それぞれのシネマとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > フランスの映画作品 > それぞれのシネマの意味・解説 

それぞれのシネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/21 23:04 UTC 版)

それぞれのシネマ』(Chacun son cinéma もしくは Chacun son cinéma ou Ce petit coup au cœur quand la lumière s'éteint et que le film commence、「それぞれの映画館、あるいは光が滅び映画が始まるときの胸のこのときめき」の意)は、2007年(平成19年)製作・公開、フランスほか24の国と地域による合作のオムニバス映画である。




  1. ^ 洋画★シネフィル・イマジカ Archived 2008年6月5日, at the Wayback Machine. - 放送予定作品紹介


「それぞれのシネマ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「それぞれのシネマ」の関連用語

それぞれのシネマのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



それぞれのシネマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのそれぞれのシネマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS