山口誓子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 山口誓子の意味・解説 

やまぐちせいし 【山口誓子】 ○

1901~1994俳人京都市生まれ本名、新比古(ちかひこ)。東大卒花鳥諷詠の「ホトトギス」を離れ、鋭い感性俳句現代性を追求句集凍港」「激浪」など。

山口誓子

山口誓子の俳句

いづくにも虹のかけらを拾ひ得ず
うしろより見る春水の去りゆくを
かの巫女の手焙の火を恋ひわたる
かりかりと蟷螂蜂の皃を食む
げんげ田の広大これが美濃の国
この岸にわが彳つかぎり蟹ひそむ
するすると岩をするすると地を蜥蜴
せりせりと薄氷杖のなすままに
つきぬけて天上の紺曼珠沙華
どこまでも水田日本は水の国
はたはたはわぎもが肩を越えゆけり
ひとり膝を抱けば秋風また秋風
ほのかなる少女のひげの汗ばめる
まだ聞こえねど後続の雁のこゑ
みめよくて田植の笠に指を添ふ
ゆふべしづかに明日にも雪嶺たらんとす
スケートの紐むすぶ間も逸りつつ
スケート場沃度丁幾の壜がある
パンツ脱ぐ遠き少年泳ぐのか
ピストルがプールの硬き面にひびき
ラグビーのジヤケツちぎれて闘へる
一湾の潮しづもるきりぎりす
一輪の花となりたる揚花火 
七月の青嶺まぢかく熔鑛炉
住吉に凧揚げゐたる処女はも
余り苗束のままにて長けゐたり
光ぎっしり蝶老ゆることありや
全長のさだまりて蛇すすむなり
冬河に新聞全紙浸り浮く
冷し馬潮北さすさびしさに
凍港や旧露の街はありとのみ
凍鶴の啼かむと喉をころろころろ
匙なめて童たのしも夏氷
双眼鏡遠き薊の花賜る
唐太の天ぞ垂れたり鰊群来
土手を外れ枯野の犬となりゆけり
城を出し落花一片いまもとぶ
壁炉燃ゆ棚に真澄の鏡立ち
声なりしやと炎天を顧みる
夏の河赤き鉄鎖のはし浸る
夏草に気罐車の車輪来て止る
夕焼けて西の十万億土透く
夜を帰る枯野や北斗鉾立ちに
大和また新たなる国田を鋤けば
天よりもかがやくものは蝶の翅
天耕の峯に達して峯を越す
太陽の出でて没るまで青岬
妹が居の宰相山も夏祭
学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
定家忌や勤やすまず川田順
 

山口誓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/28 08:35 UTC 版)

山口 誓子(やまぐち せいし、1901年明治34年)11月3日 - 1994年平成6年)3月26日)は、京都府出身の俳人。本名は新比古(ちかひこ)。




  1. ^ 『山口誓子集』 269頁。
  2. ^ 『山口誓子集』 261頁。
  3. ^ 『山口誓子』 13頁。
  4. ^ 『山口誓子』 13-14頁。
  5. ^ a b c 『現代俳句大事典』 572-574頁。
  6. ^ 『朝日新聞』1987年3月28日(東京本社発行)朝刊、26頁。
  7. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)242頁
  8. ^ 『定本現代俳句』 178-179頁。
  9. ^ 『山口誓子集』 269頁。
  10. ^ 『定本現代俳句』 185頁。
  11. ^ 『山口誓子』 14頁。
  12. ^ 『山口誓子集』 269-270頁。
  13. ^ 『図説俳句』140-141頁。
  14. ^ 『山口誓子集』 270頁。
  15. ^ 『現代俳句大事典』 564-565頁。
  16. ^ 『山口誓子』 8頁。
  17. ^ 『現代俳句ハンドブック』 98頁。


「山口誓子」の続きの解説一覧



山口誓子と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山口誓子」の関連用語

山口誓子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山口誓子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山口誓子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS