コインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 貨幣 > コイン > コインの意味・解説 

コイン【coin】

読み方:こいん

硬貨

三菱UFJフィナンシャルグループ開発した仮想通貨平成28年2016)頃よりMUFGコインの名称で開発始まり平成30年2018)に現名称に改称された。日本円担保とし、1コインはほぼ1円価値固定されるブロックチェーン技術採用し従来カード決済の約10倍の速さ高速決済を可能とする。

「コイン」に似た言葉

こ‐いん〔‐ヰン〕【古韻】

読み方:こいん

中国周・漢時代ごろの漢字の韻。


こ‐いん〔‐ヰン〕【故院】

読み方:こいん

亡くなった上皇法皇

「―の御子達は、昔の有様をおぼし出づるに」〈源・賢木


こ‐いん〔‐ヰン〕【雇員】

読み方:こいん

官庁などで、正式の職員としてではなく雇われ事務などを手伝う者。


コイン

パチスロ遊技するにあたり必要な擬似硬貨一般的なパチスロ機使用されるのコインの直径25�o、沖スロ30�oと決められている。

〜たんか
コイン単価
パチスロに関するホール用語。客がプレイしたコインの、1枚あたりの値段のこと。「売上÷イン枚数」で計算する最終的に交換したかなどは考えないで算出)。例えば、客が合計48000使いボーナス引いて手持ちコインで遊んだりしながら合計1万8000投入したとすると、「48000÷18000」でコイン単価は2.67円となる。コイン単価の最高は20円(1枚払戻しがなかった場合)。……とはいえ普通にパチスロを打つ人は、全く気にしなくて良い言葉である。

類…玉単価

コイン

作者豊田有恒

収載図書日米グルメ摩擦
出版社角川書店
刊行年月1989.2
シリーズ名角川文庫


コイン

作者又吉栄喜

収載図書極上掌篇小説
出版社角川書店
刊行年月2006.10


コイン

読み方:こいん
【英】:Coin

コインを使って行うジャグリングもある。

数枚のコインを手の裏並べ、それを空中投げ上げ全てのコインをキャッチするというジャグリング見たことがある地味だ宴会芸にはもってこいかもしれない

またデイブディーブルというジャグラーIJAステージでコインを足の上に乗せ、それを蹴り上げ目の上にはさむという技をしていた。ばかばかしいがすごい。

コインでカスケードをすることもできるが、やってみると意外と難しい。やりたい人はファイブ10円玉カスケードなどに挑戦してみるべき


コイン

名前 CoyneKeun

硬貨

(コイン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/25 02:37 UTC 版)

硬貨(こうか)とは、一般に何らかの金属合金含む)で作られた貨幣である。コインcoin)ともよばれる。かつて「コイン」は基本的に金や銀の素材金属の価値と額面の差の無い本位通貨やその補助貨幣として鋳造されることが多かったが、現在は管理通貨制度の下で不換紙幣と並列して素材の価値が額面を大きく下回る硬貨[注釈 1]のみが流通する。


注釈

  1. ^ 1988年以前は臨時通貨法の下、日本では事実上の現金通貨が日本銀行券と臨時補助貨幣のみであったため、硬貨は「補助貨幣」と称されていたが(『世界大百科事典』26、平凡社、2009年)、1988年に制定された通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律以降は「貨幣」と称する。
  2. ^ 1931年に満州事変が起こり、国際情勢はキナ臭さを増していた。
  3. ^ そもそもこの法律は、戦後のインフレーションの進行に伴い、硬貨の素材の金属の価格が額面を上回ることになって鋳潰される事態を防止することをきっかけに制定された。
  4. ^ 日本の硬貨を持ち出して海外で加工し、それを持ち込む事も罪になると最高裁で判示されている。

出典

  1. ^ ヴィッキー・レオン著 『古代仕事大全』 株式会社原書房 2009年
  2. ^ 細矢 治夫、宮崎 興二 編集 『多角形百科』 p.5 丸善 2015年6月30日発行 ISBN 978-4-621-08940-8
  3. ^ 『日本貨幣収集辞典』原典社 p280-287
  4. ^ 『日本貨幣収集辞典』原典社 p204-207
  5. ^ 『日本貨幣収集辞典』原典社 p207
  6. ^ アルミ貨は全部回収(昭和20年3月13日 朝日新聞)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p148 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  7. ^ 刑法(明治40年法律第45号)(通貨偽造及び行使等)148条”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2018年7月13日). 2020年1月11日閲覧。



コイン(Coin)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 06:22 UTC 版)

タロット」の記事における「コイン(Coin)」の解説

ペンタクルPentacle)、またはディスクDisk)とも。金貨又は護符トランプダイヤに相当。

※この「コイン(Coin)」の解説は、「タロット」の解説の一部です。
「コイン(Coin)」を含む「タロット」の記事については、「タロット」の概要を参照ください。


コイン(旧称:アメゴールド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:04 UTC 版)

アメーバピグ」の記事における「コイン(旧称:アメゴールド)」の解説

Amebaの各サービス共通の仮想通貨ショップでほとんどのアイテム購入する際必要となるほか、ペット入手アバターアクション追加はコインを使わない行えない。入手方法携帯電話による決済ウェブマネークレジットカード等で有料購入するか、あるいはブログアフィリエイト、オフィシャルタイアップ一覧の閲覧マイページでの抽選などによる。

※この「コイン(旧称:アメゴールド)」の解説は、「アメーバピグ」の解説の一部です。
「コイン(旧称:アメゴールド)」を含む「アメーバピグ」の記事については、「アメーバピグ」の概要を参照ください。


コイン (COIN)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 20:24 UTC 版)

ジーキル博士の彷魔が刻」の記事における「コイン (COIN)」の解説

コイン1枚所持につきコインマークが1つ表示10所持ごとにコイン袋マーク1つ表示される

※この「コイン (COIN)」の解説は、「ジーキル博士の彷魔が刻」の解説の一部です。
「コイン (COIN)」を含む「ジーキル博士の彷魔が刻」の記事については、「ジーキル博士の彷魔が刻」の概要を参照ください。


コイン(-):(声優:久保ユリカ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 17:46 UTC 版)

家電少女」の記事における「コイン(-):(声優久保ユリカ)」の解説

POSレジ家電少女

※この「コイン(-):(声優:久保ユリカ)」の解説は、「家電少女」の解説の一部です。
「コイン(-):(声優:久保ユリカ)」を含む「家電少女」の記事については、「家電少女」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コイン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コイン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:20 UTC 版)

語源

英語 coin < 古フランス語 coigne < ラテン語 cuneus ("")

名詞

  1. 硬貨貨幣
  2. ゲームなどで使用するメダル様の疑似通貨

関連語


「コイン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




コインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コイン」の関連用語

コインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コインのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2023 by JugglingDonuts
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硬貨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタロット (改訂履歴)、アメーバピグ (改訂履歴)、ジーキル博士の彷魔が刻 (改訂履歴)、家電少女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS