紅とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 色彩 > 紅色 > の意味・解説 

くれない〔くれなゐ〕【紅】

《「くれ(呉)のあい()」の音変化

鮮明赤色。特に、紅花の汁で染めた色。「夕日が空を紅に染める」

ベニバナの別名。末摘花(すえつむはな)。

「よそのみに見つつ恋ひなむ—の末摘む花色に出でずとも」〈万・一九九三〉

香の名。伽羅(きゃら)の一種

紅の画像
#d7003a/R:215 G:0 B:58/C:0 M:100 Y:65 K:10

こう【紅】

[音]コウ(漢) (慣) グ(呉) [訓]べに くれない あか

学習漢字6年

[一]コウ

鮮やかな赤色くれない。「紅顔紅茶紅潮紅白紅葉暗紅鮮紅淡紅

べに。「紅粉

女性女性の。「紅涙紅一点

(「工」と通用仕事。特に、女の仕事。「女紅

[二]〈ク〉くれない。「真紅

[三]くれない〉「薄紅唐紅

[四]〈べに〉「口紅・頰紅(ほおべに)」

名のり]いろ・くれ・もみ

難読紅蓮(ぐれん)・百日紅(さるすべり)・紅型(びんがた)・紅絹(もみ)・紅裏(もみうら)


こう【紅】

くれないくれない色。べに色。

「其顔色青(せい)を含み眼辺に—を帯ぶ」〈織田訳・花柳春話


べに【紅】

紅色顔料ベニバナ花びらから製したもの絵の具染料化粧品食品着色料などに用いる。

紅色くれない

口紅また、ほお紅。「紅をさす」「紅を引いた唇」

紅花のこと。


く【口/工/公/孔/功/×垢/紅/貢】

〈口〉⇒こう

〈工〉⇒こう

〈公〉⇒こう

〈孔〉⇒こう

〈功〉⇒こう

〈垢〉⇒こう

〈紅〉⇒こう

〈貢〉⇒こう


ぐ【×弘/紅】

〈弘〉⇒こう

〈紅〉⇒こう


もみ【紅/紅絹】

ベニバナをもんで染めるところから》紅(べに)で染め無地平絹女物長着胴裏袖裏用いる。もみぎぬ。


くれない くれなゐ 【紅】

〔名〕 (「呉(くれ)の(あい)」の変化した語)

植物べにばな紅花)」の異名。《季・夏

万葉(8C後)一一二八二七「紅(くれなゐ)の花にしあらば衣手染めつけ持ちて行くべく思ほゆ

② 赤く鮮明な色。紅花の汁で染めだした紅色臙脂色

三高逍遙の歌(1906頃)〈沢村胡夷〉「紅萌ゆる岡の花 早緑匂ふ岸の色」

江戸時代京都染め紅絹京紅

雑俳柳籠裏(1783‐86五月二八日「しわひ所とてくれなひが上手也」

香木の名。分類伽羅(きゃら)。香味甘辛六十一種名香一つ。〔香名秘録


こう【紅】

〔名〕 くれないべにいろ紅色

花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二〇「眼辺に紅(コウ)を帯ぶ」〔司馬相如大人賦〕


べに【紅】

〔名〕

紅花から製した鮮紅色顔料染料や、頬紅口紅など化粧品原料とし、また、食品着色などに用いる。臙脂(えんじ)。〔訓蒙図彙(1666)〕

紅花から製した鮮紅色顔料おしろい混ぜ合わせたもの。頬紅ももいろおしろい。〔十巻本和名抄(934頃)〕

口紅古くは、猪口(ちょく)、皿、茶碗などに塗りけたものを、指や筆で溶いて用いた。

歌舞伎裏表柳団画柳沢騒動)(1875)二幕「旦那お口の端へ紅(ベニ)がついて居りますぜ」

④ 「べにばな紅花)」の略。

俳諧冬の日(1685)「朝月夜双六うちの旅ねして〈杜国紅花(べに)買みちにほととぎすきく〈荷兮〉」

(5)べにいろ紅色)」の略。

俳諧百囀(1746)歌仙「白いつつじ紅のとび入〈芭蕉陽炎の傘ほす側に燃にけり〈支考〉」


もみ【紅・紅絹】

〔名〕 (紅花を揉んで染めるところから) べに色で無地染め絹布和服袖裏胴裏などに使う。ほんもみ

俳諧犬子集(1633)一「春風のもみ紅梅はうら見哉〈親重〉」

夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村第二部眼のさめるやうな京染紅絹(モミ)の色は」


あか【赤・紅・朱・緋】

1 〔名〕 (「あか(明)」と同語源という)

[一]

五色一つ七色一つ三原色一つ。色の名。古くは青に対する色として、桃色などを含めて用いられた。「赤貝」「赤衣」「赤土」など他の語と複合して用いることが多い。

蘇悉地羯羅経寛弘五年点(1008)中「復、緋線(アカよりいと)を以て之を纏ひ」

② 「あかあずき赤小豆)」をいう女房詞

大上臈御名之事(16C前か)「あづき。あかとも。あかあか共」

赤子赤ん坊子供

物類称呼(1775)一「小児〈略〉信州にてあかといふ」

④ 「あかごめ赤米)」の略。

浄瑠璃心中宵庚申(1722)上「食(めし)は赤まじりのひねくさいすっくりとたかせ」

(5)あかがね)」の略。

蘇悉地羯羅経寛弘五年点(1008)下「牛(アカ)の瓶とともて」

(6) 「あから(二)②」の略。

滑稽本七癖上戸(1810)大意「儒に竹葉といひ、仏は般若湯といひ〈略〉護摩酢狂薬、あか、清三

(7)あかみそ赤味噌)」の略。

雑俳柳多留五八(1811)「紫を赤で煮るのは江戸のみそ」

(8) 「あかじ(赤字)」の略。

(9)あかでんしゃ赤電車)」「あかバス(赤━)」の略。

*波(1928)〈山本有三〉妻「やっと電車が来た。赤だった」

(10)あかしんごう赤信号)」の略。

*傾いた街(1967)〈加賀乙彦〉「次の信号が赤だと速度落し

(11) 白組対する赤組の称。

唱歌かけっこ文部省唱歌)(1932)「まけるな、まけるな、赤勝て、白勝て」

(12)革命旗が赤色であることから) 共産主義社会主義、およびその主義者をさしていう。

若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉下「橋本先生今日夕方『赤』の嫌疑で捕まっちゃったの」

(13) めくりカルタの用語。→赤札①(ロ)。

(14)あかたん赤短)」の略。

(15)あかぎっぷ赤切符)」の略。

[二] 「の」を伴って連体修飾語として用い、「全くの」「はっきりした」の意を表わす

日葡辞書(1603‐04)「Acano(アカノ) ハダカニ ナル

竹沢先生と云ふ人192425)〈長与善郎竹沢先生散歩素より赤の嘘である」

2 〔接頭〕 名詞の上についてそれを強調し、「全くの」「はっきりした」の意を表わす。「赤はだか」「赤恥」など。

松翁道話(1814‐46)二「仏経にも、どのやうな赤凡夫でも、善男子善女子人というてある」

[語誌](1)アヲ・クロ・シロと並び日本語基本的色彩語であり、古くは、光の感覚示し「赤・明かし・明く・明け」と同根の類をなし、「黒・暗し・暮る暮れ」の類と対立している。ただし、クラシ(暗)━クロシ(黒)の対に比べると、明るさ色彩とは未分化あったか
(2)色彩語としては、上代では複合語の形で現われるだけで、単独ではアケ用いた。アカアケの対は、サカサケ(酒)などと同じ対応であると考えられる


作者天野

収載図書パスカルへの道
出版社中央公論社
刊行年月1994.10
シリーズ名中公文庫


作者野上志乃

収載図書昼の月 春のうた
出版社書房
刊行年月2003.6


作者庄司圭太

収載図書眼龍岡っ引き捕物控 6
出版社光文社
刊行年月2006.3
シリーズ名光文社時代小説文庫


作者多岐川恭

収載図書五右衛門処刑
出版社徳間書店
刊行年月2000.9
シリーズ名徳間文庫


読み方:くれない

  1. 熱愛歓楽の意味を含ませる。〔色言葉

分類 色言葉


読み方:べに

  1. 〔犯〕放火すること、紅い炎を起すの意。

分類 犯罪者

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:クレナイkurenai

紅花別称

季節

分類 植物


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/11 22:11 UTC 版)

(くれない、べに、こう)




「紅」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:42 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. くれない
    1. 鮮やかな赤。
    2. 紅花
  2. (べに)
    1. や頬に(赤系統の)色をつける化粧口紅頬紅

訳語

熟語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



紅と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紅」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
78% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2022 colordic.org All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS