1926年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1926年の意味・解説 

昭和元年 (ひのえとら 丙寅)

昭和元年
年(年号)
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動
1910年 (明治43年) 韓国併合
1918年 (大正7年) 米騒動
1923年 (大正12年) 関東大震災
昭和元年
1928年 (昭和3年) 初の普通選挙実施
1932年 (昭和7年) 五・一五事件
1936年 (昭和11年) 二・二六事件
1941年 (昭和16年) 対英宣戦布告
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布


昭和元年
渋沢 栄一 1840年1931年(天保11年昭和6年) 86
Griffis William Eliot 1843年1928年(天保14年昭和3年) 83
高村 光雲 1852年1934年(嘉永5年昭和9年) 74
高橋 是清 1854年1936年(安政元年昭和11年) 72
高木 正年 1856年1934年(安政3年昭和9年) 70
Bigot G. 1860年1927年(万延元年昭和2年) 66
内村 鑑三 1861年1930年(文久元年昭和5年) 65
津田 梅子 1864年1929年(元治元年昭和4年) 62
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 59
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 55
福田 徳三 1874年1930年(明治7年昭和5年) 52
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 51
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 49
寺田 寅彦 1878年1935年(明治11年昭和10年) 48
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 48
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 48
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 48
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 47
大正天皇 1879年〜1926年(明治12年〜昭和元年) 47
市川 左団次二世 1880年1940年(明治13年昭和15年) 46
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 44
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 43
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 43
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 43
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 42
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 42
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 42
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 42
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 41
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 40
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 40
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 40
松旭斎 天勝 1886年1944年(明治19年昭和19年) 40
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 37
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 36
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 36
近衛 文麿 1891年1945年(明治24年昭和20年) 35
岸田 劉生 1891年1929年(明治24年昭和4年) 35
河合 栄治郎 1891年1944年(明治24年昭和19年) 35
芥川 龍之介 1892年1927年(明治25年昭和2年) 34
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 34
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 33才
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 29
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 28
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 28
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 28
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 28
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 27
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 27
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 25
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 24
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 23
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 23
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 22才
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 22才
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 22才
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 20才
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 19才
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 17才
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 16才
三島 由紀夫 1925年1970年(大正14年昭和45年) 1才

1926年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/01 08:15 UTC 版)

1926年(1926 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年大正15年/昭和元年。


  1. ^ 元号建定ノ詔書案 により12月25日以後が昭和。官報 第4303号 は大正15年12月25日付と、昭和元年12月25日付の両方が存在する。
  2. ^ “「くまのパディントン」作者、マイケル・ボンドさん死去”. 朝日新聞. (2017年6月28日22時32分). http://www.asahi.com/articles/ASK6X75B1K6XUHBI03G.html 2020年11月14日閲覧。 
  3. ^ “女優の津島恵子さんが死去 「ひめゆりの塔」などで知られる”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年8月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/03/kiji/K20120803003827250.html 2020年10月31日閲覧。 
  4. ^ “Paul Bocuse: Top French chef dies at 91”. BBC News. BBC. (2018年1月20日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-42758189 2020年11月5日閲覧。 
  5. ^ “菅井きんさん死去「必殺仕事人」名脇役10日心不全”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年8月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808230000403.html 2020年11月11日閲覧。 
  6. ^ “女優・菅井きんさん死去 92歳 「必殺」シリーズ姑役など”. ORICON STYLE. オリコン. (2018年8月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2118068/full/ 2020年11月11日閲覧。 
  7. ^ “ダリオ・フォさん死去 イタリアのノーベル文学賞劇作家”. 朝日新聞. (2016年10月13日). http://www.asahi.com/articles/ASJBF5K0JJBFUHBI02C.html 2020年11月8日閲覧。 
  8. ^ “小川宏さん死去、90歳 「小川宏ショー」司会でギネス記録”. スポニチアネックス. (2016年12月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/05/kiji/K20161205013853320.html 2020年12月9日閲覧。 
  9. ^ 三重野栄子さんが死去 元参院議員”. 日本経済新聞 (2013年11月28日). 2020年11月23日閲覧。
  10. ^ “沢島忠監督死去、92歳「人生劇場」シリーズで東映任侠路線確立”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年1月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/28/kiji/20180127s00041000249000c.html 2020年11月1日閲覧。 
  11. ^ フィデル・カストロ氏死去 キューバ前議長、90歳”. 朝日新聞デジタル (2016年11月26日). 2020年11月20日閲覧。
  12. ^ 訃報:西澤潤一さん 92歳=光通信や半導体レーザー開発”. 毎日新聞 (2018年10月26日). 2020年11月8日閲覧。
  13. ^ “Chuck Berry, architect of rock 'n' roll”. シカゴ・トリビューン. The Chicago Tribune. (2017年3月18日). http://www.chicagotribune.com/entertainment/music/kot/ct-chuck-berry-dead-ent-0319-20170318-column.html 2020年11月10日閲覧。 
  14. ^ 米倉伸之(1998)"元会長貝塚爽平先生のご逝去を悼む"第四紀通信(日本第四紀学会).5(6):9.
  15. ^ Knut Wicksell Swedish economist Encyclopædia Britannica



1926年(大正15年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市の歴史」の記事における「1926年(大正15年)」の解説

中等学校軍隊連合演習実施される郡役所廃止される香川郡香西町第一鑿井完成し、他2箇所続いて完成する琴平電鉄栗林公園駅瀧宮駅間(17.8km) が開通する12月21日)。

※この「1926年(大正15年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。
「1926年(大正15年)」を含む「高松市の歴史」の記事については、「高松市の歴史」の概要を参照ください。


1926年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 17:38 UTC 版)

バレエ・リュス」の記事における「1926年」の解説

ロンドンモンテカルロパリウィーン巡演。 1926年の初演作品日付会場タイトル振付家作曲者指揮者装置衣裳主なダンサー5月4日モンテカルロ歌劇場ロミオとジュリエット』 ニジンスカバランシン ランバート スコット エルンストミロ カルサヴィナリファールスラヴィンスキー 5月29日パリサラ・ベルナール劇場パストラールニジンスカ オーリック デゾルミエール ブルーナ ドブロヴスカ、ダニロワリファール、ヴォイジコフスキー 7月3日パリサラ・ベルナール劇場びっくり箱バランシン サティミヨー編曲デゾルミエール ドラン ダニロワ、チェルニチェヴァ、ドブロヴスカ、イジコフスキー 12月3日ロンドン、リセウム劇場海神ネプチューン勝利バランシン バーナーズ デゾルミエール シュルヴァシス〈19世紀版画)/プルーナ ダニロワ、チェルニチェヴァ、ソコロヴァリファールバランシン

※この「1926年」の解説は、「バレエ・リュス」の解説の一部です。
「1926年」を含む「バレエ・リュス」の記事については、「バレエ・リュス」の概要を参照ください。


1926年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 17:49 UTC 版)

ノーベル賞を巡る論争」の記事における「1926年」の解説

1926年の時点ではこの年生理学・医学賞は「受賞者なし」とされた。人工に関する研究をしていたヨハネス・フィビゲル山極勝三郎候補とされたが、賞を受ける値しない判断され授与されなかった。フィビゲルは、自身発見した回虫Gongylonema neoplasticum(英語版)(彼はSpiroptera carcinoma呼んでいた)を用いてラット胃癌誘発することができること実証した。山は、ウサギの耳コールタール塗って、癌を発生させた。これらが、初の癌の実験的誘発だった。選考委員一人ヒルディング・バーグストランド(英語版)は、「現時点ではフィビゲルと山極の研究が、癌の謎を解決する上で非常に重要になる可能性について、多くの支持を得ることはできないこのような状況下では、私はこれらの発見ノーベル賞ふさわしくない考えている」と結論下した1927年オットー・ワールブルクユリウス・ワーグナー=ヤウレックとともにフィビゲルが再びノミネートされたが、山除外された。ノーベル委員会は、1926年の賞をフィビゲルワールブルク遡って授与し1927年の賞をワーグナーヤウレック授与することを決定した。しかし、最後の選択で、カロリンスカ研究所ワールブルク受賞却下した。1926年の賞は、「寄生虫発がんに関する研究」によりフィビゲルにだけに授与された。その後すぐに、フィビゲル「発見」他の科学者信用されなくなった1952年実験により、回虫は癌の原因ではなく、フィビゲル実験発生した癌はビタミンA欠乏よるものであることが明らかにされた。山除外したことも批判された。彼の実験有効な発見だったからであるコールタール(および多環芳香族炭化水素(PAH)を含む物質)は、真の発癌物質である。山極の研究は、この分野研究の主要な基盤となっている。『ブリタニカ百科事典』の癌研に関するノーベル賞記述では、フィビゲル言及することはなく、山極の業績画期的な出来事述べている。

※この「1926年」の解説は、「ノーベル賞を巡る論争」の解説の一部です。
「1926年」を含む「ノーベル賞を巡る論争」の記事については、「ノーベル賞を巡る論争」の概要を参照ください。


1926年(大正15年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/16 21:30 UTC 版)

1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の記事における「1926年(大正15年)」の解説

8月15日ダイヤ改正される関東大震災復興がほぼ終わった事に伴うもので、まず東海道本線では前年改正スピードアップが行われなかった特急・急行列車速度向上・増発が行われた。特急東京駅 - 下関駅所要時間22時55分 - 23時25分とそれまでより1時間以上も向上し三等急行であった5・6列車二・三編成に、一・二急行であった7・8列車各等編成になった。また東京駅 - 名古屋駅名古屋駅 - 神戸駅日本初となる「準急行列車」(現在の快速列車に近い存在で、特別料金不要)も新設された。その他東北・日本海沿岸各線でも時刻改正が行われ、一部列車配列見直しなどが行われた。なお、この時改正が行われなかった九州では9月15日に、北海道では9月25日若干時刻改正実施されている。

※この「1926年(大正15年)」の解説は、「1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の解説の一部です。
「1926年(大正15年)」を含む「1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の記事については、「1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の概要を参照ください。


1926年(大正15年/昭和元年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 07:54 UTC 版)

大正」の記事における「1926年(大正15年/昭和元年)」の解説

1月30日第1次若槻内閣若槻禮次郎首相憲政会内閣成立労働農民党結成朝鮮6・10万歳運動日本放送協会設立12月25日大正天皇崩御それに伴い皇太子裕仁親王第124代天皇践祚光文事件同日昭和改元

※この「1926年(大正15年/昭和元年)」の解説は、「大正」の解説の一部です。
「1926年(大正15年/昭和元年)」を含む「大正」の記事については、「大正」の概要を参照ください。


1926年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 23:47 UTC 版)

茶話」の記事における「1926年」の解説

1926年(大正15年)は、9月1日雑誌苦楽」に、10月1日に『文藝春秋』に掲載された。 764.堪忍という事 (9/1) 765.価 (10/1) 766.10/1)

※この「1926年」の解説は、「茶話」の解説の一部です。
「1926年」を含む「茶話」の記事については、「茶話」の概要を参照ください。


1926年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 08:40 UTC 版)

韓国放送公社」の記事における「1926年」の解説

11月30日...「社団法人京城放送局設立許可される

※この「1926年」の解説は、「韓国放送公社」の解説の一部です。
「1926年」を含む「韓国放送公社」の記事については、「韓国放送公社」の概要を参照ください。


1926年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 14:05 UTC 版)

連合映画芸術家協会」の記事における「1926年」の解説

山賊 監督マキノ省三富沢進郎・橋本佐一郎(「橋本佐一呂」名義)、原作主演曽我廼家五九郎脚本青木優撮影松田定次 出演名村春操、中野信近花園百合子 製作 連合映画芸術家協会配給 マキノ・プロダクション同時上映二川文太郎監督延宝奇聞 美丈夫 前篇』)マキノ撮影所撮られ製作費全部マキノ出資で、直木はただ協会作品というタイトルを出すだけで金を取っていた。マキノ雅弘は「若かった私は文芸作家協会という人達は、恥ずかしということ知らない人たちばかりだと真面目に思ったものである」と述べている。 京子倭文監督・脚本伊藤大輔原作菊池寛撮影河上勇喜、指揮久米正雄 出演東明二郎香西梨枝直木木ノ実、伊藤みはる、風間宗六(「吉村哲哉名義)、香川良介(「香川遼」名義) 製作 連合映画芸術家協会伊藤映画研究マキノプロ作品買って公開雅弘久米正雄伊藤監督を「指揮」するほど映画製作御存じなのかと、久米会った時に尋ねると、「そんなもん映画)、あったのか」と笑っていた。 日輪 前篇 監督・脚本伊藤大輔原作三上於菟吉撮影河上勇喜 出演東明二郎夏川静江日夏百合江金井之助高堂国典吉村哲哉大木清 製作 連合映画芸術家協会伊藤映画研究所 天一坊と伊賀監督牧野省三衣笠貞之助原作額田六福脚本直木三十三撮影田中十三助監督マキノ正唯 主演市川猿之助市川八百蔵市川小太夫沢村十郎マキノ輝子 製作 連合映画芸術家協会春秋座配給 マキノ・プロダクション同時上映橋本佐一郎監督大晏寺堤』、マキノ御室撮影所作品マキノ雅弘によると『月形半平太』の儲け全部つぎ込んで撮った作品之助一座出演料は「四万円」という破格の額だった。 地蔵経由監督深川ひさし、原作久米正雄指揮脚本直木三十三撮影柏田敏雄、字幕稲垣二郎 主演金井之助高堂国典香川遼、稲垣浩東明二郎 製作 連合映画芸術家協会同時上映人見吉之助監督『わすれ髪』、マキノ御室撮影所作品日輪 中篇 日輪 後篇 監督・脚本伊藤大輔原作三上於菟吉撮影河上勇喜 出演香西梨枝東明二郎吉村哲哉永田恒雄、香川遼、金井之助、保瀬薫 製連合映画芸術家協会伊藤映画研究水の影 監督・脚本高田保原作久米正雄撮影持田米三(「持田米彦」名義出演御橋公結城一郎笈川武夫、保瀬薫、伊沢蘭奢 製作 連合映画芸術家協会配給 マキノ・プロダクション同時上映沼田紅緑監督佐平捕物帖 新釈紫頭巾 前篇』、マキノ御室撮影所作品

※この「1926年」の解説は、「連合映画芸術家協会」の解説の一部です。
「1926年」を含む「連合映画芸術家協会」の記事については、「連合映画芸術家協会」の概要を参照ください。


1926年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 17:01 UTC 版)

夕張 (軽巡洋艦)」の記事における「1926年」の解説

1926年(大正15年)3月24日佐世保出港し揚子江流域進出4月26日寺島水道帰着。 1926年(大正15年)12月1日第2艦隊第二水雷戦隊編入(翌1927年(昭和2年)12月1日まで)。

※この「1926年」の解説は、「夕張 (軽巡洋艦)」の解説の一部です。
「1926年」を含む「夕張 (軽巡洋艦)」の記事については、「夕張 (軽巡洋艦)」の概要を参照ください。


1926年(大正15年/昭和元年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:12 UTC 版)

昭和」の記事における「1926年(大正15年/昭和元年)」の解説

12月25日大正天皇崩御したことを受けて裕仁親王践祚12月25日から昭和改元

※この「1926年(大正15年/昭和元年)」の解説は、「昭和」の解説の一部です。
「1926年(大正15年/昭和元年)」を含む「昭和」の記事については、「昭和」の概要を参照ください。


1926年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 21:41 UTC 版)

由良 (軽巡洋艦)」の記事における「1926年」の解説

1926年(大正15年4月1日新鋭重巡洋艦古鷹第五戦隊編入される5月1日名取第五戦隊除籍にともない第五戦隊巡洋艦3隻(古鷹川内由良)となる。8月1日新鋭重巡加古第五戦隊編入される第五戦隊巡洋艦4隻(由良川内加古古鷹)を揃えた同年12月1日第五戦隊巡洋艦4隻(加古古鷹神通那珂)で再編される。由良第一潜水戦隊第一艦隊所属)に転じた同時期日本海軍軽巡洋艦として初め水上偵察機搭載した

※この「1926年」の解説は、「由良 (軽巡洋艦)」の解説の一部です。
「1926年」を含む「由良 (軽巡洋艦)」の記事については、「由良 (軽巡洋艦)」の概要を参照ください。


1926年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:45 UTC 版)

パリ大賞典」の記事における「1926年」の解説

この年パリ大賞典には空前の大観衆押し寄せた有料入場者数だけで166,635人の観客がいて、40フラン駐車料必要な駐車場は844台の馬車自動車溢れかえった入場料収入だけで145フランになり、パリ大賞典だけで馬券売り上げは790フランほどになった貴賓席にはガストン・ドゥメルグ大統領スペインアルフォンソ13世国王夫妻の姿もあった。 主導権握ったのは、イタリアから来たアペレ(Apelle)だった。アペレはフェデリコ・テシオ生産馬で、デルビー・レアーレ(Derby Reale現在のイタリアダービー)とミラノ大賞典を6馬身差で圧勝してきた。アペレはイタリア産馬だが、その父はフランス名馬サルダナパル(Sardanapale)だった。アペレはスタートから先頭に立ち、残り100メートルのところまでは単騎逃げることができた。 フランス馬の本命はビリビ(Biribi)だった。ビリビは脚が曲がっていて1歳時に競り売られた。購入したのはアルゼンチンのシモン・グスマンだった。ビリビは3歳の春遅く本格化し、5月半ばノアイユ賞勝った5月末にリュパン賞楽勝しフランスダービー迎えた。ところがこの年フランスダービー朝から降り続いたによって不良馬場となった。ビリビはゴールまであと僅かのところで、同厩舎人気薄馬マドリガルMadrigal)に差され、半馬身差で敗れてしまった。ビリビの騎手はこのとき病気の体で理をして騎乗したのだったが、結果的にゴール前の競り合い体力持たず、ろくに追うことができなかった。 残り100メートルのところで、逃げるアペレにビリビほか数頭の後続馬が一斉に並んできた。5頭が横に並ぶ大接戦制したのは、イギリスから来たテイクマイチップ(Take My Tip)で、63倍の大穴となった。ビリビはクビ差の2着3、4着もそれぞれアタマ差、アタマ差の接戦だった。

※この「1926年」の解説は、「パリ大賞典」の解説の一部です。
「1926年」を含む「パリ大賞典」の記事については、「パリ大賞典」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1926年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1926年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1926年」の関連用語

1926年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1926年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
江戸net江戸net
Copyright (C) 2023 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1926年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高松市の歴史 (改訂履歴)、バレエ・リュス (改訂履歴)、ノーベル賞を巡る論争 (改訂履歴)、1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正 (改訂履歴)、大正 (改訂履歴)、茶話 (改訂履歴)、韓国放送公社 (改訂履歴)、連合映画芸術家協会 (改訂履歴)、夕張 (軽巡洋艦) (改訂履歴)、昭和 (改訂履歴)、由良 (軽巡洋艦) (改訂履歴)、パリ大賞典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS