ソウルミュージックとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > ミュージック > ソウルミュージックの意味・解説 

ソウル‐ミュージック【soul music】


ソウルミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/04 01:04 UTC 版)

ソウル英語: soul)あるいはソウルミュージック英語: soul music)は、ポピュラー音楽ジャンルの一つ。基本的にはリズム・アンド・ブルース(R&B)のジャンルの中に属している[1]




注釈

  1. ^ 「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」がヒットした
  2. ^ エディ・グラントが在籍したグループ
  3. ^ 「レッツ・ステイ・トゥゲザー」「ヒア・アイ・アム」「ラブ&ハッピネス」など多数のヒット曲を持ち、ハイ・レコードに所属したソウル歌手
  4. ^ 1948-2013。都会的なソウルを歌った歌手。65歳で死去
  5. ^ ジャム&ルイス制作「イノセント」85年などを発表した
  6. ^ エイス・デイのリードシンガーをつとめた、北部のディープ・ソウル歌手
  7. ^ 「ハート・ソー・バッド」「ティアーズ・オン・マイ・ピロウ」などのヒットを放った

出典

  1. ^ 男の隠れ家 2011, p. 26.
  2. ^ Gospel Music Genre Overview - オールミュージック. 2020年12月26日閲覧。
  3. ^ Blues Music Genre Overview - オールミュージック. 2020年12月26日閲覧。
  4. ^ 男の隠れ家 2011, p. 64-67.
  5. ^ Hildebrand 1994.
  6. ^ Landau, Jon; Redding, Otis (1976). Miller, Jim. ed. The Rolling Stone Illustrated History of Rock & Roll. p. 210-213 
  7. ^ 男の隠れ家 2011, p. 65 冒頭.
  8. ^ Marsh, Dave. Joe Tex | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月26日閲覧。
  9. ^ a b 男の隠れ家 2011, p. 26-27、67終わり.
  10. ^ Petridis, Alexis (2015年5月6日). “Why Errol Brown's Hot Chocolate were a far stranger group than they are given credit for”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/music/musicblog/2015/may/06/why-errol-brown-hot-chocolate-died-strange-group 2020年12月26日閲覧。 
  11. ^ Ankeny, Jason. Authur Conley | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月26日閲覧。
  12. ^ Huey, Steve. Johnnie Taylor | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月26日閲覧。
  13. ^ 男の隠れ家 2011, p. 18-27.
  14. ^ 男の隠れ家 2011, p. 72-73.


「ソウルミュージック」の続きの解説一覧



ソウルミュージックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソウルミュージック」の関連用語

ソウルミュージックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ソウルミュージックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソウルミュージック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS