掛けとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > 掛けの意味・解説 

かけ【掛(け)/懸(け)】

【一】[名]

売り値対す卸値また、本来の値段対する、値引きして売る値段割合

掛け売り」「掛け買い」の略。「―で買う」

売掛金」「買掛金」の略。「―がたまる」

掛け蕎麦(そば)」「掛け饂飩(うどん)」の略。

打ち掛け」の略。

黒塗り箪笥(たんす)から―を出し女に着せた」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス

掛け布団(ぶとん)」の略。

相撲で、足を相手の足に掛けて倒す技の総称内掛け外掛けなど。

女帯の、締めはじめるほうの端。

名詞について、かけること。また、かけるもの。「洋服―」

10 言葉掛けて言うこと。

「児(こ)らが名に―のよろしき朝妻片山崖(ぎし)にたなびく」〈万・一八一八〉

11 掛け緒。

折烏帽子に―して」〈義経記・二〉

【二】接尾

動詞連用形に付く。

動作途中である意を表す。「読み―」「食べ―」「吸い―」

㋑その動作が起ころうとする直前の状態であることを表す。「つぶれ―」

㋒その動作のついでである意を表す。「帰り―」

助数詞

一人で担ぐ程度の物を数えるのに用いる。

「衣(きぬびつ)二―にてあるを」〈源・松風

細長いものを数えるのに用いる。

中御門御亭馬手綱、二―、弁に一―」〈言継卿記

㋒掛け数えるのに用いる。

親仁には、角樽一荷に塩一―、銀一枚」〈浮・永代蔵・六〉


がけ【掛(け)/懸(け)】

接尾

名詞に付く。

㋐それを身につけている意を表す。「たすき―」「ゆかた―」

㋑(「心」あるいはそれに類する語に付いて)心の中にいつもあることを抱いている意を表す。「心―」「思い―ない」

㋒それを賭けることを表す。「命―」

人数を表す語に付いて、その人数だけ腰かけられることを表す。「三人―の椅子

漢語数詞に付いて、その数の割合であることを表す。「定価の八―で卸す

和語数詞に付いて、その数だけの倍数であることを表す。「その五つ―」

動詞連用形に付いて、その動作途中、その動作のついで、の意を表す。「帰り―」「行き―の駄賃


掛け


掛け

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

かけそば

(掛け から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/25 17:44 UTC 版)

かけそば(掛けそば・掛け蕎麦)は、蕎麦に入れて熱いつゆを掛けた[1]日本料理である。単に「掛けかけ)」とも呼ぶ。元々は「ぶっかけそば」と称した[2]。年末の年越し蕎麦のように、寒い時期の蕎麦としては特に好まれる食べ方ともなっている。


  1. ^ 日本国語大辞典(小学館)
  2. ^ a b c 社団法人「日本麺類業団体連合会」/「全国麺類生活衛生同業組合連合会」 「かけそば」
  3. ^ a b 山陰 「釜揚げそば」と「かけそば」
  4. ^ a b 社団法人「日本麺類業団体連合会」/「全国麺類生活衛生同業組合連合会」 「かけ」
  5. ^ 油屋の歴史 天ぷらの話「様々な屋台が食べ物を商った。そば屋やすし屋など」
  6. ^ 北東製粉 「ぶっかけそばが「ぶっかけ」、さらに「かけ」と称されるようになった」
  7. ^ a b 製麺会社 「ぶっかけそば、かけそばの違い」
  8. ^ [1]大辞林(三省堂)


「かけそば」の続きの解説一覧



品詞の分類

接尾語  掛かり  掛け  搦み  放題

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「掛け」の関連用語

掛けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



掛けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかけそば (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS