かきとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > かきの意味・解説 

読み方:かき

貝類の「カキ牡蠣)」を表す漢字国字一つである。苗字地名などに用いられている例もある。

か‐き【下記】

ある記事文章のあとに書きしるすこと。また、その文章。「詳細下記のとおり」⇔上記


か‐き〔クワ‐〕【和気】

「わき(和気)」に同じ。

「—香風の中(うち)に、臥榻(がとう)を据えて」〈二葉亭・浮雲


か‐き【××卉】

《「卉」はの意》美しい草木。


かき【垣/×牆/×籬】

家や庭の区画を限るための囲い仕切り。竹や木で作ることが多い。垣根

間を隔てるもの。「心に—を巡らす


か‐き【夏季】

夏の季節。「夏季施設


か‐き【夏期】

夏の期間。夏の間。「夏期講習会


か‐き【嫁期】

嫁に行くのに適した年ごろ婚期


か‐き【家記】

その家伝承される、先人父祖日記記録類。平安時代以後儀式などの先例を知るために重用された。けき。

家に伝えられる、詩歌文章などの集。


かき【×掻き】

[接頭]動詞に付いて、意味を強めたり語調整えたりする。「掻き曇る」「掻き消す


か‐き〔クワ‐〕【果×毅】

決断力があり意志が強いこと。

「—軽断谷風虎歩し」〈東海散士佳人之奇遇


かき【柿】

カキノキ科落葉高木また、その実山地自生するが、古くから栽培される。よく分枝し、は短楕円形で先がとがり、光沢がある。秋に紅葉する。初夏に白い雌花雄花とが咲き秋に黄赤色の実を結ぶ。実には(がく)が残ってつく。品種多く甘柿には富有次郎御所など、渋柿には平核無(ひらたねなし)・西条などがあり、実を生または干して食べる。材は家具などに用いる。《 花=夏 実=秋》「—くへば鐘が鳴るなり法隆寺子規

柿色」の略。

柿色布子(ぬのこ)。かきそ。


か‐き〔クワ‐〕【火器】

火を入れる器具火入れ

大砲・銃など、火薬を使って弾丸発射する兵器総称銃砲


か‐き〔クワ‐〕【火気】

火のけまた、火。「火気厳禁

火の勢い。「火気にたじろぐ


かき【牡蠣】

イタボガキ科の二枚貝総称海中の岩などに固着する。貝殻形は一定しないが、片方の殻は膨らみ強く片方は平たい。殻表には成長脈が薄板状に発達。マガキ・イタボガキ・スミノエガキ・イワガキなど食用となるものが多く養殖もされる。オイスター。《 冬》「松島ふり—育つ/青邨」

[補説] 乳白色色合いと、栄養が豊富であることから「海のミルク」と呼ばれる


か‐き〔クワ‐〕【禍機】

災難が生じるきっかけ災いの生じる兆し


か‐き〔クワ‐〕【花×卉】

《「卉」はの意》

花の咲く草花

観賞用に栽培する植物観賞する部分により、花物葉物実物(みもの)などに分ける。


か‐き〔クワ‐〕【花器】

花を生ける器具陶磁製・金属製・竹製・木製などがあり、形は薄端(うすばた)・釣船獅子口水盤広口細口などがある。花入れ花生け


か‐き〔クワ‐〕【花期】

花の咲く時期。花の咲く期間。


か‐き【下記】

〔名〕 ある記事下方。ある記事次に書くことまた、その記事。⇔上記。〔英和外交商業字彙1900)〕

風俗画報‐二二四号(1901)福引当りたる籤のものへ下記の景物与ふるなり」


か‐き【佳期】

〔名〕 よい時期。よい季節また、楽しい時。好期

菅家文草900頃)五・同紀発韶、奉和御製七夕秋穂詩之作「佳期恰似時難一レ過、巧思秖同月易一レ盈」〔陸亀蒙中秋待月詩〕


か‐き【佳気】

〔名〕 めでたい気。嘉気

通俗酔菩提全伝(1759)一「寒香を吐、始て茁(もえいで)、一天の佳気(カキ)遍山海満つ」〔盧照鄰長安古意詩〕


か‐き クヮ‥ 【和気】

〔名〕 むつまじくうちとけやわらぐこと。のどやか気配。わき。〔文明本節用集室町中)〕

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「又春の日に瓊葩(けいは)綉(しうえふ)の間、和気(クヮキ)香風中に臥榻(ぐゎたふ)を据ゑて其上に臥(ね)そべり」


か‐き【嘉卉】

〔名〕 (「卉」は総称美しい草木。きれいな草花。〔詩経小雅四月


か‐き【嘉気】

〔名〕 めでたい気。佳気

懐風藻751春日侍宴采女比良夫〉「淑景蒼天麗。嘉気碧空陳」〔李商隠‐為安平公袞州謝上表


かき【垣・牆・墻】

〔名〕

屋敷、庭、その他一区画を限る囲いとして設けるもの。土、石、竹、木などを用いて作るまた、人間同士などの間をさえぎるもののたとえにもいう。かきね。かきほ。

古事記(712)上「亦垣を作り廻し、その垣に八門を作り

源氏100114頃)須磨「おはすべき所は、行平中納言の、もしほたれつつわびける家居近きわたりなり。〈略〉かきのさまよりはじめて、めづらかに見給ふ

浮世草子男色大鑑(1687)一「墻(カキ)の中は腰付

歩廊また、室内仕切る障子ついたての類。

③ =かきたつ垣立

瀬戸秘書(1663)関船作り様次第「垣之高さは、船之深さ同前

紋所の名。図柄に①を用いたもので、唐檜垣玉垣常盤垣、竹垣種々ある。

唐檜垣@常盤垣@玉垣@竹垣の画像

か‐き【夏季】

〔名〕 夏の季節

俳諧去来抄(1702‐04故実五月晦(つごもり)なれば、夏季に定めて

良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「夏季の休業書生帰郷(かへ)った迹」


か‐き【夏期】

〔名〕 夏の期間。夏の頃。ことに、七、八月の頃をいう。

日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉四「寝具は夏期一人に付蒲団一枚冬期少き二人三枚


か‐き【夏気】

〔名〕 夏の気。夏の気候

本朝無題詩(1162‐64頃)四・早夏述懐藤原茂明〉「幽閑夏気令心労事々堪忽染毫」〔春秋繁露‐陽尊陰卑〕


か‐き【嫁期】

〔名〕 女が嫁に行く年ごろ。婚期

南海先生文集(1784)二「抱節依村野、嫁期奈歳闌


か‐き【家器】

〔名〕 家庭の日常用具。家什(かじゅう)。

自然真営道(1753頃か)大序「然抜橛不橛者、不家器前」〔春秋左伝襄公五年〕


か‐き【家記】

〔名〕

① 家に伝承された先人父祖日記記録類のこと。平安時代から鎌倉室町時代通じて儀式その他に代々先例参考にするために私日記発達し、こうした日記類を多く所蔵する家は「日記の家」と呼ばれて重用された。けき。〔三代実録貞観三年861八月一九日〕

② 転じて、家に伝えられる詩歌文章などの集をいう。

随筆胆大小心録(1808)一二八「万葉の中十巻ばかりは卿の家記也とて、真淵はいわれたり。〈略〉後の偽撰といふも、家記の散乱したる一つなるべし」


か‐き クヮ‥ 【果毅】

〔名〕 決断がよく、意志の強いこと。〔布令字弁(186872)〕〔書経周書・泰誓下〕

開化本論(1879)〈吉岡徳明〉下「曰く果毅の勇」


かき【柿】

〔名〕

カキノキ科落葉高木また、その果実日本では有史以前から栽培されていたとみられる。幹は高さ五〜六メートルになり黒み帯び直立上部枝分かれする。互生長さ約一〇センチメートル楕円形で短柄がある。秋に紅葉する。初夏淡黄色のつぼ形の花を開く。花は雌花雄花が別で、木によってどちらか一方多くつける。四枚(がく)があり、のち果実のへたになる。果実長さ三〜一〇センチメートル肉質品種により実の形は異なる。甘柿渋柿の別があり、甘柿富有御所次郎渋柿西条、四溝、会津身しらずなど多数品種がある。甘柿果肉堅いうちから甘くて、そのまま食用となる。渋柿脱渋するか干し柿にする。渋の強い品種シナノガキからは柿渋をとる。また、落ちた実を発酵させて柿酢をつくる。種子扁平で、ふつう長楕円形。柿の心材は淡黒色または黒色で、堅く緻密(ちみつ)なので、家具器具用材となる。特に黒色のものは黒柿呼ばれ黒檀(こくたん)の代用として珍重される。渋は渋紙雨ガッパ塗料などの材料かきのき。《季・秋

正倉院文書神護景雲四年(770一一二日・奉写一切経料銭用帳「壱伯文柿一升直」

本草和名(918頃)「柿〈略〉一名葉 一名蜜丸 一朱実 和名加岐

俳諧冬の日(1685)「篠ふかく柿の蔕(へた)さびし〈野水〉」

② 「かきいろ柿色)」の略。

今鏡(1170)六「次にかきの水干の袖のはしをさし出だされければ」

*鳴俳句集(1926)〈内藤鳴雪〉「荒事の柿の素袍秋の風

紋所の名。柿の花図案化したもの柿花紋。

柿色布子(ぬのこ)。柿衣(かきそ)。また、江戸では柿衣仕着(しきせ)としたところから、酒屋奉公人異名

雑俳柳多留‐七一(1819)「浅黄より柿がいきだと裾っ継」

(5) 「こけら()」を誤っていう。「柿(かき・シ)」と「(こけら・ハイ)」と、漢字まぎらわしいところからあやまったもの。「こけらぶき葺)」を「かきぶき」というたぐい。

(6) 陶器茶入れ一種柿の実のように平たく丸い形で、首が短く、被蓋(かぶせぶた)になっているもの。

[語誌]用途の多い木のわりには卑俗な木または実と考えられていたからか和歌に詠まれることは少ない。「万葉集」に例がなく、八代集ほか平安時代私家集では物名歌の題に見えるだけである。鎌倉時代では、柿の紅葉を詠んだ歌が見えるが、数は少ない。庶民生活を歌う江戸時代俳諧になって、多く詠まれるようになる。


かき【民・部曲】

〔名〕 (限られた区域の意) =かきべ(民部

書紀720顕宗元年四月寛文版訓)「山守(やまもり)部を以て民(カキ)と為」


か‐き クヮ‥ 【火器】

〔名〕

火を入れる器具火鉢の類。

火薬爆発圧力を使って弾丸発射する兵器銃砲

読本近世説美少年録(1829‐32)一「舶来新渡の火器(クヮキ)」〔福恵全書刑名部・賊盗上・緝捕


か‐き クヮ‥ 【火気】

〔名〕 火から出る熱気や炎。火の勢い。現在では多く「火」と同義用いる。

太平記14C後)一二障子立て廻し、火気を内に籠められたれば」

軽犯罪法(1948)一条ガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者」〔春秋繁露五行五事


かき【牡蠣・蠣】

〔名〕 イタボガキ科に属す二枚貝総称各地沿岸分布し、養殖盛んに行なわれている。二枚の殻は左右異なり、右の殻は平たく、左の殻はふくらみをもち、岩などに付着する。殻の表面多く薄板が重なっており、形は付着生活のため一定しない。多く同一個体で雌の時代と雄の時代とが交互に現われる。五〜八月頃が産卵期で、冬季には成熟体となる。日本近海に約二五種知られ、おもな食用種にマガキイワガキイタボガキなどがある。オイスター。《季・冬》 〔霊異記810‐824)〕

俳諧玄峰集(1750)冬「たまはるは石花(カキ)にかしこしひねり文


か‐き クヮ‥ 【瓜期】

〔名〕 (中国春秋時代、斉の襄公が、瓜の熟する陰暦七月の頃を、ある地方守備隊任期変わり目にしたという、「春秋左伝荘公八年」に見え故事から) 任期満了すること。任務交替する時期瓜時

俳諧鶉衣172779)後「官人他郷の役に倦て、故国へ還る悦の時を、瓜期とて殊に待るるものを」〔陳造‐志喜賦〕


か‐き クヮ‥ 【禍機】

〔名〕 わざわいのきざし。わざわい生ず機会

公議所日誌‐一五上・明治二年(1869)五月天主教、〈略〉刑せざれば、国の禍機を漸々繁茂せしめ」〔鮑照苦熱行〕


か‐き クヮ‥ 【花卉】

〔名〕 (「卉」は総称) 花の咲くまた、観賞のために庭などに栽培する被子植物観賞対象となる部分によって花物葉物実物呼ばれる。〔異制庭訓往来14C中)〕

彼岸過迄(1912)〈夏目漱石須永の話「孰(いづ)れも単純な花卉(クヮキ)の写生に過ぎなかったが」〔南史徐勉伝〕


か‐き クヮ‥ 【花器】

〔名〕 花をいける器。陶磁器銅製、竹製、木製ガラス製の物などがあり、形には広口細口水盤船形などさまざまの種類がある。はないけはないれ

黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)中「このひろ口の花器は無垢の銀、さて結構なるもの」


か‐き クヮ‥ 【花旗】

1⃣ 〔名〕 美しい旗。アメリカの国旗をいう。もと中国でいった語。

西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉九「たいそう船じるしが見ゆるは〈略〉しるしはいづれもアメリカの、花旗(クヮキ)とやらが多ひから」

2⃣ アメリカ合衆国。花旗国。

*航米日録(1860)二「浮砲台にても祝砲発す。是花旗の俗礼見ゆ


か‐き クヮ‥ 【花期】

〔名〕 花の咲いている期間。

*兎糞録(1913)〈和田垣謙三二三「花期を過ぎたれば、花に隠れずして、緑蔭甚だ妙なりき」〔蘇軾杭州牡丹開時僕猶在常潤詩〕


か‐き クヮ‥ 【花気】

〔名〕 花のかおり。花のにおい。

凌雲集(814)夏日陪幸左大将藤原冬嗣閑居院応製〈滋野貞主〉「松陰絶冷午時後。花気猶薫風罷余」

*夜航余話(1836)上「是に於て花気しめやかに薫り」〔方干‐山中寄呉磻詩〕


欠き、掻き、舁き、闕き、書き、画き、描き

読み方:かき

カ行五段活用動詞「欠く」「掻く」「舁く」「闕く」「書く」「画く」「描く」の連用形である「欠き」「掻き」「舁き」「闕き」「書き」「画き」「描き」、あるいは連用形名詞化したもの


掛き、繋き

読み方:かき

カ行四段活用動詞掛く」「繋く」の連用形である「掛き」「繋き」、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

かき 花卉

観賞用として用いられる植物。「花」も「卉」も観賞される植物という 山採り枝物は花卉には入れない。

かき 【柿】

カキノキ科落葉高木日本には、死んだ人の魂が、生前住んでいた家の柿の木に寄りつくとする地方がある。木は数珠火葬用にもされるので、ふつうの日焚くのを忌む地方もあり、小正月に「成木責め」をする所もある。→ 成木責め

かき 【牡蠣】

イタボガキ二枚貝バビロニア神話に、世界カキの形としている。西洋では無口シンボルとされ、春−夏期食べるなとされた。

かき

  1. 官吏ニ付スル贈賄行為。〔第三類 犯罪行為
  2. 官吏対す贈賄を云ふ。
  3. 官吏贈賄すること。福井

カキ

読み方:かき

  1. ⑴【】〔花言希くは余を自然美のうちに置けとの意。⑵【掻】手淫をすること。

分類 花言葉


読み方:かき

  1. 犯罪密告者。〔第二類 人物風俗
  2. 犯罪密告者。「裏を掻く」と云ふ意よりか。
  3. 犯罪密告者。裏を掻くということより。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

可貴

読み方
可貴かき

読み方
かき

甲木

読み方
甲木かき

読み方
かき

嘉喜

読み方
嘉喜かき

花木

読み方
花木かき

柿木

読み方
柿木かき

賀来

読み方
賀来かき

嘉規

読み方
嘉規かき

読み方
かき

賀喜

読み方
賀喜かき

加来

読み方
加来かき

加木

読み方
加木かき

カキ

(かき から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/30 09:06 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

カキかき

関連項目



かき

出典:『Wiktionary』 (2020/05/03 21:34 UTC 版)

名詞:植物

かきカキ

  1. カキノキ科落葉高木雌雄同株東アジア固有種で、果実生産量大半中国産が占める。果実熟す橙色になる。甘柿渋柿があり、一般的に前者生食され、後者干し柿にして食される。家具用や建築用に使われる。学名: Diospyros kaki。花は夏の、実は秋の季語
  2. 色」の
  3. 柿衣かきそまた、これを着用していたことから、酒屋丁稚別称

発音

関連語

翻訳

名詞:魚介

かきカキ牡蠣

  1. ウグイスガイイタボガキ科に属する二枚貝総称あるいはカキ目もしくはカキ上科属す総称貝殻は右殻よりも左殻の方が膨らんでおり、左殻で海中岩石などに着生する。世界各地浅瀬広く分布し、養殖も盛ん。日本では、広島県宮城県での水揚げ量が多い。マガキイワガキなどの大型種が食用に供され、生食欧米でも好まれる。殻は肥料飼料胡粉生薬原料となる。牡蠣ぼれい。冬の季語

発音

関連語

翻訳

名詞:垣

かき

  1. 家の周囲や庭などを囲い、あるいは仕切るもの。垣根

発音

関連語

翻訳

接頭辞:掻き

かき かき掻き

  1. 動詞前に付いて、語調整えたり語勢強めたりする語。かい。かっ。

語源

動詞「かく」の連用形

関連語

同音異義語



  • 画数:12
  • 音読み:ビ、 ミ
  • 訓読み:かき







  • 画数:9
  • 音読み:シ
  • 訓読み:かき

  • 画数:9
  • 音読み:シ
  • 訓読み:かき、 こけら
  • ピンイン:shi4
  • 対応する英語:persimmon







※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



かきと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かき」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

かきのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS