黎元洪とは?

黎元洪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 00:22 UTC 版)

黎 元洪(れい げんこう)は、清末民初の軍人・政治家である。第2代、4代中華民国大総統は宋卿。




  1. ^ 「妻のベッドの下」とする説もある。
  2. ^ 孫文はこの時期亡命先のアメリカにいた。
  3. ^ 政事堂国務卿:後に改組して国務総理。内閣の首班で首相に相当する。
  4. ^ この時、張勲自身は天津に残っていた。
  5. ^ この当時の中国で直隷派に同調しない層としては、中央に大総統の徐世昌、南部・西部は国民党及び地方軍閥が、東北地方には奉天系の張作霖らがいた。
  6. ^ 廃督裁兵:これは督軍を廃止して軍権を中央に集約し、軍閥による地方自治から文官による自治に切り替える事で、軍閥の弱体化による国内の安定を企図したものであった。


「黎元洪」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黎元洪」の関連用語

黎元洪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黎元洪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黎元洪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS