磁石とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 物体 > 磁石の意味・解説 

じ‐しゃく【磁石】

を引きつける磁力をもつ物体または装置永久磁石電磁石など。

地磁気感じ南北を指す性質利用した方位測定具。磁気コンパス磁気羅針盤

天然産する磁力をもつ鉱石。主に磁鉄鉱。じせき。

磁石の画像
U型磁石

じしゃく【磁石】

狂言遠江(とおとうみ)の某が、大津松本の市で人買いにだまされそうになって逃げるが、人買い太刀を抜いて追いかけてくるので、自分は磁石の精だと名のって太刀取り上げる。


じ‐せき【磁石】

じしゃく(磁石)


磁石

作者もとむら睦花

収載図書るーぷ幻想
出版社文芸社
刊行年月2000.11


磁石

作者くれあ

収載図書 3
出版社メディアワークス
刊行年月2008.3
シリーズ名魔法のiらんど文庫


磁石

読み方:ジシャク(jishaku)

分野 能狂言

年代 成立未詳

作者 作者未詳


磁石

読み方:マグネット(magunetto)

作者 中村草田男

初出 昭和24年

ジャンル メルヘン


磁石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/26 16:37 UTC 版)

磁石(じしゃく、英語: magnetマグネット)は、2つの(磁極)を持ち、双極性の磁場を発生させる源となる物体などの強磁性体を引き寄せる性質を持つ。磁石同士を近づけると、異なる極は引き合い、同じ極は反発しあう。


  1. ^ a b c d e f g h i j k KAO CHEMICAL FORUM 第64号”. 花王. 2020年8月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 磁気に関するQ&A »磁石(初級)”. 公益社団法人日本磁気学会. 2020年8月21日閲覧。
  3. ^ a b c 金属以外の磁石の種類について”. ネオマグ. 2020年8月21日閲覧。
  4. ^ 磁石の歴史”. 株式会社マグエバー. 2018年10月2日閲覧。
  5. ^ 強力な磁石のマグネットボールで誤飲事故が発生 - 幼児の消化管に穴があき、開腹手術により摘出


「磁石」の続きの解説一覧

磁石

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:35 UTC 版)

名詞

じしゃく

  1. 磁気を帯びている物体
  2. 方位磁石の略。方位磁針
  3. 磁鉄鉱のこと。

翻訳




磁石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「磁石」の関連用語

磁石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



磁石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの磁石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS