文章でとは? わかりやすく解説

文章で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 22:02 UTC 版)

スタンリー・グリーン (サンドイッチマン)」の記事における「文章で」の解説

グリーン日曜日自宅過ごしていたが、常に静かに過ごしていた訳ではなく時にはEight Passion Proteins』の印刷に当たっていた。ヴャルデマー・ヤヌシャック(Waldemar Januszczakによれば印刷機は(古い時代複雑な制御装置を描くことで知られていた)ヒース・ロビンソン(Heath Robinson)の漫画出てきそうな代物で、印刷する日に生じ騒音は、グリーン隣人たち間のトラブルの種だった 。 『Eight Passion Proteins』は、1973年から1993年にかけて52版を重ね一見して不規則な大文字活字使用など、その尋常ならざるタイポグラフィでよく知られていた。長年の間に値段上げられていったが、それもほんの僅かずつでしかなく、1980年当時10ペンスだった価格は、13年後の1993年には12ペンスであった。これをグリーンは、平日には20部ほど、土曜日には最大で50売っていた。1993年2月までに販売され累計は87千部に達した。この小冊子では、8つの「激情タンパク質」として、肉、チーズ、卵、エンドウ豆類木の実挙げており、「四肢激しく使う仕事に就いていない者、座り続けていることが多い者」は「タンパク質蓄積され激情流れやすくなる」ので、例えば、仕事辞めて引退する激情高まりやすくなり、夫婦関係亀裂が入るおそれも高まる、と述べられている。「私たち激情負けてはいけない」と主張するこのパンフレットは、「独り身であれ、性的関係友人がいるのであれ、独身者として生活する時期における規律が、結婚後の規律への準備となる」と助言している。グリーンは特にBBC槍玉に挙げて、「無分別無規律無作法」を広めていると糾弾している。 グリーンは1作だけ小説書いていたが、出版してくれるところを見つけることができなかった。この『Behind the Veil: More than Just a Tale』は、カーターによれば激情危険性について、贖罪可能性についての雑多な説明盛り込まれた」作品であるという。未公刊の手稿は2点遺されており、ひとつは67ページの『Passion and Protein激情タンパク質)』と題された文書でもうひとつ392ページに及ぶ『Eight Passion Proteins』の拡充版で、1971年オックスフォード大学出版局から不採用とされた原稿であったカーターによればグリーンオックスフォード・ストリートでの活動並行して偉大で善良な指導者たち手紙出し続けるという取り組み続けており、『Eight Passion Proteins』は、歴代5人のイギリスの首相チャールズ皇太子カンタベリー大主教BBC総裁、「タイムズ」紙編集長英国医師会British Medical Association)、教皇パウロ6世にも送られていた。

※この「文章で」の解説は、「スタンリー・グリーン (サンドイッチマン)」の解説の一部です。
「文章で」を含む「スタンリー・グリーン (サンドイッチマン)」の記事については、「スタンリー・グリーン (サンドイッチマン)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「文章で」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

文章でのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文章でのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスタンリー・グリーン (サンドイッチマン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS