豆類とは? わかりやすく解説

(豆類 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 08:28 UTC 版)

(まめ、: Bean, Pulse)とは、マメ科植物種子のことで、特に食用・加工用に利用される大豆インゲンマメヒヨコマメアズキラッカセイなどの総称である[1]。豆は菽穀類(しゅこくるい、: Pulse crops)と言われ広義の穀物に含まれる。また日本語においては、小さいものや形の似たものを豆と表現する(後述)。


注釈

  1. ^ FAOの集計では生産に関しては2013-7時点で2011年分まで情報があるが、用途などの情報が含まれているCommodity BalanceやFood Supplyの情報は2009年度分までである。
  2. ^ a b c d 2010欄は2009年の値。
  3. ^ ラッカセイの豆の正味重量は約7割である。
  4. ^ FAOの2009年度の集計によると、豆類の供給サイドでの廃棄率は3.3%、大豆やラッカセイを含む油糧作物の廃棄率は3.6%であった。

出典

  1. ^ a b kotobank - デジタル大辞泉 「豆」
  2. ^ 写真でわかる園芸用語集 「胚乳」
  3. ^ 写真でわかる園芸用語集 「莢果(きょうか)」
  4. ^ 写真でわかる園芸用語集 「裂開果(れっかいか)」
  5. ^ 写真でわかる園芸用語集 「節果(せつか)」
  6. ^ 楽天 「「種 アルファルファの検索結果」
  7. ^ 朝日新聞・どらく 「タマリンド」
  8. ^ BBC Mundo (西語)El frihol se origino en Mesoamerica
  9. ^ en:Peanut#Historyより。
  10. ^ Dillehay, Tom D.. “Earliest-known evidence of peanut, cotton and squash farming found”. 2007年6月29日閲覧。
  11. ^ 豆類協会 「豆の通ってきた道」
  12. ^ 豆類協会 「大豆」
  13. ^ 国際マメ年について (IYP 2016)”. FAO駐日連絡事務所. 2016年12月7日閲覧。
  14. ^ キッコーマン 「大豆の歴史」
  15. ^ グリコ 「大豆のおはなし」
  16. ^ 豆類協会 「豆の通ってきた道」
  17. ^ 滋賀県湖北農業農村振興事務所 「滋賀県長浜市における小豆の生産振興について」
  18. ^ 豆類協会 「豆の日本への伝来の歴史」 (PDF)
  19. ^ a b 農林水産省 「いろんな豆」
  20. ^ 豆類協会 「Q&A 豆の種類について」
  21. ^ 豆類協会 「豆の主な栄養素」
  22. ^ weblio - 日本豆類基金協会 「いんげんまめ」
  23. ^ 国際連合食糧農業機関(FAO) Classifications Production/Crops/ item code=176 Beans, dry
  24. ^ kotobank - デジタル大辞泉 「豌豆豆」
  25. ^ 跡見学園女子大学 「きまめ」
  26. ^ kotobank - 世界大百科事典 「キマメ」
  27. ^ 「ささげ」
  28. ^ 豆類協会 「ささげ」
  29. ^ a b c d e f g 豆類協会 「海外からの輸入」
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 国際連合食糧農業機関(FAO) FAOSTAT
  31. ^ 国際連合食糧農業機関(FAO) Classifications Food Supply/Crops Primary Equivalent/ item code=2555 Soybeans
  32. ^ 豆類協会 「国内生産」
  33. ^ 「白いんげん豆の摂取による健康被害事例について」
  34. ^ 健康食品管理士認定協会 「白いんげん豆食中毒事件」
  35. ^ 英語版のen:Glucose-6-phosphate dehydrogenase deficiency#Signs and symptomsの記述ではFavismとG6PDの関連は are not well understoodとある。
  36. ^ 医歯薬出版株式会社 「日本人の食事摂取基準(2010年版)」
  37. ^ Bloomberg Appetite for Meat in China Means Agriculture Imports, FAO Says
  38. ^ 農林水産省 「大豆をめぐる最近の動向について H22-1」
  39. ^ Godman, Heidi (2021年12月1日). “Harvard study: Healthy diet associated with lower COVID-19 risk and severity” (英語). Harvard Health. 2021年12月5日閲覧。
  40. ^ 「野菜350g」は本当にカラダにいいの…?食生活のウソホント”. FRIDAYデジタル (2020年7月16日). 2020年11月27日閲覧。
  41. ^ 吉川雅之、薬用食物の糖尿病予防成分 『化学と生物』 2002年 40巻 3号 p.172-178, doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.40.172
  42. ^ 豆類ポリフェノールの抗酸化活性ならびにα-アミラーゼおよびα-グルコシダーゼ阻害活性、齋藤優介ほか、日本食品科学工学会誌、Vol.54(2007) No.12
  43. ^ アメリカ合衆国農務省(USDA) Nutrient data laboratory
  44. ^ Harold McGee 2008, pp. 471–476.
  45. ^ 楽天レシピ 「金時豆の甘煮」
  46. ^ allrecipes.com Boston Baked Beans
  47. ^ 豆類協会 「豆の戻し方」
  48. ^ エジプト大使館 「エジプト料理」
  49. ^ kotobank - 平凡社世界大百科事典 「高杯∥高坏」
  50. ^ goo辞書 - 小学館デジタル大辞泉 「坏」
  51. ^ 「米・麦・肉・豆の漢字の由来・成り立ち」
  52. ^ 「豆の起源と由来」



豆類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:34 UTC 版)

食のタブー」の記事における「豆類」の解説

ピュタゴラス教団は、豆類を禁忌とした。これはソラマメ中毒予防目的ではないか考えられている。

※この「豆類」の解説は、「食のタブー」の解説の一部です。
「豆類」を含む「食のタブー」の記事については、「食のタブー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「豆類」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「豆類」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

豆類のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



豆類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食のタブー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS