博物誌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > > 博物誌の意味・解説 

はくぶつ‐し【博物誌】

読み方:はくぶつし

自然界事物現象総合的に記述した書。

[補説] 書名別項。→博物誌


はくぶつし【博物誌】


博物誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 19:42 UTC 版)

博物誌』(はくぶつし、ラテン語: Naturalis historia)は、古代ローマ大プリニウスが著した書。全37巻。地理学天文学動植物鉱物などあらゆる知識に関して記述している。数多くの先行書を参照しており、必ずしも本人が見聞、検証した事柄だけではない。怪獣巨人狼人間などの非科学的な内容も多く含まれ、学問的な体系を完全に成しているわけではない。




「博物誌」の続きの解説一覧

博物誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 06:25 UTC 版)

甲子夜話」の記事における「博物誌」の解説

京都江戸において、鈴虫松虫呼称逆である記されており(巻百、鈴虫松虫の弁)、『源氏物語』の「鈴虫」が実際には松虫であることの重要な根拠とされている。 燕の塩漬け保存食兵糧)として使用されること。 河豚、くらげ(巻二十六)、似我蜂(巻三十一)。毒のある河豚大名食わせる話で、万一備え予防線張っておく落語元ネタのような章もある。 荻生徂徠が「低地から高地へ導く方法」として「竹の節破り去り隙間ないよう幾つも繋いで傾斜緩やかにし、水面浸した逆のほう(高地)を炙ると上昇する」というので、静山が藩邸実験してみたが失敗した

※この「博物誌」の解説は、「甲子夜話」の解説の一部です。
「博物誌」を含む「甲子夜話」の記事については、「甲子夜話」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「博物誌」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



博物誌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「博物誌」の関連用語

博物誌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博物誌のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの博物誌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの甲子夜話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS