麺とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > の意味・解説 

めん【麺】

常用漢字] [音]メン(呉)

小麦粉。「麺粉麺麭(めんぽう)」

小麦粉で製した食物。うどん・そばの類。「麺棒麺類製麺素麺(そうめん)」

[補説] 「麪」は異体字

難読湯麺(タンメン)・麺麭(パン)・拉麺(ラーメン)・老麺(ラーメン)


めん【麺/×麪】

小麦粉などをこねて作った細長い食品。うどん・そば・スパゲッティなどのこと。「麺をゆでる」


読み方:ムギノコ(muginoko)

小麦粉

別名


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 06:19 UTC 版)

(めん、Noodle)とは、穀類小麦粉蕎麦粉米粉[1]など)やデンプンなどを加えた生地を細く長く成形した食品




注釈

  1. ^ 緑豆サツマイモが原料となる場合もあり。
  2. ^ そば粉入りの場合あり。
  3. ^ メーカーは春雨と区別している。また、(春雨の主要原料である)リョクトウ(緑豆)が用いられていない。
  4. ^ 山芋が原料となる場合もあり。
  5. ^ つなぎとしてタピオカも使用している。
  6. ^ 餅米・うるち米・山の芋を使用。
  7. ^ 2020年現在は作られていないと見られる。栃粉を練った生地を時間を置かずに麺棒(栃麺棒)で伸ばさないと生地が硬化してしまう事から、「面食らう」の語源になったともいわれる。
  8. ^ 海藻から抽出されたアルギン酸ナトリウムを麺状に仕上げたもの。

出典

  1. ^ 原材料が100%「豆」の「ゼンブヌードル」はパスタなのか何なのか実際に食べて確かめてみた GIGAZINE(2020年10月13日)2020年10月28日閲覧
  2. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.14
  3. ^ 日清食品、栄養と簡単調理両立のパスタ日本経済新聞ニュースサイト(2019年3月26日)2019年4月5日閲覧
  4. ^ a b c d e f g 豊田実「最近の麺事情について」『調理科学』24巻 1号 1991年 p.36-42, doi:10.11402/cookeryscience1968.24.1_36
  5. ^ a b c 吉田宗弘. “うどん類の歴史と分類”. 関西大学. 2020年11月8日閲覧。
  6. ^ 全国公正取引協議会連合会『生めん類の表示に関する公正競争規約
  7. ^ 消費者庁: 乾めん類品質表示基準
  8. ^ a b 全国公正取引協議会連合会: 即席めんの表示に関する公正競争規約及び施行規則
  9. ^ a b 消費者庁: マカロニ類品質表示基準
  10. ^ 消費者庁『調理冷凍食品品質表示基準
  11. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.16
  12. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.15
  13. ^ 池上俊一『パスタでたどるイタリア史』(岩波ジュニア新書)p.19
  14. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.22
  15. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.24
  16. ^ 奥山忠政『文化麺類学・ラーメン篇』2003年,明石書店
  17. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.25
  18. ^ 池上俊一『パスタでたどるイタリア史』(岩波ジュニア新書)p.32
  19. ^ 麥部:麪:麥末也。从麥丏聲。
  20. ^ 麪:束晳麪賦云重羅之麪塵飛雪白
  21. ^ 食部:餅:麪餈也。从食并聲。
  22. ^ 岡田哲『ラーメンの誕生』2002年,ちくま新書(筑摩書房)
  23. ^ 平安時代の麺料理を再現 奈良
  24. ^ 麺のルーツを味わう - 奈良公園で索餅まつり
  25. ^ 池上俊一『パスタでたどるイタリア史』(岩波ジュニア新書)p.16
  26. ^ 池上俊一『パスタでたどるイタリア史』(岩波ジュニア新書)p.25
  27. ^ 池上俊一『パスタでたどるイタリア史』(岩波ジュニア新書)p.35
  28. ^ 池上俊一『パスタでたどるイタリア史』(岩波ジュニア新書)p.50
  29. ^ 池上俊一『パスタでたどるイタリア史』(岩波ジュニア新書)p.146
  30. ^ a b 講談社ブルーバックス: 山田昌治『麺の科学』p.30
  31. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.61
  32. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.33
  33. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.37
  34. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.46-p.47
  35. ^ a b 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.40
  36. ^ 山田昌治『麺の科学』(講談社ブルーバックス)p.99
  37. ^ 世界の伝統的な製麵技術 5つの系列 - 石毛直道食文化アーカイブス
  38. ^ 有限会社規格サービス: 2011年2月JIS追録差し替え情報



出典:『Wiktionary』 (2020/02/03 13:23 UTC 版)

発音

名詞

  1. メン小麦粉、又はそば粉米粉各種澱粉でんぷんなどになどを加えた、生地細く長くした食材

連語

  • 麺を打つ

翻訳

熟語


出典:『Wiktionary』 (2020/02/03 13:16 UTC 版)

発音

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



麺と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麺」の関連用語

麺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



麺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS