モロコシとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > モロコシの意味・解説 

もろ‐こし【唐土/唐】

読み方:もろこし

昔、日本から中国呼んだ名。から。とうど。

昔、中国から伝来したものにつけた語。

[補説] 中国南方の越(えつ)(浙江(せっこう)省付近)の諸国・諸族の「諸越」の訓読みから起こり最初その地方をさしていたのが、しだいに中国全土をさすようになったという。一説に、その地方から諸物渡来した意とも。


もろ‐こし【蜀黍/唐黍】

読み方:もろこし

イネ科一年草。高さ約2メートル円柱形で節があり、長大互生する。夏、の頂に大きな穂を出し赤褐色の小さな実が多数できる。実は酒・菓子などの原料飼料にもする。アフリカ原産で、古くから作物として栽培高粱(コーリャン)。もろこしきび。たかきびとうきび。《 秋》

蜀黍/唐黍の画像
撮影おくやまひさし

もろ‐ごし【諸腰】

読み方:もろごし

《「もろこし」とも》刀と脇差し両腰(りょうごし)。


唐土

読み方:モロコシ(morokoshi), トウド(toudo)

中国呼んだ


唐黍

読み方:トウキビ(toukibi), トウキミ(toukimi), トキビ(tokibi), モロコシ(morokoshi)

イネ科一年草園芸植物薬用植物


蜀黍

読み方:モロコシ(morokoshi)

イネ科一年生作物


唐黍

読み方:モロコシ(morokoshi), トウキビ(toukibi), モロコシキビ(morokoshikibi)

イネ科一年草

学名 Sorghum bicolor var.bicolor


蜀黍

読み方:モロコシ(morokoshi)

イネ科一年草

学名 Sorghum bicolor var.bicolor


蜀黍

読み方:モロコシ(morokoshi)

唐黍の別

季節

分類 植物


モロコシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 15:55 UTC 版)

モロコシ(蜀黍、唐黍、学名 Sorghum bicolor)は、イネ科一年草C4植物穀物タカキビ(高黍)とも呼ぶ。外来語呼称にはコーリャン[1]中国語: 高粱, Gāoliang[2]から)、ソルガムソルゴーがある。沖縄ではトーナチンと呼ばれる。


  1. ^ デジタル大辞泉小学館) 「高粱(コーリャン)の意味 - goo国語辞書 コーリャン【高粱】の意味」、および三省堂大辞林』 「コーリャンとは - Weblio辞書 コーリャン」
  2. ^ 三省堂『デイリーコンサイス中日辞典』 「高粱の意味 - 中日辞書 - 中国語辞書 - goo辞書 高粱 gāoliang」、および白水社『中国語辞典』など 「高粱の意味 - 中国語辞書 - Weblio日中中日辞典 高粱
  3. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』(三輪睿太郎監訳 朝倉書店 2004年9月10日第2版第1刷)p.107
  4. ^ 「モロコシ トウモロコシ 違い」のGoogle検索結果
  5. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.253
  6. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.230
  7. ^ 『地域食材大百科 第1巻 穀類・いも・豆類・種実』(農山漁村文化協会 2010年3月1日第1刷発行)p.175
  8. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.264
  9. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.258
  10. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)pp.255-256
  11. ^ a b 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.255
  12. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.257
  13. ^ a b 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.260
  14. ^ 堀内孝次「飛騨の雑穀文化と雑穀栽培」p.99『雑穀の自然史 その起源と文化を求めて』(北海道大学図書刊行会 2003年9月10日第1刷)収録
  15. ^ 鵜飼保雄、大澤良編著「品種改良の世界史 作物編』(悠書館 2010年12月28日第1刷)p.116
  16. ^ 鵜飼保雄、大澤良編著『品種改良の世界史 作物編』(悠書館 2010年12月28日第1刷)pp.118-119
  17. ^ 鵜飼保雄、大澤良編著「品種改良の世界史 作物編』(悠書館 2010年12月28日第1刷)p.131 
  18. ^ a b c d 平 宏和 『雑穀のポートレート』錦房、2017年、4頁。 
  19. ^ 刘夙 高粱:从非洲来的“毒品”还是希望?科学人、2015年9月10日http://www.guokr.com/article/440693/ 
  20. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)pp.253-254
  21. ^ ソルガムの紹介(長野県畜産試験場)
  22. ^ アメリカ合衆国農務省(USDA=United States Department of Agriculture): Foreign Agricultural Service – Production, Supply and Distribution Online [1]
  23. ^ Mutegi, Evans; Fabrice Sagnard, Moses Muraya, Ben Kanyenji, Bernard Rono, Caroline Mwongera, Charles Marangu, Joseph Kamau, Heiko Parzies, Santie de Villiers, Kassa Semagn, Pierre Traoré, Maryke Labuschagne (2010-02-01). “Ecogeographical distribution of wild, weedy and cultivated Sorghum bicolor (L.) Moench in Kenya: implications for conservation and crop-to-wild gene flow”. Genetic Resources and Crop Evolution 57 (2): 243–253. doi:10.1007/s10722-009-9466-7. 
  24. ^ 三輪睿太郎監訳『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』(朝倉書店 2004年9月10日 第2版第1刷)p.107
  25. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.254
  26. ^ 鵜飼保雄、大澤良編著『品種改良の世界史 作物編』(悠書館 2010年12月28日第1刷)pp.121-123
  27. ^ 鵜飼保雄、大澤良編著『品種改良の世界史 作物編』(悠書館 2010年12月28日第1刷)p.129 
  28. ^ 平野克己『図説アフリカ経済』(日本評論社、2002年)p.36
  29. ^ 北川勝彦・高橋基樹編著『アフリカ経済論』(ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷)p.150
  30. ^ 平野克己『図説アフリカ経済』(日本評論社、2002年)p.41
  31. ^ a b 平野克己『経済大陸アフリカ』(中公新書 2013年1月25日発行)p.123
  32. ^ 平野克己『経済大陸アフリカ』(中公新書 2013年1月25日発行)p.124
  33. ^ 平野克己『経済大陸アフリカ』(中公新書 2013年1月25日発行)p.119
  34. ^ 平野克己『経済大陸アフリカ』(中公新書 2013年1月25日発行)p.117
  35. ^ 平野克己『経済大陸アフリカ』(中公新書 2013年1月25日発行)p.118
  36. ^ 木俣美樹男「雑穀のエスノボタニー」p.214『雑穀の自然史 その起源と文化を求めて』(北海道大学図書刊行会 2003年9月10日第1刷)収録
  37. ^ B.L.C.ジョンソン著 山中一郎・松本絹代・佐藤宏・押川文子共訳『南アジアの国土と経済 第1巻 インド7』(二宮書店 昭和61年4月1日第1刷)p.100
  38. ^ Sorghum Archived 2010年8月23日, at the Wayback Machine., U.S. Grains Council.
  39. ^ 『雑穀入門』(日本食糧新聞社 平成22年12月22日初版)p.34
  40. ^ 「5 ソルガム 国際的なソルガム需給の概要」農林水産省(2015年1月16日閲覧)
  41. ^ 「日本の飼料産業」内「主要飼料穀物」協同組合日本飼料工業会(2014年1月14日閲覧)
  42. ^ 池谷和信編著『ボツワナを知るための52章』(明石書店 2012年)169ページ
  43. ^ 川田順造『サバンナの博物誌』(ちくま文庫 1991年5月28日第1刷)p.31
  44. ^ 『世界の食文化 アフリカ』(農文協 2004年)p.71
  45. ^ 『世界の食文化 アフリカ』(農文協 2004年)p.66
  46. ^ 木俣美樹男「雑穀の亜大陸インド」p.159『雑穀の自然史 その起源と文化を求めて』(北海道大学図書刊行会 2003年9月10日第1刷)収録
  47. ^ 老北京生活离不开高粱新華網、2016年11月25日http://news.xinhuanet.com/local/2016-11/25/c_129377517.htm 
  48. ^ 『地域食材大百科 第1巻 穀類・いも・豆類・種実』(農山漁村文化協会 2010年3月1日第1刷発行)pp.175-176
  49. ^ 特集2 新・日本の郷土食(2)ソバ・小麦・雑穀で作る 岩手県の麺料理とおやつ(2)」農林水産省(2015年1月16日閲覧)
  50. ^ 「伝統野菜で食品開発 奥武産トーナチン使い3品」琉球新報
  51. ^ a b c d 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.261
  52. ^ 『地域食材大百科 第1巻 穀類・いも・豆類・種実』(農山漁村文化協会 2010年3月1日第1刷発行)pp.176-177
  53. ^ 『世界の食文化 アフリカ』(農文協 2004年)pp.237-239
  54. ^ 『世界の食文化 アフリカ』(農文協 2004年)p.47
  55. ^ 『地域食材大百科 第1巻 穀類・いも・豆類・種実』(農山漁村文化協会 2010年3月1日第1刷発行)p.177
  56. ^ 「グレイン・ソルガム(ソルガムきび)」アメリカ穀物協会(2021年1月29日閲覧)
  57. ^ 「牧草・飼料作物および雑草に含まれる有毒物質と家畜中毒」p.9/『牧草と園芸』第53巻第6号
  58. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.259
  59. ^ 「ホウキモロコシ」農研機構(2021年1月29日閲覧)
  60. ^ 『世界の食文化 アフリカ』(農文協 2004年)pp.63-64
  61. ^ 「ソルガム栽培によるカドミウム汚染土壌の浄化」 農林水産省(2015年1月16日閲覧)
  62. ^ 「緑肥作物の利用」農林水産省(2015年1月16日閲覧)
  63. ^ 「建国後三年間の堅実な歩み 満洲国の重要記録」『満洲日報』1935年(昭和10年)3月1日付


「モロコシ」の続きの解説一覧

「モロコシ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モロコシ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
100% |||||

5
94% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

モロコシのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モロコシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモロコシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS