尾崎放哉とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 尾崎放哉の意味・解説 

おざき‐ほうさい〔をざきハウサイ〕【尾崎放哉】

[1885〜1926]俳人鳥取生まれ本名、秀雄。波乱に富んだ生活の中で、独自の自由律句境確立した。句集大空(たいくう)」。


尾崎放哉

読み方おざき ほうさい

俳人鳥取県生。本名は秀雄、初号は芳哉。東京帝大卒。荻原井泉水俳誌層雲」で自由律俳句優れた才能を示す。保険会社要職につくが退職地位財産・家族を捨て一灯園入園以後放浪俳人生活を送る。『大空』・『放哉書簡集』・『尾崎放哉全集』などの遺著がある。大正15年(1926)歿、42才。

尾崎放哉

尾崎放哉の俳句

あらしがすつかり青空にしてしまつた
うつろの心に眼が二つあいてゐる
こんなよい月を一人で見て寝る
こんな大きな石塔の下で死んでゐる
すばらしい乳房だ蚊が居る
せきをしてもひとり
とんぼが淋しい机にとまりに来てくれた
ひとをそしる心をすて豆の皮むく
わがからだ焚火にうらおもてあぶる
わが顔ぶらさげてあやまりにゆく
一日もの云はず蝶の影さす
何か求むる心海へ放つ
働きに行く人ばかりの電車
入れものが無い両手で受ける
咳をしても一人
墓のうらに廻る
壁の新聞の女はいつも泣いて居る
大空のました帽子かぶらず
妹と夫婦めく秋草
山に登れば淋しい村がみんな見える
底がぬけた柄杓で水を呑まうとした
心をまとめる鉛筆とがらす
春の山のうしろから煙が出だした
月夜の葦が折れとる
枯枝ほきほき折るによし
汽車が走る山火事
沈黙の池に亀一つ浮き上る
淋しいからだから爪がのびだす
淋しい寝る本がない
渚白い足出し
漬物桶に塩ふれと母は産んだか
爪切つたゆびが十本ある
片つ方の耳にないしよ話しに来る
窓あけた笑ひ顔だ
紅葉明るし手紙よむによし
肉がやせて来る太い骨である
蛍光らない堅くなつてゐる
蜥蜴の切れた尾がはねている太陽
足のうら洗へば白くなる
追つかけて追ひ付いた風の中
障子あけて置く海も暮れきる
障子しめきつて淋しさをみたす
霜とけ島光る
鳥がだまつてとんで行つた
 

尾崎放哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 06:33 UTC 版)

尾崎 放哉(おざき ほうさい、本名:尾崎 秀雄〈おざき ひでお〉、1885年明治18年〉1月20日 - 1926年大正15年〉4月7日)は、日本俳人。『層雲』の荻原井泉水に師事。種田山頭火らと並び、自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人である。鳥取県鳥取市出身。


  1. ^ 松波治郎 『歴史と人生』 彰文館、1942年。
  2. ^ 山崎白雲 『教育随想・教育論叢』 久米書店、1939年。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 河出書房新社編 『尾崎放哉 つぶやきが詩になるとき』 河出書房新社、2016年12月、205頁。
  4. ^ a b c d e f g 「NHK文化講演会(小豆島と尾崎放哉)」(1994年5月22日放送)。
  5. ^ 海も暮れきる~小豆島の放哉~ - テレビドラマデータベース


「尾崎放哉」の続きの解説一覧



尾崎放哉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尾崎放哉」の関連用語

尾崎放哉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



尾崎放哉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尾崎放哉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS