即席麺とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > 即席麺の意味・解説 

即席麺(そくせきめん)

即席麺 1958年中交総社現在の日清食品)から発売された、『チキンラーメン』が世界初の即席麺である。それから約半世紀袋麺カップラーメン生麺といったさまざまなタイプ即席めん開発され、世界中愛好されている。現在では、年間498億食(平成13年データ)が消費されている。⇒インスタントラーメン
※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。

インスタントラーメン

(即席麺 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/21 21:43 UTC 版)

インスタントラーメン: instant ramen, instant noodles)は、一般に「瞬間油熱乾燥法または熱風乾燥法(ノンフライ製法)によって製造され、熱湯をかけるまたは煮る等でスープも同時に調理できる即席ラーメン」であるが、明確な定義はない。包装は入り、カップ入りがあり、フライ麺、乾麺等の種類がある。即席麺[1]即席ラーメンとも呼称される。




注釈

  1. ^ 日清食品の食文化アカデミー「麺ロードを行く2」でも奇妙な麺として取り上げられている。安藤百福が台南に近い嘉義県の出身であるため、伊府麺、意麺の存在を知っていたという見方もあるが、現在のインスタントラーメンの成立との因果関係は言及されていない。
  2. ^ 日清焼そば50周年記念限定「しなやか麺」5食パックの外装に開発秘話と発売開始日が掲載された。
  3. ^ 当時は単独の会社。現在は日清食品ホールディングス傘下
  4. ^ ピークの2008年の約500億食から2014年は444億食へ減少した[25]

出典

  1. ^ a b 呼称 - 即席麺家頁(日本即席食品工業協会)。
  2. ^ a b 即席めん類等の表示に関する公正競争規約 (PDF)
  3. ^ 【点検 世界シェア】即席めん/台湾企業がリード広げる『日経産業新聞』2019年7月18日(食品・日用品・サービス面)。
  4. ^ 世界を変えた「日本の発明10選」新華社通信 2013年11月24日
  5. ^ 戦後日本のイノベーション100選 アンケート投票トップ10 インスタントラーメン
  6. ^ 日清食品 安藤百福クロニクル
  7. ^ a b c d 熾烈な争いが生んだ世界に冠たるインスタントラーメン
  8. ^ 【番外編】NHK『まんぷく』チキンラーメンは本当に「発明」なのか(下)- 野嶋剛
  9. ^ 会社の沿革 - おやつカンパニー
  10. ^ 「ベビースターラーメン」-“もったいない”の心から生まれた日本初のラーメンスナック|飲食品でヒット商品をつくる|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]中小企業基盤整備機構
  11. ^ 【底流 ニュースの裏側】愛されて半世紀 ご長寿商品 止まらぬ進化で定番に(産経新聞) - Yahoo!ニュース 2009年8月23日7時56分配信 産経新聞
  12. ^ 南極食糧ハンドブック
  13. ^ 南極OB会
  14. ^ a b <甦る経済秘史>「即席」もう一つのルーツ 長寿麺 製法特許 日清食品が購入 東京新聞、2015年6月12日
  15. ^ 日清食品クロニクル - 日清食品
  16. ^ 光デパート「チキンラーメンは世界初のインスタントラーメンか?」『と学会会誌 25』と学会、2010年、同人誌。[要出典]
  17. ^ a b 特許情報プラットフォーム|J-PlatPatにて調査
  18. ^ ラジオ番組『伊集院光 日曜日の秘密基地』2008年1月13日放送分で、そのエピソードが紹介された。
  19. ^ 伊集院光・日曜日の秘密基地
  20. ^ a b ラーメンと愛国 P.122
  21. ^ <インスタントラーメン大研究 半世紀に渡る進化の歴史と次の商品」『日経トレンディネット』、2008年9月24日。2019年2月23日閲覧。
  22. ^ “即席ラーメン「マルちゃん正麺」、1年間で2億食販売の大ヒット”. MSN産経ニュース. (2012年11月8日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121108/biz12110818270027-n1.htm 2012年11月30日閲覧。 
  23. ^ 即席めん、世界の半分中国が生産 原料高でも生産増 - サーチナ(中国情報局) 2008年1月9日付配信
  24. ^ 世界インスタントラーメン事情 - 即席麺家頁(日本即席食品工業協会)。
  25. ^ 西尾邦明、斎藤徳彦、岡林佐和 (2015年11月8日). “中国ショック 減速の現場から 庶民の味方、異変 ビール・即席めん”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 7面 
  26. ^ 世界ラーメン協会 即席めんの世界総需要世界ラーメン協会
  27. ^ 図録▽インスタントラーメン(即席麺)消費量の国際比較”. honkawa2.sakura.ne.jp. 2019年7月19日閲覧。
  28. ^ a b c 日本即席食品工業協会調べ
  29. ^ a b 日本インスタントラーメン事情 - 即席麺家頁(日本即席食品工業協会)。
  30. ^ 『ランキンの花園』 MBS 2012年8月31日閲覧。
  31. ^ 第4章 即席めんの生産数量の推移
  32. ^ 日本経済新聞社『日経業界地図 2017年版』P.27 2016年8月25日


「インスタントラーメン」の続きの解説一覧



即席麺と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「即席麺」の関連用語

即席麺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



即席麺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2019 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインスタントラーメン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS