nd希土類元素の一つで、ランタノイドにも属する。




  1. ^ Gschneidner, K. A.; Eyring, L. (1978). Handbook on the Physics and Chemistry of Rare Earths. Amsterdam: North Holland. ISBN 0444850228 
  2. ^ a b 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社、1998年、268頁。ISBN 4-06-257192-7 
  3. ^ 岩波書店 岩波科学百科 1020頁
  4. ^ Sr-Nd 横尾頼子、同位体を用いた地圏環境研究 筑波大学アイソトープ環境動態 (PDF)
  5. ^ FA コットン, G. ウィルキンソン著, 中原勝翻訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年


「ネオジム」の続きの解説一覧

ネオジム

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:08 UTC 版)

名詞

ネオジム

  1. 原子番号 60元素記号 Nd金属元素ランタノイド単体常温常圧では銀白色固体

訳語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネオジム」の関連用語

1
よう化ネオジム 化学物質辞書
100% |||||

2
塩化ネオジム 化学物質辞書
98% |||||

3
水酸化ネオジム 化学物質辞書
98% |||||

4
二よう化ネオジム 化学物質辞書
96% |||||

5
二塩化ネオジム 化学物質辞書
96% |||||

6
セレン化ネオジム 化学物質辞書
96% |||||

7
テルル化ネオジム 化学物質辞書
96% |||||

ネオジムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ネオジムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネオジム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのネオジム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS