文化大革命とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 革命 > 文化大革命の意味・解説 

ぶんか‐だいかくめい〔ブンクワ‐〕【文化大革命】

1966~1969年中華人民共和国で、大衆動員して行われ政治闘争毛沢東自身主導し、直接紅衛兵動員して、既成一切価値変革すると唱したが、劉少奇を代表とする党・政府機関および学界実権派からの奪権闘争でもあった。多く知識人投獄殺害され、文闘は武闘発展一般に多く死者出しその後中国社会深刻な傷を残した。1980年代以降「重大な歴史的誤り」として全面否定正式名プロレタリア文化大革命文革


文化大革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 19:09 UTC 版)

文化大革命(ぶんかだいかくめい)とは、中華人民共和国1966年[2]から1976年まで続き、1977年に終結宣言がなされた、中国共産党中央委員会主席毛沢東主導による文化改革運動を装った毛沢東の奪権運動、政治闘争である。全称は無産階級文化大革命(簡体字: 无产阶级文化大革命、繁体字: 無產階級文化大革命)、略称は文革(ぶんかく)。




注釈

  1. ^ ただし、当時のGDP統計記録からは拝金主義であった記録はさほど読み取れず、石平の主張は「精神を無残にも破壊した反知性主義」の間違いの可能性がある。これなら、石平の主張にはしっかり整合性が現れる。現在も中国人による論文改竄事件は国際的に大きく影響を与えている。
  2. ^ ただし、2016年の時点で南北戦争終結からは151年が経過しており、南北戦争終結50年の時点では、米国内で南北戦争に関するシンポジウムがまだ開けておらず黒人差別も存続し続けていることには十分に留意する必要がある。

出典

  1. ^ 知恵蔵 コトバンク. 2018年9月25日閲覧。
  2. ^ コトバンク> ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典> 文化大革命とは
  3. ^ Lovell, Julia (2016) The Cultural Revolution and its legacies in international perspective. The China Quarterly. ISSN 0305-7410
  4. ^ 邓小平纪念网--领袖人物纪念馆--人民网”. cpc.people.com.cn. 2020年4月19日閲覧。
  5. ^ Twentieth Century Atlas - Death Tolls”. necrometrics.com. 2020年4月19日閲覧。
  6. ^ Foundation, World Peace. “China: the Cultural Revolution | Mass Atrocity Endings” (英語). 2020年4月19日閲覧。
  7. ^ "四人帮"被粉碎后的怪事:"文革"之风仍在继续吹”. 人民网. 2019年11月29日閲覧。
  8. ^ 文革到底害死了多少人?”. www.open.com.hk. 2020年4月19日閲覧。
  9. ^ Strauss, Valerie; Southerl, Daniel (1994年7月17日). “HOW MANY DIED? NEW EVIDENCE SUGGESTS FAR HIGHER NUMBERS FOR THE VICTIMS OF MAO ZEDONG'S ERA” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/archive/politics/1994/07/17/how-many-died-new-evidence-suggests-far-higher-numbers-for-the-victims-of-mao-zedongs-era/01044df5-03dd-49f4-a453-a033c5287bce/ 2020年4月19日閲覧。 
  10. ^ Chronology of Mass Killings during the Chinese Cultural Revolution (1966-1976) | Sciences Po Mass Violence and Resistance - Research Network” (英語). www.sciencespo.fr. 2019年11月30日閲覧。
  11. ^ Sutton, Donald S. (1995). “Consuming Counterrevolution: The Ritual and Culture of Cannibalism in Wuxuan, Guangxi, China, May to July 1968”. Comparative Studies in Society and History 37 (1): 136–172. ISSN 0010-4175. http://www.jstor.org/stable/179381. 
  12. ^ Interview: 'People Were Eaten by The Revolutionary Masses'” (英語). Radio Free Asia. 2019年11月30日閲覧。
  13. ^ Kristof, Nicholas D. (1993年1月6日). “A Tale of Red Guards and Cannibals” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1993/01/06/world/a-tale-of-red-guards-and-cannibals.html 2019年11月30日閲覧。 
  14. ^ Yan. “我参与处理广西文革遗留问题” (中国語). 炎黄春秋. 2019年11月29日閲覧。
  15. ^ Cannibalism in China 50 years on” (英語). RFI (2016年5月22日). 2019年11月30日閲覧。
  16. ^ Southerl, Daniel (1996年7月7日). “DEVOURING THEIR OWN” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/archive/entertainment/books/1996/07/07/devouring-their-own/18520636-ef1c-403f-9b59-d5afca9e067f/ 2019年11月30日閲覧。 
  17. ^ Quoted from “Zhang Chengzhi: Not Like Other Writers,” in Morning Sun: Interviews with Chinese Writers of the Lost Generation, ed. Laifong Leung (Armonk, NY: M. E. Sharpe, 1994), pp. 217–28. For all other citations from Zhang Chengzhi’s works in this chapter, I have made my own translations.
  18. ^ 『毎日新聞』1979年2月5日付記事。
  19. ^ 『入門中国の歴史-中国中学校歴史教科書』1157頁(明石書店 2001年11月発行)
  20. ^ 『解放軍報』(1980年12月9日)の記事「迫害狂・江青」
  21. ^ “Cultural Revolution” (英語). Wikipedia. (2018-08-25). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Cultural_Revolution&oldid=856495375. 
  22. ^ https://kotobank.jp/word/%E6%96%87%E5%8C%96%E5%A4%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD-128350
  23. ^ Shu Jiang Lu, When Huai Flowers Bloom, p 115 ISBN 978-0-7914-7231-6
  24. ^ Meisner, M; 'Mao's China and After: A History of the People's Republic Since 1949'; Free Press (1986) p. 339-340
  25. ^ Meisner, p. 351-352
  26. ^ Meisner, p. 357
  27. ^ Meisner, p. 361-362
  28. ^ Bramall, Chris. Industrialization of Rural China, p. 148. Oxford University Press (Oxford), 2007. ISBN 0199275939.
  29. ^ Riskin, Carl; United Nations Development Programme (2000), China human development report 1999: transition and the state, Oxford University Press, p. 37, ISBN 978-0-19-592586-9
  30. ^ Up to the mountains, down to the villages (1968)”. chineseposters.net. 2019年10月20日閲覧。
  31. ^ 訳文は外文出版社版『毛主席語録』(1966年)による。文章の出典は「湖南省農民運動の視察報告」である。
  32. ^ 「毛沢東情 結」と「北京情 結」”. www.ritsumei.ac.jp. 2019年3月21日閲覧。
  33. ^ 吴林泉・彭飞拨乱反正立丰碑——胡耀邦同志领导平反“六十一人案”追记人民日報、1989年6月1日。 
  34. ^ a b Hoxha, Enver (1982). Selected Works, February 1966 – July 1975. IV. Tirana: 8 Nëntori Publishing House. pp. 656–668.
  35. ^ Hoxha, Enver (1979b). Reflections on China. 2. Tirana: 8 Nëntori Publishing House. pp. 166–167.
  36. ^ Hoxha, Enver (1985). Selected Works. 5. Tirana: 8 Nëntori Publishing House. pp. 617–618, 697–698.
  37. ^ Hoxha, Enver (1979b). Reflections on China. II. Tirana: 8 Nëntori Publishing House.
  38. ^ Vickers, Miranda (1999). The Albanians: A Modern History. New York: I.B. Tauris & Co Ltd. p. 203. p. 107
  39. ^ 馬場公彦 2016, p. 16
  40. ^ 馬場公彦 2016, p. 16
  41. ^ 馬場公彦 2016, p. 20
  42. ^ 馬場公彦 2016, p. 19
  43. ^ 『アジア研究』2016年2月号、アジア政経学会、細谷広美「アンデスの毛沢東 : 先住民、プロレタリアート、農民」
  44. ^ a b c d e f g h i 中央公論』2016年12月号、中央公論新社、p159-167、楊海英「日本は文化大革命50周年をどう論じたか」
  45. ^ a b 毎日新聞』2016年5月13日、福岡愛子「文化大革命:識者に聞く 世界に多様な影響」
  46. ^ Obeidi, Amal S. M.; Obeidi, Amal (2013-09-05). Political Culture in Libya. Routledge. p. 48. ISBN 978-1-136-11586-8.
  47. ^ Shahrzad Mojab (Summer 2004), "State-University Power Struggle at Times of Revolution and War in Iran", International Higher Education, archived
  48. ^ Keddie, Modern Iran, (2003), p.290
  49. ^ M.ibrahimn, Youssef. "INSIDE IRAN'S CULTURAL REVOLUTION". Retrieved 2018-07-20.
  50. ^ 馬場公彦 2016, p. 14
  51. ^ 馬場公彦 2016, p. 15
  52. ^ 満州にあったハルビン学院上海にあった東亜同文書院の出身者ばかりであったという。 岡崎久彦「国際情勢判断半世紀」(育鵬社) P.54-55
  53. ^ 岡崎久彦『「国家情報官」設置のすすめ』”. 2005年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月18日閲覧。(「Voice」 2001年10月号)
  54. ^ 岡崎久彦「国際情勢判断半世紀」(育鵬社) P.55
  55. ^ “中国訪問を終えて 北京にて 朝日新聞社長 広岡知男 松村友好訪中団”. 朝日新聞 朝刊: p. 1. (1970年4月22日) 
  56. ^ 当時週刊朝日にいた稲垣武『朝日新聞血風録』(文藝春秋)も参照
  57. ^ 加々美光行『歴史のなかの中国文化大革命』(岩波現代文庫2001年 ISBN 978-4006000448
  58. ^ 毎日新聞』2016年5月13日、加々美光行「文化大革命:識者に聞く 階級格差、混迷招く」
  59. ^ 平岡正明「若松プロ、夜の三銃士」愛育社
  60. ^ “毎日フォーラム:民主政権の課題と自民再生への展望”. 毎日新聞. (2009年11月12日). http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091113k0000m040079000c.html 
  61. ^ ヤンヤン (2009年12月9日). “【ワイドショー通信簿】「独法新設おかしい!」 仙谷大臣の反論は…”. J-CASTテレビウォッチ (ライブドア). http://news.livedoor.com/article/detail/4494734/ 2010年3月24日閲覧。 
  62. ^ ちなみに「中華人民共和国は国定教科書制度である」という意見がしばしば見られるが、すでに1980年代後半から教科用図書を多様化する改革が行われ、現在では教科用図書検定制度を導入している。諸外国における教科書制度及び教科書事情に関する調査研究報告書(財団法人教科書センター/2000年3月発行)
  63. ^ 「文化大革命の過ち繰り返す」中国首相、改革訴え”. www.nikkei.com. 2019年1月24日閲覧。
  64. ^ 『クローズアップ現代』NHK2012年5月21日放送分
  65. ^ 楓橋 – 宗教を攻撃する毛沢東主義の復活 - 今週の特集” (日本語). Bitter Winter (日本語) (2018年12月27日). 2019年3月1日閲覧。
  66. ^ “文革当時の中国切手1枚に4300万円、香港オークション 写真4枚 国際ニュース”. AFPBB. (2009年11月2日). http://www.afpbb.com/article/economy/2658748/4839318 
  67. ^ 景徳鎮磁器 北京観光ウェブサイト 2012年10月23日
  68. ^ 編集楊海英『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』集広舎、2016年11月。ISBN 978-4904213421谷川真一論文「周縁の文化大革命から文化大革命研究のフロンティアへ」
  69. ^ 『アジア研究』2016年2月号、アジア政経学会楊海英「ウイグル人の中国文化大革命」
  70. ^ 『アジア研究』2016年2月号、アジア政経学会、ハスチムガ「モンゴル人医学者たちの文化大革命」
  71. ^ 毎日新聞』2016年5月13日、楊海英「文化大革命:識者に聞く 大虐殺を総括せよ」
  72. ^ 思想』2016年1月号、岩波書店、啓之「内モンゴル文化大革命における『えぐり出して粛清する(挖粛)』」
  73. ^ a b c “習近平が「中国人嫌い」な“あの国”を訪問した意図とは?”. 日刊SPA!. (2014年8月29日). オリジナルの2014年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140829030548/http://nikkan-spa.jp/705426 
  74. ^ 福島香織 2016
  75. ^ 福島香織 2016
  76. ^ 福島香織 2016
  77. ^ 福島香織 2016
  78. ^ 福島香織 2016
  79. ^ 福島香織 2016
  80. ^ 福島香織 2016
  81. ^ 福島香織 2016
  82. ^ a b 思想』2016年1月号、岩波書店ツェリン・オーセル「殺劫 チベットの文化大革命における一連の事件を手がかりにして」






文化大革命と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文化大革命」の関連用語

文化大革命のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文化大革命のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文化大革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS