桃とは? わかりやすく解説

とう【桃】

読み方:とう

常用漢字] [音]トウタウ)(漢) [訓]もも

[一]トウ〉木の名。モモ。「桃花桃李(とうり)/白桃

[二]〈もも〉「桃色山桃

難読胡桃(くるみ)・桜桃(さくらんぼ)・桃花鳥(とき)・梅桃(ゆすらうめ)・山桜桃(ゆすらうめ)


もも【桃】

読み方:もも

バラ科落葉小高木細長くて先がとがり、縁に細かいぎざぎざがある。4月ごろより早く淡紅色のほか白や濃紅色の5弁花を開く。夏に球形肉厚多汁の実がなり、食用種子漢方桃仁いい薬用。中国原産日本では古くから果樹または花木として栽培され品種が多い。《 花=春 実=秋》「ゆるぎなく妻は肥りぬ—の下/波郷」

桃色」の略。

ワタの実。球状頂部とがった桃の実形をし、熟す裂開する

襲(かさね)の色目の名。表は紅、裏は紅梅また、表は白、裏は紅など諸説がある。3月ごろ用いた

紋所の名。1の実または図案化したもの

桃の画像
桃の画像
桃の画像
桃の画像
桃の紋所
桃の画像
桃の紋所一つ丸に付き桃」

作者阿部昭

収載図書阿部昭18短篇
出版社福武書店
刊行年月1987.4

収載図書昭和文学全集 30
出版社小学館
刊行年月1988.5

収載図書阿部昭第4巻
出版社岩波書店
刊行年月1991.6

収載図書千年あの夏
出版社講談社
刊行年月1993.5
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書謎のギャラリー―謎の部屋
出版社新潮社
刊行年月2002.2
シリーズ名新潮文庫

収載図書くだものだもの
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2007.9


作者丸尾長顕

収載図書芦屋夫人
出版社河出書房新社
刊行年月1988.4


作者久世光彦

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2000.2


作者赤坂真理

収載図書彼が彼女の女だった頃
出版社講談社
刊行年月2003.7


作者アライサキコ

収載図書フシギのじかん。
出版社新風舎
刊行年月2004.8


作者松浦寿輝

収載図書そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所
出版社新潮社
刊行年月2004.11


作者姫野カオルコ

収載図書female
出版社新潮社
刊行年月2004.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書
出版社角川書店
刊行年月2005.3

収載図書桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク
出版社角川書店
刊行年月2007.7
シリーズ名角川文庫


作者森銑三

収載図書新編 物いう小箱
出版社講談社
刊行年月2005.3
シリーズ名講談社文芸文庫


桃―お葉の匂い

作者久世光彦

収載図書
出版社中央公論新社
刊行年月2005.3
シリーズ名中公文庫


モモ

モモ
科名 バラ科
別名: -
生薬名: トウニン桃仁)・ハクトウカ白桃花
漢字表記
原産 中国原産
用途 中国原産果樹で、多く種類あります優良品種白桃水蜜桃母樹中国から導入されました。生薬のハクトウカ白桃花」には、峻下作用があるので注意が必要です。果実生食調理用として利用されています。
学名: Prunus persica Batsch.
   

もも (桃)

バラのほかの用語一覧
サクラ:  東海桜  枝垂れ桜  染井吉野  桃  桜桃    橉木

読み方:もも

  1. 爆発薬或は女子陰部のことをいふ。
  2. 爆発物。又は女子陰部のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:モモmomo

バラ科落葉小高木中国原産春薄赤い五弁の花が咲き大型球状の実をつける

季節

分類 植物


読み方
ももさき

モモ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/29 04:55 UTC 版)

モモ(桃、学名: Prunus persica)はバラ科[7]スモモ属[9]落葉低木から小高木。また、その果実のこと。


注釈

  1. ^ APG は、被子植物の科と目の分類で目より上位の分類群は英語表記で国際植物命名規約にもとづく設定がされていない[1]
  2. ^ モモは冬の低温期に休眠する果樹であり、春に花芽が休眠打破して開花するためには一定量の低温に遭遇する必要があり、それを低温要求量という[44]

出典

  1. ^ 大場秀章(編著)『植物分類表』(初版第2刷)アボック社、2010年。ISBN 978-4-900358-61-4  p.327
  2. ^ 大場秀章(編著)『植物分類表』(初版第2刷)アボック社、2010年。ISBN 978-4-900358-61-4  p.XV
  3. ^ a b c d e An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG III - - 2009 - Botanical Journal of the Linnean Society - Wiley Online Library https://onlinelibrary.wiley.com/doi/pdf/10.1111/j.1095-8339.2009.00996.x p108 2023年1月2日閲覧。
  4. ^ 大場秀章(編著)『植物分類表』(初版第2刷)アボック社、2010年。ISBN 978-4-900358-61-4  p.84
  5. ^ 大場秀章(編著)『植物分類表』(初版第2刷)アボック社、2010年。ISBN 978-4-900358-61-4  p.92
  6. ^ 大場秀章(編著)『植物分類表』(初版第2刷)アボック社、2010年。ISBN 978-4-900358-61-4  p.119
  7. ^ a b c 大場秀章(編著)『植物分類表』(初版第2刷)アボック社、2010年。ISBN 978-4-900358-61-4  p.140
  8. ^ 米倉浩司(著)『新維管束植物分類表』北隆館 2019年 p129
  9. ^ a b 米倉浩司(著)『新維管束植物分類表』北隆館 2019年 p131
  10. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Prunus persica (L.) Batsch モモ(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年1月31日閲覧。
  11. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Amygdalus persica L. モモ(シノニム)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年1月31日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 211.
  13. ^ 黄徳寛 (2007), 古文字譜系疏証, 北京: 商務印書館, pp. 857–858, ISBN 978-7-100-05471-3 
  14. ^ 李学勤 (2012), 字源, 天津、瀋陽: 天津古籍出版社、遼寧人民出版社, p. 493, ISBN 978-7-5528-0069-2 
  15. ^ a b c d e f g h i j k 田中潔 2011, p. 28.
  16. ^ a b c d e f g h 貝津好孝 1995, p. 196.
  17. ^ a b 辻井達一 1995, p. 194.
  18. ^ a b c d e 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 178
  19. ^ a b c d e f g 辻井達一 1995, p. 195.
  20. ^ a b c d e 中央果実協会 2013, p. 35.
  21. ^ a b 岡山大学埋蔵文化財調査研究センター報No.55 https://www.okayama-u.ac.jp/user/arc/issue/leaf/leaf_55.pdf 2022年9月19日閲覧
  22. ^ 福田, 一志、古門, 雅高『伊木力遺跡Ⅱ』 134巻長崎県長崎市江戸町2-13〈長崎県文化財調査報告書〉、1997年3月31日(原著1997年3月31日)。doi:10.24484/sitereports.14759NCID BN15106099https://sitereports.nabunken.go.jp/14759 
  23. ^ 諫早市役所
  24. ^ a b c d 竹下大学 2022, p. 170.
  25. ^ 小林幹夫「恵泉果物の文化史(6):モモ」『園芸文化』第6巻、恵泉女学園大学、2009年7月、136-141頁。 
  26. ^ a b 大竹大学 2022, p. 170.
  27. ^ a b 中央果実協会 2013, p. 63.
  28. ^ a b c d 中央果実協会 2013, p. 62.
  29. ^ 中央果実協会 2013, p. 49.
  30. ^ a b c d 中央果実協会 2013, p. 3.
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m 中央果実協会 2013, p. 2.
  32. ^ a b 中央果実協会 2013, p. 45.
  33. ^ a b 中央果実協会 2013, p. 48.
  34. ^ ぱれっと 2012年4月号 果樹のページ”. 岡山市農業協同組合. 2013年7月7日閲覧。
  35. ^ a b c 竹下大学 2022, p. 172.
  36. ^ a b c d e f g 竹下大学 2022, p. 174.
  37. ^ a b c 竹下大学 2022, p. 173.
  38. ^ 中央果実協会 2013, p. 47.
  39. ^ ハナモモ‘照手水蜜’”. 神奈川県農業技術センター (2007年12月). 2011年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月10日閲覧。
  40. ^ 中央果実協会 2013, p. 57.
  41. ^ 中央果実協会 2013, p. 50.
  42. ^ 中央果実協会 2013, p. 55.
  43. ^ 中央果実協会 2013, p. 56.
  44. ^ 中央果実協会 2013, p. 37.
  45. ^ 中央果実協会 2013, p. 39.
  46. ^ 中央果実協会 2013, p. 36.
  47. ^ a b 中央果実協会 2013, p. 60.
  48. ^ Production of peaches and nectarines in 2018; Crops/Regions/World/Production Quantity (from pick lists)”. United Nations, Food and Agricultural Organization, Statistics Division (FAOSTAT) (2019年). 2020年4月11日閲覧。
  49. ^ 中央果実協会 2013, p. 23.
  50. ^ 中央果実協会 2013, p. 24.
  51. ^ 中央果実協会 2013, p. 25.
  52. ^ 中央果実協会 2013, p. 31.
  53. ^ 農林水産省 平成25年産もも、すももの結果樹面積、収穫量及び出荷量
  54. ^ おいしい山形 もも
  55. ^ 旬の食材百科 フルーツ 桃 あかつき
  56. ^ 福島県公式 福島県ブランド認証産品(もも)
  57. ^ 福島県公式 国際課 中通り21(福島市):桃の薫る夏
  58. ^ JA全農にいがた ニュース 新潟の桃が真っ盛り!
  59. ^ ふえふき旬感ネット 笛吹市の桃の花
  60. ^ JA長野県 いいJAん!信州 農畜産物情報 モモ
  61. ^ ネット農業あいち 特産品紹介 モモ
  62. ^ 近畿農政局 もも(大阪泉州地域)
  63. ^ 大阪府公式 なにわ特産品 大阪もも
  64. ^ あら川の桃振興協議会
  65. ^ 岡山県公式サイト 農林水産部 農政企画課 白桃
  66. ^ JA香川県 らりるれ倶楽部 品目一覧 果物:もも
  67. ^ うどん県農産物紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん かがわの県産品一覧 もも
  68. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  69. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  70. ^ a b c d 竹下大学 2022, p. 175.
  71. ^ 2023年も「桃」の直売が始まりました!”. 道の駅つる. 2023年8月27日閲覧。
  72. ^ a b c d e f 貝津好孝 1995, p. 197.
  73. ^ “体調不良は給食のリンゴ原因 美幌の小中学生、アレルギー反応”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年7月12日). オリジナルの2014年7月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140714025601/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/550707.html 
  74. ^ 21世紀研究会・編『食の世界地図』143頁 文藝春秋社



桃(もも)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 05:39 UTC 版)

試作品神話」の記事における「桃(もも)」の解説

台風のようなもの」と称される怪物。遠い海で生まれ街を破壊して去っていくことから「台風」に置き換えて呼ばれ自然災害とされている。

※この「桃(もも)」の解説は、「試作品神話」の解説の一部です。
「桃(もも)」を含む「試作品神話」の記事については、「試作品神話」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:10 UTC 版)

君の手がささやいている」の記事における「桃」の解説

千鶴が通う小学校6年生で、登校区域さくら地区小学生たちをまとめるリーダー女の子美人可愛くスポーツ万能勉強良くできる優等生で、千鶴低学年女の子達にとって憧れ存在毎朝登校の時は桃の直後誰が付くか順番取り合いジャンケン決めているほど。千鶴に「運動会リレー一緒に走ろう」と持ちかけて、千鶴期待応えよう練習頑張るが代表選手からは落ちてしまう。普段は何でも出来てしまうだけに、一度失敗することがある激しく落ち込んでしまうところがある。

※この「桃」の解説は、「君の手がささやいている」の解説の一部です。
「桃」を含む「君の手がささやいている」の記事については、「君の手がささやいている」の概要を参照ください。


桃(もも)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 14:13 UTC 版)

魔王 JUVENILE REMIX」の記事における「桃(もも)」の解説

様々な情報提供する情報屋。その情報収集能力岩西からも一目置かれている。体格肥満体形だが『Waltz』ではグラマラス美人だった。普段は「ポルノショップ経営している。本人いわく「誰の味方でもないとのことで、潤也にマスター情報を提供後、マスターにも潤也の情報提供している。

※この「桃(もも)」の解説は、「魔王 JUVENILE REMIX」の解説の一部です。
「桃(もも)」を含む「魔王 JUVENILE REMIX」の記事については、「魔王 JUVENILE REMIX」の概要を参照ください。


桃(もも)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 00:00 UTC 版)

作家アリスシリーズ」の記事における「桃(もも)」の解説

野良長かったせいか気が強く活発な牝猫3月3日雨の日火村拾われた。命名は時絵。

※この「桃(もも)」の解説は、「作家アリスシリーズ」の解説の一部です。
「桃(もも)」を含む「作家アリスシリーズ」の記事については、「作家アリスシリーズ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 07:32 UTC 版)

「桃太郎」記事における「桃」の解説

上流から流れてきた桃を食べて老夫婦若返ったというくだりは、西王母伝説、あるいは日本神話イザナギ神産み#黄泉の国みられるように、桃が邪気をはらい不老不死の力を与え霊薬である果実とされていることと関連する桃太郎を齎した桃は、こうした力のある桃が山から流れて来たものとも考えられる。瓜やの実でなく、特に桃である理由について、奥田継夫著書『どこかで鬼の話』で「桃は大昔より数少ない果物であり、においや味、薬用性および花の美しさがそろい、紅い小さな花豊潤果実付けるところが不老不死イメージにぴったりであり、人に利益与え死の反対の生のシンボルを思わせ、その中でも特に桃の実柔らかくみずみずしく産毛筋目から命の源女性器似ているからであり、そのイメージには邪悪な鬼を退散させる力を感じさせるからであろう」としている。この桃と女性生殖器についての考察は、西岡秀雄等がおこなっている。 桃そのもの女性であったという解釈もある。おばあさん拾ってきたのは、大きなではなく若い娘であり(桃は若い娘の尻の象徴)、子供出来ず悩んでいたおばあさんは、拾ってきた娘におじいさんの子供をはらませ、その娘から子供取り上げた(=桃を割る)という。[要出典] 日中民間説話研究者立石展大は中国において児が似た伝承があるとしている。

※この「桃」の解説は、「桃太郎」の解説の一部です。
「桃」を含む「桃太郎」の記事については、「桃太郎」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 08:09 UTC 版)

ふたりぽっぽ」の記事における「桃」の解説

通称「もーちゃん」。

※この「桃」の解説は、「ふたりぽっぽ」の解説の一部です。
「桃」を含む「ふたりぽっぽ」の記事については、「ふたりぽっぽ」の概要を参照ください。


桃(もも)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:47 UTC 版)

グラスホッパー (小説)」の記事における「桃(もも)」の解説

ポルノ雑誌店の店主肥満体形に年中下着のような服を着ているが、いやらしさのない年不詳女性。店は裏の業界人がよく出入りする情報交換の場となっており、知人に、押し屋に関する情報を話す。

※この「桃(もも)」の解説は、「グラスホッパー (小説)」の解説の一部です。
「桃(もも)」を含む「グラスホッパー (小説)」の記事については、「グラスホッパー (小説)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「桃」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:49 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. もも樹木又はそれにつける果実の名

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「桃」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桃」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



桃のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2024, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2024 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの試作品神話 (改訂履歴)、君の手がささやいている (改訂履歴)、魔王 JUVENILE REMIX (改訂履歴)、作家アリスシリーズ (改訂履歴)、桃太郎 (改訂履歴)、ふたりぽっぽ (改訂履歴)、グラスホッパー (小説) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS