皮革とは? わかりやすく解説

ひ‐かく【皮革】

読み方:ひかく

なまの皮となめした革。また、動物の皮を加工したものの総称レザー


皮革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 05:41 UTC 版)

皮革(ひかく)とは、動物皮膚のまま、または、なめしてあるものを指す。動物から剥いだ皮膚を皮、皮から毛を除き、なめして得られる製品を革といい、生皮から革までを含めて皮革と総称する[1]。毛皮は毛をつけたままなめしたもので、広義には皮革に含まれる[1]


  1. ^ a b 染韋(染革)の世界大百科事典
  2. ^ a b c d e f g h i j k 鍛治雅信. “かわのはなし(1)”. 東京都立皮革技術センター. 2020年7月6日閲覧。
  3. ^ a b c d 鍛治雅信. “かわのはなし(2)”. 東京都立皮革技術センター. 2020年7月6日閲覧。
  4. ^ 17世紀、アイスランドの魔術師が実際に身に着けていた人間の皮膚で作ったズボン「ネクロパンツ」
  5. ^ a b c d e f 鍛治雅信. “かわのはなし(3)”. 東京都立皮革技術センター. 2020年7月6日閲覧。
  6. ^ a b c 鍛治雅信. “かわのはなし(5)”. 東京都立皮革技術センター. 2020年7月6日閲覧。
  7. ^ エコレザー認定基準|日本エコレザー基準認定事業
  8. ^ “Would you wear leather that's grown in a lab?”. CNN. (2018年10月4日). https://edition.cnn.com/2018/10/04/business/modern-meadow/index.html 2019年3月23日閲覧。 
  9. ^ “The Future of Leather Is Growing in a New Jersey Lab--No Animals Needed”. Inc.. (2018年4月). https://www.inc.com/magazine/201804/alden-wicker/prototype-modern-meadow-lab-grown-leather.html 2019年3月23日閲覧。 



皮革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 09:13 UTC 版)

食品廃材」の記事における「皮革」の解説

皮革は加工され色々な工業製品工芸品となる。また、様々な工程を経て食品として利用する地域もある。インドネシアなどでは、乾燥させた牛の皮を戻して油で揚げたチップス販売されている。また、化粧品・医薬品原料となるコラーゲンや、グミ・ゼリーの原料となるゼラチンも、これら家畜の皮革および食品として価値が低い筋や骨などから抽出される

※この「皮革」の解説は、「食品廃材」の解説の一部です。
「皮革」を含む「食品廃材」の記事については、「食品廃材」の概要を参照ください。


皮革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:18 UTC 版)

シカ」の記事における「皮革」の解説

鹿の皮は細かい繊維緻密に絡み合った独特な構造しており柔らかで滑らかである鹿革(ディアスキン)は通気性保温性優れ手袋衣料用いられる日本では武具材料としてよく用いられた。 また、油でなめしたものをセーム革といいカメラレンズ宝飾品汚れ落とし洗車用品ガソリンろ過などに用いられる

※この「皮革」の解説は、「シカ」の解説の一部です。
「皮革」を含む「シカ」の記事については、「シカ」の概要を参照ください。


皮革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 16:25 UTC 版)

サッカーボール」の記事における「皮革」の解説

昔のサッカーボールは牛の天然革皮で作られていた。そのため、などで水分吸収する重くなった。1986年メキシコ大会から人工皮革製のサッカーボール使用されるようになり、天候による影響受けにくくなった。

※この「皮革」の解説は、「サッカーボール」の解説の一部です。
「皮革」を含む「サッカーボール」の記事については、「サッカーボール」の概要を参照ください。


皮革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 02:04 UTC 版)

タヌキ」の記事における「皮革」の解説

の皮は昔から需要多く高値売買されていた。当てにならないものを当てにして無意味な計画を立てることを「捕らぬ狸の皮算用と言うのはかつての日本では毛皮高値売れたことに由来する。 鞴(ふいご) 日本においては、皮が丈夫だったことから鍛冶屋製鉄業使用する火に風を送って温度上げ道具である「鞴(ふいご)」に最適とされた。 太鼓の革狸の腹鼓」が有名だが、太鼓にも使用された。 服飾 防寒具のために乱獲され、一時は所によって絶滅懸念された。タヌキ毛皮は、防寒具最適であるとして珍重される英語では「murmansky」と呼ばれ一般的にシルキーな毛を持つ小さなの皮が上質とされるアメリカ合衆国では人造毛皮であるフェイクファー偽り本物毛皮何度も使用されては問題になっている。

※この「皮革」の解説は、「タヌキ」の解説の一部です。
「皮革」を含む「タヌキ」の記事については、「タヌキ」の概要を参照ください。


皮革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 02:22 UTC 版)

ブタ」の記事における「皮革」の解説

豚革はピッグスキンとして衣類や靴に利用されている。ブタの皮革の特徴体毛3本ずつまとまって真皮にまで貫通している構造となっていることで、通気性優れ表面独特の凹凸みられる薄くて耐久性がある部位による組織密度差が大きい背部は特に高密度といわれている)。

※この「皮革」の解説は、「ブタ」の解説の一部です。
「皮革」を含む「ブタ」の記事については、「ブタ」の概要を参照ください。


皮革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 15:02 UTC 版)

ダチョウ」の記事における「皮革」の解説

オーストリッチ」と呼ばれる皮革製品ダチョウ背中の部分皮膚利用したものである軽くて丈夫なことを特色とし、バッグ財布、靴などに幅広く利用されている。外見にも特徴があり、「クィル(英語: quill)」「シボ」などと呼ばれる羽毛痕が多数散らばり全体として水玉のような模様見せる。

※この「皮革」の解説は、「ダチョウ」の解説の一部です。
「皮革」を含む「ダチョウ」の記事については、「ダチョウ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「皮革」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

皮革

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:33 UTC 版)

名詞

ひかく

  1. 動物の皮を加工したもの

「皮革」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

皮革のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



皮革のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皮革 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食品廃材 (改訂履歴)、シカ (改訂履歴)、サッカーボール (改訂履歴)、タヌキ (改訂履歴)、ブタ (改訂履歴)、ダチョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの皮革 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS