現代音楽/地域別の動向とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 現代音楽/地域別の動向の意味・解説 

現代音楽/地域別の動向

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/05 17:34 UTC 版)

21世紀を迎えた現代音楽の現状は、「影響が世界中に拡散した」ことが19世紀クラシック音楽以前と異なる点である。この現状に対応するために、現代音楽/地域別の動向では、各地域ごとの動向を解説する。




  1. ^ [1]
  2. ^ パリ音楽院を追われたフェティスブリュッセル音楽院に就任以後、保守的な音楽文化が保たれていた。
  3. ^ 本名はトニア・エヴァンジェリアだがステージネームを使っている
  4. ^ iscm
  5. ^ information
  6. ^ Music Since 1900
  7. ^ [2]
  8. ^ 大学の副専攻はジャズボーカルだった。公式サイトを参照
  9. ^ この理由には諸説あるが、ヨシフ・スターリンをはじめとして共産党幹部はピアニストとのかかわりが深く、つながりを持ったピアニストのレパートリーに介入はしなかったと考えられている。その一例にスターリンに気に入られたマリア・ユージナがいる。彼女は新ウィーン楽派のピアノ作品の演奏を唯一許可されている。
  10. ^ [3]
  11. ^ (Left coast EnsembleEarplay ECCE Ensembleなど)
  12. ^ 京都会館で行われた、山田一雄指揮による「現代音楽の夕べ」など
  13. ^ JCMR KYOTO vol.6
  14. ^ [4]
  15. ^ [5]
  16. ^ [6]
  17. ^ プログラム




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「現代音楽/地域別の動向」の関連用語

現代音楽/地域別の動向のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



現代音楽/地域別の動向のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの現代音楽/地域別の動向 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS