観賞とは? わかりやすく解説

かん‐しょう〔クワンシヤウ〕【観賞】

読み方:かんしょう

[名](スル)物を見て、その美しさや趣などを味わい楽しむこと。「梅の花を―する」


鑑賞

(観賞 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 16:26 UTC 版)

鑑賞かんしょうとは、芸術作品などの美的な対象視覚、あるいは聴覚を通して自己の中に受け入れ、深く味わうことである。対する表現とは異なり、能動的とはいえないものの、対象に直接的なおかつ積極的に関わり合うことによって、対象の中から具現化された美的なものを見出すことのできることから、受動的な美的体験でもない、という特徴も持っている。






「鑑賞」の続きの解説一覧

観賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 06:39 UTC 版)

ウィローモス」の記事における「観賞」の解説

着生するという性質生かし、石や流木着生させて育成する場合も多い。石や流木着生させ「自然な雰囲気」を醸し出す目的で使われたり、人工物構造物繋ぎ目を隠す「カモフラージュ」としても使用されるアヌビアスミクロソリウムなど他の着生植物とも組み合わせやすく、一緒に着生させているケース見られる栽培維持容易で初心者向け

※この「観賞」の解説は、「ウィローモス」の解説の一部です。
「観賞」を含む「ウィローモス」の記事については、「ウィローモス」の概要を参照ください。


観賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 00:12 UTC 版)

コチョウザメ」の記事における「観賞」の解説

コチョウザメの飼育には、比較的広い池と良い水質必要とするコチョウザメ市販魚の餌含まれる植物性タンパク質消化できないため、特別な餌を必要とする

※この「観賞」の解説は、「コチョウザメ」の解説の一部です。
「観賞」を含む「コチョウザメ」の記事については、「コチョウザメ」の概要を参照ください。


観賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 05:43 UTC 版)

シャコ目」の記事における「観賞」の解説

モンハナシャコをはじめとする熱帯産の小型種には体色派手なものが多く観賞用として販売飼育される日本では約1,000知られる観賞用甲殻類の中でシャコ類はその0.9%を占める。

※この「観賞」の解説は、「シャコ目」の解説の一部です。
「観賞」を含む「シャコ目」の記事については、「シャコ目」の概要を参照ください。


観賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 14:56 UTC 版)

ブルーギル」の記事における「観賞」の解説

国内では2005年6月施行され特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律外来生物法)で特定外来生物指定されたため、愛がん鑑賞目的で新たに飼養することは禁止されている。研究教育などの目的で飼養する場合には主務大臣から許可を受けなければならない

※この「観賞」の解説は、「ブルーギル」の解説の一部です。
「観賞」を含む「ブルーギル」の記事については、「ブルーギル」の概要を参照ください。


観賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 20:28 UTC 版)

クワ科」の記事における「観賞」の解説

イチジク属ガジュマルゴムノキ類(ベンジャミン含む)、フィカス・プミラ観葉植物として、ドルステニア属(Dorstenia)の数種塊茎植物コーデックス)として栽培され流通する

※この「観賞」の解説は、「クワ科」の解説の一部です。
「観賞」を含む「クワ科」の記事については、「クワ科」の概要を参照ください。


観賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/10 07:05 UTC 版)

仙台七夕花火祭」の記事における「観賞」の解説

会場となる広瀬川中流域水面平均標高30m程度)は河岸段丘発達しまた、隣接する仙台市都心部標高40m前後)には高層ビル高層マンションも多いため、様々な角度からの観賞が可能である(当花火祭で上げられる最大の4号花火到達高度は概ね160m)。仙台空港発着ヘリコプターセスナ機で、上空からの花火遊覧飛行も可能。 以下、観賞地のある段丘面広瀬川右岸左岸かも付記段丘は、標高が低い方から下III〜I、中町II・I上町台原青葉山IV〜I(各段丘ではローマ数字大きいほど標高が低い)となっており、さらに陸前丘陵属する各丘陵がそれらより高い標高打ち上げ会場取り囲むように存在する打ち上げ場所の広瀬川仲ノ瀬緑地運動広場右岸下町段丘IIIに対し有料観覧席は、旧仙台市プール駐車場左岸下町段丘III)と、青葉山観光駐車場仙台商業高校跡地右岸下町段丘I)に設置されている。 仲の瀬橋二層性の橋の上層の路盤標高は43.10m)、大橋路盤標高は35.73m)、西公園左岸中町段丘I)、青葉山公園右岸下町段丘I)、仙台城二の丸右岸上町段丘)、仙台城天守台右岸青葉山段丘IV標高115m程度)などが人気の観賞地であるが、広瀬通左岸中町段丘I)にも多数観客がいる。東北大学川内キャンパス右岸上町段丘)や宮城県美術館右岸中町段丘I)は公式には解放されていないが、観客が多い。宮城県仙台第二高等学校右岸下町段丘I)は解放されていない例年車両通行規制は、18:15から仙台西道路の上り(東北自動車道仙台宮城IC都心部)で始まり18:30からは会場近く道路(以下の1⇒2の順)で開始される仙台西道路仲の瀬橋広瀬通西公園通晩翠通)、西公園通定禅寺通青葉通)、大橋 晩翠通定禅寺通青葉通)、広瀬通晩翠通東二番丁通り

※この「観賞」の解説は、「仙台七夕花火祭」の解説の一部です。
「観賞」を含む「仙台七夕花火祭」の記事については、「仙台七夕花火祭」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「観賞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

観賞

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 13:42 UTC 版)

名詞

かんしょう

  1. 物の美しさ味わい楽しむこと。

発音(?)

か↗んしょー

動詞

活用

サ行変格活用
観賞-する

「観賞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「観賞」の関連用語

観賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



観賞のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鑑賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウィローモス (改訂履歴)、コチョウザメ (改訂履歴)、シャコ目 (改訂履歴)、ブルーギル (改訂履歴)、クワ科 (改訂履歴)、仙台七夕花火祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの観賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS