紅いコーリャンとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 紅いコーリャンの意味・解説 

紅いコーリャン

原題:Red Sorghum 紅高梁
製作国:中国
製作年:1987
配給:ユーロスペース東光徳間
スタッフ
監督:Zhang Yimou 張藝謀 チャン・イーモウ
脚本:陳剣雨 チェン・チェンユイ

朱偉 チュー・ウェイ

Mo Yan 莫言 モー・イエン
撮影:顧長衛 クー・チャンウェイ
作曲:Zhao Ji Ping 趙季平 チャオ・チーピン
美術:楊鋼 
字幕:白井啓介 シライケイスケ
キャスト(役名
Gong Li 鞏俐 コン・リー (九児)
Jian Wen 姜文 チアン・ウェン (余占鰲)
勝汝駿 トン・ルーチェン (羅漢
劉継 リウ・チー (豆官)
銭明 チェン・ミン (曾祖父
計春華 チー・チェンホア (秀三炮)
解説
20年代末の中国山東省舞台に、貧しく厳しい状況の中で生きる人々の、恋と欲望闘いを描く。監督本作デビューとなる張藝謀莫言原作『紅高梁』『高梁酒』を基に、脚本陳剣雨担当出演鞏俐姜文ほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
20年代末、中国山東省18才になる九児(鞏俐)は、親子ほど年が離れていてハンセン氏病煩う造り酒屋大頭のもとに嫁ぐことになった。その嫁入り道中、彼女の御輿覆面強盗に襲われる。そして強盗が九児をさらおうとした時、彼を殺し九児を助けたのは御輿かつぎの余占鰲(姜文)であった。当時慣習で、結婚式3日後に父親銭明に連れられ実家に戻る九児が、強盗に襲われたあのコーリャン畑に差しかかった時、彼女は再び強盗に襲われ、畑の奥深く連れ去られるが今度の男は余だった。九児も彼に淡い慕情抱いていたこともあり、二人コーリャン畑で愛を交わした。九児が嫁ぎ先に戻ると、行方不明になっており、やがて未亡人として彼女が酒屋を継ぐことになる。番頭羅漢勝汝駿)の協力得て商売も順調に繁栄していたある日一帯に名の通った匪賊、秀三炮(計春華)の一団酒造場を襲い、九児は誘拐される。身代金引き換えに、彼女は無事戻ってくるが、その九児の姿に激怒した余は、秀の喉もとに包丁つきつけ許しを乞わせる。しかし彼が家に戻るや、九児が使用人たちとなごやかに酒をくみ交わしている姿に、余は腹立たしさ覚えコーリャン酒の甕の中に放尿した。ところがその甕の酒が美酒変化し、九児はこの酒を十八里紅と名付けるその夜羅漢から姿を消した。コーリャン畑で九児が身篭ももった豆官(劉継)も9才になった。やがてこの地にも日本軍がやってきて、畑をつぶして道路建設するため人々強制労働させる。日本軍人々へのみせしめに、抗日運動家となった羅漢吊るし村の肉屋彼の生皮を剥すよう命じる。そして彼は恐怖色もみせず日本軍罵倒する言葉を吐き、絶命した。その夜九児は男たち十八里紅をふるまい、彼らは日本軍への抵抗を誓う。ところが彼らが待ち伏せている所に日本軍はなかなか現われず、九児は食事を持ってコーリャン畑へと向うその時日本軍現れ彼女は撃ち殺される。余と男たち怒りの声をあげながら日本軍襲いかかり爆薬爆発させ、一面血の海と化した。たった二人生き残った余と豆官は灼熱太陽のもと、血に染まったコーリャン畑に立ちつくすのだった

紅いコーリャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/29 13:38 UTC 版)

紅いコーリャン』(あかいこーりゃん、原題:紅高粱)は、1987年製作の中国映画張芸謀(チャン・イーモウ)の初監督作品で、主演は鞏俐(コン・リー)。2人のコンビはその後も数々の作品を世に送り出すことになる。原作は莫言(モー・イェン)の『赤い高粱』『続 赤い高粱』。






「紅いコーリャン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紅いコーリャン」の関連用語

紅いコーリャンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



紅いコーリャンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紅いコーリャン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS