バックグラウンドミュージックとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > テレビ番組 > 日本のラジオ音楽番組の歴史 > バックグラウンドミュージックの意味・解説 

バックグラウンド‐ミュージック【background music】

映画テレビなどで画面背景として用いたり、喫茶店職場などで穏やかな雰囲気をつくったりするために流す音楽背景音楽バックミュージックBGM


バックグラウンド・ミュージック[background music]

BGMともよばれる特定の空間映像背景小音量で流しておく音楽のこと。これをさらに押し進めて、音楽環境一部として機能させようとしたのがブライアン・イーノらによって提唱された環境音楽である。

バックグラウンドミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/20 07:18 UTC 版)

バックグラウンドミュージック: background music)、また背景音楽(はいけいおんがく)は、なにか別の主体となるものの背景として流れる音楽のこと。BGM(ビージーエム)と略される。また、略称で呼ばれるケースの方が多い。バックグラウンドミュージックはその場の主役にはならないが、その場を演出するために使用される音楽である。




  1. ^ アメリカのテレビドラマには、現在でも毎エピソードの映像に合わせて作曲から録音まで行う手法が取られているものがある。
  2. ^ アメリカで業務用BGMを提供しているムザク・ホールディングス社の名称が一般名詞化したもの。
  3. ^ この場合の「lift」は、「elevator」(アメリカ英語)と同義のイギリス英語。


「バックグラウンドミュージック」の続きの解説一覧

バックグラウンド・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 14:17 UTC 版)

バックグラウンド・ミュージック』は、TBSラジオで、1964年7月19日から2009年3月29日まで放送された音楽ラジオ番組である。TBSラジオでの放送開始前より東海ラジオで放送していた同名番組についても扱う。


  1. ^ a b c 東海ラジオバージョン打ち切り後TBSバージョンをネットしたため。STVラジオは本来HBCラジオのライバル局である。
  2. ^ a b c 東海ラジオバージョン打ち切り後、CBCラジオがTBSバージョンをネット開始したため。
  3. ^ (松本歯科大学の略称がMDCだった開始当初は『MDCバックグラウンド・ミュージック
  4. ^ 1971年6月6日放送開始。1993年3月までは日曜10:00からの放送だった。同時間帯の後番組は『NISSEKIサンデーステーション 裕司と雅子のガバッといただき!!60分』。
  5. ^ 1971年6月6日、1993年3月28日、4月4日 信濃毎日新聞 ラジオ欄
  6. ^ a b c 「東海ラジオ放送十年史」、「東海ラジオ放送二十年史」より
  7. ^ TBSラジオ1964年7月のタイムテーブル→タイムテーブル右に落書きで「7/19よりTBS単 SF、P?(D?)R、STVはSF」と記載有り


「バックグラウンド・ミュージック」の続きの解説一覧



バックグラウンドミュージックと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バックグラウンドミュージック」の関連用語

バックグラウンドミュージックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バックグラウンドミュージックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2021 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバックグラウンドミュージック (改訂履歴)、バックグラウンド・ミュージック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS