高桑闌更とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 俳人 > 高桑闌更の意味・解説 

たかくわらんこう たかくはらんかう 【高桑闌更】 ○

1726~1798江戸中期俳人。名は忠保、また正保別号、半化房・芭蕉堂など。金沢生まれ和田希因門。芭蕉私淑蕉門俳人の句文を集め刊行し、天明俳諧復興寄与した。編著花供養」「有の儘」など。

高桑闌更

読み方たかくわ らんこう

江戸後期俳人加賀金沢生。名は忠保・正保通称釣瓶屋長次(治)郎、号は半化坊・亭・狐狸窟・芭蕉堂・南無庵等。俳諧和田希因に学ぶ。中年京都移り、医を業としながら俳諧遊び、『落葉考』を著し蕉風復帰唱え蕉風隆盛に努めた。門流小沢何丸桜井梅室成田蒼・等がいる。寛政10年(1798)歿、73才。

高桑闌更

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/03 11:00 UTC 版)

高桑 闌更(たかくわ らんこう、享保11年(1726年)- 寛政10年5月3日1798年6月16日))は、江戸時代中期から後期の俳人である。名は忠保または正保。通称は長次郎。初号は蘭皐。別号に半化房等。




「高桑闌更」の続きの解説一覧



高桑闌更と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高桑闌更」の関連用語

高桑闌更のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高桑闌更のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高桑闌更 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS