ヴィーガンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ヴィーガンの意味・解説 

ヴィーガン


ビーガン

別表記:ヴィーガン
英語:vegan

ビーガン(ヴィーガン)とは、人間による動物からの搾取抗議し動物性食品動物由来食品一切を退ける=食べないこと、および、そのような主義をもつ人のことである。

ビーガンは英語では vegan表記される。ビーガンの主義思想を veganisim(ビーガニズム)といい、ビーガニズムを実践する人を veganist(ビーガニスト)という。

このビーガンという言葉は、イギリスにあるヴィーガン協会共同設立者一人であるドナルド・ワトソンが1944年造語として使いはじめた言葉であるとされており「vegetarianベジタリアン)」の語の先頭末尾数文字組み合わせて作ったとされているある意味、「ビーガン(vegan)の語源」はvegetarianベジタリアン)である。

ベジタリアンは、いわゆる菜食主義者」のことである。ビーガンも、動物由来食品摂らないということは植物由来食品食べということであり、表向きはベジタリアン共通する要素が多い。

ドナルド・ワトソンがベジタリアン(=菜食主義者)という呼称そのまま使用せず造語と共に新たな概念創出し理由は、vegetarian の定義が気に食わなかったからだという。

ビーガンは、動物製品摂取利用完全に避けること思想して持っている人を意味する言葉である。そのため、卵や乳製品といった動物由来食品摂取避ける。この点がベジタリアンとは異なる。とにかく動物から由来する製品使わないと心に決めている、と同時に人間動物製品摂取しなくても健康的に生きていけると考えてもいる。

ビーガンは日本語では「完全菜食主義」あるいは「絶対菜食主義」と和訳され解釈される場合が多い。中国語では「厳格素食主義」または「完全素食主義」などのように漢訳されている中国語圏における「素食」は菜食主義意味する語彙あるためつまるところ日本語中国語言葉の解釈大差はない漢字表意文字あるため字面だけでビーガンの何たるかおおよそ理解できるとはいえ日本語では基本的には「ビーガン」または「ヴィーガン」という英語由来カタカナ表記標準的用いられている。

ビーガンとして生活を送る人は、概して動物製品摂取することに対して発生する悪影響を嫌い、かつ、環境配慮動物愛護健康志向といった理念目標がビーガニズムによって実現できる、という点にビーガンとしてのメリット見出している

ビーガニストとして動物製品排除した生活を続けると、そのうち体が順応し、「肉が食べたい」というような動物製品摂取に対する欲求も減る。肉好きがビーガンの思想理念共感して大好きな肉食断てば、体が肉なし生活に応じて整うようになるはずである。そして、植物性食品だけでも栄養バランス考慮すれば健康的な生活維持できる

ビーガンは、考え方起点をどこに置くかによって3つ区分されることがある

食事の健康への影響考えてビーガンに転向した人は「ダイエタリービーガン(dietary vegan)」に分類される動物由来食品は(発癌性物質含まれていたり心筋梗塞脳梗塞などの原因なりやすかったりして)健康によろしくない、という見解支持している人達である。ダイエタリービーガンは食生活に関してのみビーガンである。

環境問題考えて動物製品摂取しないことにした人は「エンバイロメンタルビーガン(environmental vegan)」という。畜産による食用動物量産は、膨大な二酸化炭素排出しており、環境悪影響を与える、という見解支持している。畜産品を排除することで環境改善につなげるという考え方がビーガンに天候する動機となる

動物愛護観点からビーガンになった人は「エシカルビーガン(ethical vegan)」という。動物の命を尊重し人言都合による殺生を嫌う考え方動機とする。

ビーガンのステレオタイプイメージとしては不殺生主義のエシカルヴィーガンが思い描かれやすい向きがある実際のところは必ずしもエシカルヴィーガンが大多数というわけでもない。

ビーガンがベジタリアン異なる点は、主に、卵や乳製品排除するかどうか、という点である。ベジタリアン中には卵を摂らない、あるいは乳製品摂らない、という主義の者もいる。しかしどちらか一方のみ摂取しないという立場はビーガンには該当しない

マクロビマクロビオティック)」も、「菜食根幹とする」「食生活主義思想に基づき律する」という点においてはビーガンと相通じるものがある。ただし、マクロビあくまでも健康的な食生活を主眼とする考え方であり、植物性食品摂るにしても農法利用法にしっかり気を遣う、といった点にビーガンとの違いがあるマクロビは健康のため小魚などの動物性食品排除せず敢えて許容している。

ハラールhalal)」は、イスラム法において食べること許されている食材調理法のことであり、「食生活主義思想ひいては信仰に基づき律する」という部分にビーガンとの共通点見いだせる。ただし、動物性食品扱いに関する禁忌多々あるとはいえ動物性食品摂取そのもの禁じられているわけではない

ビーガンとして生活するに当たり、困る場合があるとすれば、その筆頭食生活である。ビーガンは宗教上戒律などではないので、禁を破ったからといってどうにかなるわけではないが、少なくとも自己嫌悪無力感苛まれはする。

ビーガンとしての生活を全うするには、動物由来製品知らないうちに利用してしまうことのないよう身の回りの物すべてに注意を払う必要がある。特に外食や、調理済み加工食品購入する際には、気づかないまま肉類を口にしてしまう可能性高く細心の注意要する最近ではビーガンという立場世間広く認識されつつあり、ビーガンに特に配慮したレストラン各所開店している。ビーガン調理専門店でなないがビーガン料理用意している、というところもある。こうした用意整っていない普通のレストランにビーガン仕様メニューの提供を強いるようなまねはしてはいけない

ビーガンに関する認識立脚点人それぞれである。これはレストラン同様である。ビーガンに配慮したメニュー用意しているレストランも、たしかに食肉使っていないが、バター牛乳チーズなどは使用している、という場合あり得る。ちょっと疑わしいからといって一々じっくり詳細を問うわけにもいかない。その意味ではやはりビーガンには精神的緊張つきまとう

ビーガン【vegan】

ベジタリアン菜食主義者)のうち、畜肉鶏肉魚介類などの肉類に加え、卵や乳・チーズ・ラードなど動物由来食品一切とらない人。ピュアベジタリアン。


ヴィーガニズム

(ヴィーガン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:18 UTC 版)

ヴィーガニズム: veganism)は、肉・魚・卵・乳製品蜂蜜・皮革製品・動物実験・動物園・水族館等々の動物由来及び動物虐待に関わる全ての動物性製品サービスを消費しないこと、などで、「人間が動物を搾取することなく生きるべきであるという主義」[1]。英国にあるThe Vegan Society(ヴィーガン協会)はヴィーガニズムを、「衣食他全ての目的に於て‐実践不可能ではない限り‐いかなる方法による動物からの搾取、及び動物への残酷な行為の排斥に努める哲学と生き方」と定義している[2]。そして、ヴィーガン協会は、「個人的な状況が許す限りこの理想に近い生活をすることに努めている人」をヴィーガンと定義している[1]完全菜食主義[3]と日本語に翻訳されている場合があるが、ヴィーガニズムは食以外も対象であり、また完全とは限らないため、完全菜食主義という訳語はヴィーガニズムの定義としては不適切である。Vegan(ヴィーガン)という言葉自体は、マーケティングなどにより卵・乳製品・蜂蜜など肉そのもの以外は食べても良いことにモラル・ハイジャックされてしまったベジタリアン(Vegetarian、菜食主義)への反駁から、1944年のイギリスで生まれた言葉である。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヴィーガンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヴィーガンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴィーガニズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS