孫文とは? わかりやすく解説

孫文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/22 14:45 UTC 版)

孫 文(そん ぶん、英語: Sun Yat-sen、拼音: Sūn Wén注音: ㄙㄨㄣ ㄨㄣˊ1866年11月12日同治5年10月初6日〉 - 1925年民国14年〉3月12日)は、中華民国政治家革命家思想家政治運動家医師。初代中華民国臨時大総統中国国民党総理


注釈

  1. ^ 死後も総理の称号を永久に保持している。
  2. ^ 現在の広東省中山市翠亨新区
  3. ^ 現在の北京市東城区東単帥府園1号
  4. ^ 清代の『四庫全書』および、現在の浙江省杭州市富陽区南部には観光地の龍門古鎮という村があり、9割の人の姓が孫武を祖とする富春孫氏の子孫と自称している。村の族譜によると、孫文もその系統に属するという。しかし孫文は客家出身のために、疑わしい部分も多く真偽の程は不明である。

出典

  1. ^ a b 『台湾と日本・交流秘話』草開省三、展転社, 1996、p275
  2. ^ 拳骨拓史『「反日思想」歴史の真実』[要ページ番号]
  3. ^ 『続吉備の国から: 地域への思いを込めて』高見茂、吉備人出版, 2008 p129
  4. ^ (中国語) 黃宇和 (2016). 孫中山:從鴉片戰爭到辛亥革命 [孫中山:アヘン戦争から辛亥革命まで]. 台北市: 聯經出版. p. 24. ISBN 978-957-08-4828-1 
  5. ^ 大辞林 第三版『義和団事件』 - コトバンク
  6. ^ 百科事典マイペディア『恵州蜂起』 - コトバンク
  7. ^ 久保田文治 (2010). “孫文と大月薫・宮川冨美子”. 孫文研究 47. 
  8. ^ “孫文:米国籍取得…米政府の資料で判明、安全のため”. 毎日新聞. (2011年6月7日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110608k0000m030045000c.html 2011年11月5日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h 天児 2004, p.58
  10. ^ 『孫文選集(第三巻)』社会思想社、1989、 ISBN 4390602802
  11. ^ a b 2007年2月25日NHK BS1 『世界から見たニッポン~大正編』
  12. ^ a b 読売新聞西部本社 編『梅屋庄吉と孫文 盟約ニテ成セル』海鳥社、2002年10月。ISBN 4-87415-405-0 
  13. ^ 天児 2004, p.61
  14. ^ a b c 天児 2004, p.63
  15. ^ a b 天児 2004, p.64
  16. ^ 孫文「遺書」『孫文全集 第7巻 電文・書翰・遺書』外務省調査部訳編、第一公論社、1940年。 
  17. ^ 辛亥革命百年(25)犬養木堂と孫文の友情
  18. ^ a b 天児 2004, p.65
  19. ^ 保坂正康『孫文の辛亥革命を助けた日本人』筑摩書房〈ちくま文庫〉、2009年8月。ISBN 978-4-480-42634-5 
  20. ^ 「中国の青島回収につき朝日新聞記者に回答せる書簡」1919年,『孫文選集』第三巻所収
  21. ^ 「犬養毅への書簡」1923年,『孫文選集』第三巻所収
  22. ^ 清水美和『中国はなぜ「反日」になったか』文藝春秋、2003年5月、62 f頁。ISBN 4-16-660319-1 
  23. ^ 高山正之『サダム・フセインは偉かった 変見自在』新潮社、2007年10月。ISBN 978-4-10-305871-7 
  24. ^ 加々美光行『中国の民族問題―危機の本質』岩波現代文庫、岩波書店、2008年。51頁
  25. ^ 加々美光行「中国の民族問題」51-52頁
  26. ^ 松本厚治『韓国「反日主義」の起源』草思社、2019年2月27日、441-442頁。ISBN 4794223870 
  27. ^ 鄭大均 (2019年). “松本厚治 著『韓国「反日主義」の起源』”. 歴史認識問題研究 (モラロジー研究所歴史研究室): p. 145-146. オリジナルの2021年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211003055059/http://harc.tokyo/wp/wp-content/uploads/2019/09/8cff5c3294c7d87bc89966eb33bfc3b4.pdf 
  28. ^ シリーズ 辛亥革命100年 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  29. ^ 宮崎滔天三十三年の夢島田虔次近藤秀樹校注、岩波書店〈岩波文庫〉、1993年5月17日。ISBN 4-00-331221-Xhttp://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/X/3312210.html 
  30. ^ 頭山統一『筑前玄洋社』葦書房、1977年9月。ISBN 978-4-7512-0035-3 
  31. ^ 日本孫文研究会『孫文と南方熊楠』『孫文と華僑』『孫文とアジア―1990年8月国際学術討論会報告集』汲古書院
  32. ^ 孫文「志あらばついに成る」『孫文全集 第2巻 建国方略』外務省調査部訳編、第一公論社、1939年。 
  33. ^ [1]孫文記念館



孫文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 16:06 UTC 版)

王道の狗」の記事における「孫文」の解説

中国革命家。後の辛亥革命中心人物本作では主人公加納らの助け得て革命邁進するが、聡明な人物ではあるものの政治家として発展途上にあることが描写されている。また、大言傾向があることから仲間からは「孫大砲」と呼ばれている。

※この「孫文」の解説は、「王道の狗」の解説の一部です。
「孫文」を含む「王道の狗」の記事については、「王道の狗」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「孫文」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「孫文」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



孫文と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「孫文」の関連用語


2
孫逸仙 デジタル大辞泉
100% |||||




6
中山陵 デジタル大辞泉
78% |||||




10
宋慶齢 デジタル大辞泉
78% |||||

孫文のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



孫文のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2024 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孫文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの王道の狗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS