奇術とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 奇術の意味・解説 

き じゅつ [1] 【奇術】

仕掛けや手さばきで観客の目をくらまし、不思議なことをして見せる術。手品
思議技術


奇術

作者石川淳

収載図書石川淳全集 第1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1989.5


奇術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 14:05 UTC 版)

奇術 (きじゅつ)は、人間の錯覚や思い込みを利用し、実際には合理的な原理を用いてあたかも「実現不可能なこと」が起きているかのように見せかける芸能。通常、観客に見せることを前提としてそのための発展を遂げてきたものをいう。手品(てじな)などとも言い、古くは手妻(てづま)、品玉(しなだま)とも呼ばれた。マジック(英: magic)と言う場合もある。また、奇術を行う者を奇術師(きじゅつし)、手品師(てじなし)、またマジシャンとも呼ぶ。




  1. ^ 『大魔術の歴史』12-13頁。
  2. ^ 松田道弘『トリックスター列伝―近代マジック小史』東京堂出版、2008年、8頁。ISBN 978-4490206494
  3. ^ 『大魔術の歴史』76-77頁。
  4. ^ 『大魔術の歴史』15頁。
  5. ^ a b c d 吉村達也、『マジックの心理トリック』、角川Oneテーマ21、p177-178
  6. ^ 『大魔術の歴史』120頁。
  7. ^ 『大江戸奇術考』20-34頁。
  8. ^ 『大江戸奇術考』40-41頁。
  9. ^ 『大江戸奇術考』48頁。
  10. ^ 『大江戸奇術考』206頁。
  11. ^ 『大江戸奇術考』144頁。
  12. ^ カズ・カタヤマ 『図解 ステージマジック入門』 東京堂出版、2004年、8頁。
  13. ^ 『テクニカルなクロースアップマジック講座』15-16頁。
  14. ^ 『大魔術の歴史』211-212頁。
  15. ^ 『テクニカルなクロースアップマジック講座』15-18頁。
  16. ^ 松山光伸 「英国マジックの概観とその降盛期」『ザ・マジック Vol.61』 東京堂出版、2004年、29頁。
  17. ^ カズ・カタヤマ 『図解 ステージマジック入門』 東京堂出版、2004年、126頁。
  18. ^ 『テクニカルなカードマジック講座2』14頁。
  19. ^ 『アブラカダブラ 奇術の世界史』274頁。
  20. ^ 『アブラカダブラ 奇術の世界史』256-257頁。
  21. ^ 『アブラカダブラ 奇術の世界史』84-86頁。
  22. ^ 『アブラカダブラ 奇術の世界史』256頁。
  23. ^ 『アブラカダブラ 奇術の世界史』224頁。
  24. ^ 『アブラカダブラ 奇術の世界史』91-93頁。





奇術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奇術」の関連用語


2
78% |||||

3
76% |||||

4
幻術 国語辞典
76% |||||

5
手品 国語辞典
76% |||||

6
魔術 国語辞典
76% |||||

7
76% |||||

8
72% |||||



奇術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



奇術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奇術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS