ヒキウスとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > ヒキウスの意味・解説 

ヒキウス (ひきうす)

ヒキウス 米、小麦をはじめ、大豆などの雑穀の精粉に明治以来昭和20年代まで使用された。ふつう石臼という。上臼の穴に、少量づつ乾物落とし上臼把手廻すと、上下臼の摺面で挽砕され、粉として出てくる。臼の摺面は、上下臼ともに、複合放射状に浅い溝が切ってある。上臼は、直径28.5cm、高さ11.5cm、下臼の直径28.5cm、高さ10cm。上臼にはめたクランクの腕長6.5cm把手29cm、重さ40kgである。

碾臼

読み方:ヒキウス(hikiusu)

穀類で粉をつくったり油をしぼったりする用具

別名 磨碾


磨碾

読み方:ヒキウス(hikiusu)

穀類で粉をつくったり油をしぼったりする用具

別名 碾臼



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒキウス」の関連用語

ヒキウスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヒキウスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS