穀類とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > たぐい > 穀類の意味・解説 

こく‐るい【穀類】

読み方:こくるい

穀物のたぐい。穀物類。


穀類(こくるい)

植物の種実のうちデンプン富み食物として主食またはその代用位置あるものわが国古来五穀称した穀類はコメ・ムギ・アワ・キビおよびマメ指し時にはヒエを含むこともある。本格焼酎原料としては主にコメ使われていたが、18世紀末には、代用として雑穀用いた焼酎鹿児島現れたことが『西遊記』せいゆうき)にみえる。現在焼酎原料にはほとんどすべての穀類が使用されており、主穀(コメ・ムギ)、雑穀(アワ・キビ・ヒエ・トウモロコシ・シバ・ダイズ・ソラマメ・ラッカセイなど)製の様々な製品がある。なお、これらの穀類を焼酎原料として用い場合には、精白破砕などの加工を伴うことが多い。

穀物

(穀類 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/28 09:25 UTC 版)

穀物(こくもつ、: cerealsあるいはgrain)は、植物から得られる食材の総称の一つで、澱粉質を主体とする種子食用とするもの。狭義にはイネ科作物の種子(トウモロコシなど)のみを指し、広義にはこれにマメ科作物の種子()や他科の作物の種子を含む[1][2]


  1. ^ a b c 日本作物学会編『作物学用語事典』(農山漁村文化協会 2010年)p.241
  2. ^ a b c 『丸善食品総合辞典』(丸善 1998年)p.393
  3. ^ 世界各国の主食は何ですか。農林水産省(2021年6月27日閲覧)
  4. ^ 農業・生物系特定産業技術研究機構編『最新農業技術事典』(農山漁村文化協会 2006年)p.105
  5. ^ 日本作物学会編『作物学用語事典』(農山漁村文化協会 2010年)p.242
  6. ^ 『丸善食品総合辞典』(丸善 1998年)p.268
  7. ^ 『食料の百科事典』(丸善 2001年)p.18
  8. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p24-25 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  9. ^ 国際連合食糧農業機関、国際食糧農業協会訳・編集『たんぱく質の品質評価 : FAO/WHO合同専門家協議報告』国際食糧農業協会、1992年。 Quality Evaluation, Report of the Joint FAO/Who Expert Consultation, 1991 ISBN 978-9251030974
  10. ^ a b 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.3
  11. ^ 【脱粒性】
  12. ^ 【非脱粒性】
  13. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.5
  14. ^ a b c d e f Cordain L, Eaton SB, Sebastian A, et al. (2005). “Origins and evolution of the Western diet: health implications for the 21st century”. Am. J. Clin. Nutr. 81 (2): 341–54. PMID 15699220. http://ajcn.nutrition.org/content/81/2/341.long. 
  15. ^ ジョン・ブラッドショー『猫的感覚―動物行動学が教えるネコの心理』早川書房、2014年
  16. ^ 中尾佐助『栽培植物と農耕の起源』(岩波書店 1966年1月25日第1刷)154頁
  17. ^ 中尾佐助『栽培植物と農耕の起源』p10-11(岩波書店 1966年1月25日第1刷)
  18. ^ 「小麦の機能と科学」(食物と健康の科学シリーズ)p2-3 長尾精一 朝倉書店 2014年9月10日初版第1刷
  19. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.6
  20. ^ 「食 90億人が食べていくために」(サイエンス・パレット025)p144-147 John Krebs著 伊藤佑子・伊藤俊洋訳 丸善出版 平成27年6月25日発行
  21. ^ 「穀物生産28億トン 過去最高見通し」『日本農業新聞』2021年6月9日2面
  22. ^ a b ProdSTAT”. FAOSTAT. 2006年12月26日閲覧。
  23. ^ The weight given is for paddy rice
  24. ^ 「熱帯作物学」p23 志和地弘信・遠城道雄編 朝倉書店 2022年4月5日初版第1刷
  25. ^ 三輪睿太郎監訳『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』(朝倉書店 2004年9月10日第2版第1刷)p.61
  26. ^ 「史上最強カラー図解 最新 世界の農業と食料問題のすべてがわかる本」p30 八木宏典監修 ナツメ社 2013年6月7日初版発行
  27. ^ 「史上最強カラー図解 最新 世界の農業と食料問題のすべてがわかる本」p31 八木宏典監修 ナツメ社 2013年6月7日初版発行
  28. ^ a b 農林水産技術会議/売れる麦に向けた新技術、6ページ。2016年8月6日閲覧[リンク切れ]
  29. ^ 平野克己『図説アフリカ経済』(日本評論社、2002年4月)46-48頁
  30. ^ 平野克己 『図説アフリカ経済』(日本評論社、2002年4月 ISBN 978-4-535-55230-2)42-43頁
  31. ^ 小麦に危機感「カーンザ」に期待 代替作物、米国で注目「持続的な農業を」土壌や水保持に高い能力 気候変動に対応朝日新聞』夕刊2022年9月30日1面(2022年10月8日閲覧)
  32. ^ NHK, 「放置しないで!飢えのない世界へ」
  33. ^ 「新版 キーワードで読みとく現代農業と食料・環境」p13 「農業と経済」編集委員会監修 小池恒男・新山陽子・秋津元輝編 昭和堂 2017年3月31日新版第1刷発行
  34. ^ 「新版 キーワードで読みとく現代農業と食料・環境」p38 「農業と経済」編集委員会監修 小池恒男・新山陽子・秋津元輝編 昭和堂 2017年3月31日新版第1刷発行
  35. ^ 『図説アフリカ経済』p35 平野克己 日本評論社 2002年4月4月30日第1版第1刷発行
  36. ^ 「新版 キーワードで読みとく現代農業と食料・環境」p12-13 「農業と経済」編集委員会監修 小池恒男・新山陽子・秋津元輝編 昭和堂 2017年3月31日新版第1刷発行
  37. ^ 「地図とデータで見る農業の世界ハンドブック」p81-82 ジャン・ポール・シャルヴェ著 太田佐絵子訳 原書房 2020年11月1日第1刷
  38. ^ 「地図とデータで見る農業の世界ハンドブック」p13 ジャン・ポール・シャルヴェ著 太田佐絵子訳 原書房 2020年11月1日第1刷
  39. ^ a b c d [1]
  40. ^ 「食料の世界地図」p78-79 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 大賀圭治監訳 中山里美・高田直也訳 丸善 平成17年10月30日発行
  41. ^ 「食料の世界地図」p78-79 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 大賀圭治監訳 中山里美・高田直也訳 丸善 平成17年10月30日発行
  42. ^ 「食料の世界地図」p78-81 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 大賀圭治監訳 中山里美・高田直也訳 丸善 平成17年10月30日発行
  43. ^ 「おいしい穀物の科学 コメ、ムギ、トウモロコシからソバ、雑穀まで」p81 井上直人 講談社 2014年6月20日第1刷発行
  44. ^ 「おいしい穀物の科学 コメ、ムギ、トウモロコシからソバ、雑穀まで」p94-96 井上直人 講談社 2014年6月20日第1刷発行
  45. ^ 糖尿病ネットワーク、全粒穀物
  46. ^ 「おいしい穀物の科学 コメ、ムギ、トウモロコシからソバ、雑穀まで」p162-163 井上直人 講談社 2014年6月20日第1刷発行
  47. ^ 舟田詠子『パンの文化史』(講談社学術文庫 2013年12月10日第1刷発行)pp.37-38
  48. ^ 石毛直道『世界の食べもの 食の文化地理』(講談社学術文庫 2013年5月9日第1刷)p.234
  49. ^ バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳『世界の食用植物文化図鑑』(柊風舎 2010年1月20日第1刷)p.217
  50. ^ 「おいしい穀物の科学 コメ、ムギ、トウモロコシからソバ、雑穀まで」p126-128 井上直人 講談社 2014年6月20日第1刷発行
  51. ^ 井上直人『おいしい穀物の科学 コメ、ムギ、トウモロコシからソバ、雑穀まで』(講談社ブルーバックス 2014年6月20日第1刷)pp.34-35
  52. ^ 『FOOD'S FOOD 新版 食材図典 生鮮食材編』(小学館 2003年3月20日初版第1刷)p.313
  53. ^ 榎本裕洋、安部直樹『絵でみる食糧ビジネスのしくみ』(柴田明夫監修、日本能率協会マネジメントセンター〈絵でみるシリーズ〉、2008年8月。ISBN 978-4-8207-4525-9)pp. 24-25
  54. ^ 日本中央競馬会「馬の飼養管理について」p.6 (PDF) (2016年6月17日閲覧)
  55. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.204
  56. ^ 「食の人類史」p66-68 佐藤洋一郎 中公新書 2016年3月25日初版
  57. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.116
  58. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.248-249
  59. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.116
  60. ^ 「わかる!国際情勢 食料価格高騰~世界の食料安全保障~」日本国外務省(2008年7月17日)2016年8月6日閲覧
  61. ^ 「わかる!国際情勢 食料価格高騰~世界の食料安全保障~」日本国外務省(2008年7月17日)2023年1月17日閲覧
  62. ^ 「地図とデータで見る農業の世界ハンドブック」p46-47 ジャン・ポール・シャルヴェ著 太田佐絵子訳 原書房 2020年11月1日第1刷
  63. ^ 「地図とデータで見る農業の世界ハンドブック」p47-49 ジャン・ポール・シャルヴェ著 太田佐絵子訳 原書房 2020年11月1日第1刷
  64. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.116
  65. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.187
  66. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.249
  67. ^ 「食の人類史」p60-61 佐藤洋一郎 中公新書 2016年3月25日初版
  68. ^ 本山荻舟『飲食事典』(平凡社 昭和33年12月25日発行)p.197
  1. ^ 強勢雑草として忌み嫌われるものもあり、日本では、イネの水田におけるヒエはその例として知られる。


「穀物」の続きの解説一覧

穀類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 07:30 UTC 版)

ダッシュダイエット」の記事における「穀類」の解説

全粒穀物という点が重要である日本売られている全粒粉パンライ麦パンには、全粒成分わずかに含まれるだけである。最低でも半分必要である加工食品原材料名は、多い順に書いてあるので、最初に小麦粉と書いてある全粒粉パン」は、不適当である

※この「穀類」の解説は、「ダッシュダイエット」の解説の一部です。
「穀類」を含む「ダッシュダイエット」の記事については、「ダッシュダイエット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「穀類」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「穀類」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



穀類と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「穀類」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||


7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

穀類のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



穀類のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2023.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの穀物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダッシュダイエット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS