欠とは?

かん【欠】

《「欠」の字音「けん」の音変化目方分量などが減っていること。また、その減った量。

「目を懸けしに、思ひの外に―のたつこと」〈浮・永代蔵・二〉


けん【欠】

⇒けつ


けつ【欠/×缺】

欠けていること。足りないこと。「説明の―を補う」「ガス―」

欠席。「―一名


けつ【欠〔缺〕】

[音]ケツ(漢) ケン(漢) [訓]かける かく

学習漢字4年

〈ケツ

物の一部がえぐれてかける。「欠唇(けっしん)・欠損

足りない。あく。「欠員欠陥欠如欠点欠乏残欠不可欠

欠けている所。「補欠完全無欠

その場出て来ない。「欠勤欠場欠席出欠病欠

(「歇(けつ)」の代用字)休む。やむ。「間欠

〈ケン〉あくび。「欠伸(けんしん)」

[補説] 「欠」は本来の意味。「缺」はの意味で、もと別字

難読欠伸(あくび)


あくび【欠伸/欠】

動詞「あく(欠)ぶ」の連用形から》

眠いとき、疲れたときなどに思わず口が大きく開いて息を深く吸い込み、やや短く吐き出す呼吸運動

(欠)漢字の旁(つくり)の一。「欧」「歌」などの「欠」の称。吹き旁(づくり)。


【英】A-(An-)[Ectro-]
読み方:けつ

欠如を表す接頭語

読み方
かき

あくび

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 04:43 UTC 版)

あくび(yawn)(欠、欠伸、呿呻、呿)は、眠たいときなどに不随意に(反射的に)起こる、大きくを開けて深く息を吸う呼吸動作である。


  1. ^ a b c d 出典 : 性のメカニズムと関係も? 「あくび」のヒミツ 働きもののカラダの仕組み 北村昌陽 日本経済新聞 2012/12/2 6:30
  2. ^ 出典 : 片頭痛発作の経過 | 片頭痛って? | スッきりんのバイバイ頭痛講座(ファイザー製薬) 2018/05/17 18:45閲覧
  3. ^ 小野地健 (2010). 身体音と声の体系的分析への予備考察―クシャミ・咳・あくび・屁― (Report). 非文字資料研究. 6. 神奈川大学日本常民文化研究所 非文字資料研究センター. ISSN 1883-9169.  pp.142-143.
  4. ^ 『マナーの悪い観光客は中国人だけ?ヨーロッパで失礼に当たる行為5選』 - Compathy Magazine、2018年3月2日閲覧。
  5. ^ 山本常朝1716『葉隠
  6. ^ 授業中にあくびをして開いた口がふさがらなくなった女子高生、友人の手を借りても口を閉じられず病院へ”. GIGAZINE (2011年4月11日). 2016年4月30日閲覧。
  7. ^ Gordon G. Gallup (2007年). Good Morning America - The Science of Yawning (July 30, 2007) (TV-Series). USA: ABC. 
  8. ^ Argiolas A, Melis MR. "The neuropharmacology of yawning". Eur J Pharmacol. 1998,343,1-16.
  9. ^ Schürmann et al. Yearning to yawn: the neural basis of contagious yawning. NeuroImage 24 (4), 1260–1264 (2005). PMID 15670705. (see also Platek et al. (2005). Contagious Yawning and The Brain. Cognitive Brain Research, 23(2-3):448-52. PMID 15820652)
  10. ^ Anderson JR, Myowa-Yamakoshi M & Matsuzawa T (2004). Contagious yawning in chimpanzees. Proceedings of the Royal Society of London B: Biological Sciences 271, S468–S470. PMID 15801606.
  11. ^ V.S. Ramachandran, Mirror Neurons and imitation learning as the driving force behind "the great leap forward" in human evolution”. 2006年11月16日閲覧。
  12. ^ Senju A, Maeda M, Kikuchi Y, Hasegawa T, Tojo Y, Osanai H (2007). “Absence of contagious yawning in children with autism spectrum disorder”. Biol Lett. doi:10.1098/rsbl.2007.0337. PMID 17698452. 
  13. ^ 藤高邦宏 (1992). 英米文化の背景 「英米人の迷信・俗信」 考 (1) (Report). 岡山理科大学紀要. 17. 岡山理科大学. NCID AN00033255. https://ous.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1414&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1 2018年3月2日閲覧。.  p.73.
  14. ^ 「あくび」という意味を持つ「欠」(ケン)と「不足する、かける」という意味を持つ「欠」(ケツ、「缺」の新字体)は本来まったく別の字である。新字体#既存の字との衝突も参照。


「あくび」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/01/18 17:59 UTC 版)

発音

熟語


出典:『Wiktionary』 (2018/09/05 07:22 UTC 版)

発音

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「欠」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
92% |||||


欠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



欠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2020 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあくび (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS