鬼とは?

おに 【鬼】

[2] ( 名 )
〔姿が見えない意の「隠」の字音「おん」の転という〕
人にたたりをする怪物もののけ幽鬼
醜悪な形相恐るべき怪力をもち、人畜に害をもたらす想像上の妖怪仏教影響で、夜叉やしや)・羅刹らせつ)・餓鬼や、地獄獄卒牛頭ごず)・馬頭めず)などをさす。牛の角を生やし、虎の皮ふんどしをつけた姿で表されるのは、陰陽道おんようどう)で丑寅うしとら)(北東)の隅を鬼門といい、鬼の集まる所と考えられたためという。
放逐された者や盗賊など、社会からの逸脱者、また先住民異民族大人おおひと)・山男などの見なれない異人をいう。山伏山間部に住む山窩さんか)などをいうこともある。
子孫祝福に来る祖霊地霊
死者霊魂亡霊。 「護国の-となる」
人情のない人。冷酷な人。
(「心を鬼にする」の形で)気の毒に思いながらも冷酷振る舞うこと。
非情思われるほど物事精魂を傾ける人。 「文学の-」 「仕事の-」
鬼ごっこ隠れんぼなどの遊びで、人を探しつかまえる役。
貴人飲食物毒味をする役。おになめ。おにくい鬼役。 「鬼一口の毒の酒、是より毒の試みを-とは名付けそめつらん/浄瑠璃酒吞童子枕言葉
( 接頭 )
名詞に付く。
無慈悲な、冷酷な、などの意を表す。 「 -ばばあ」 「 -検事
強く恐ろしい、勇猛な、などの意を表す。 「 -将軍
異形の、大形の、などの意を表す。 「 -百合ゆり)」 「 -やんま」

[1] 【鬼】


【き】[漢字]

【 几 】 [音]
つくえ)。 「几案
台のある物。 「几帳
【己】 [音] キ ・コ
自分。おのれ。 「《キ》克己知己」 「《コ》自己利己
十干第六つちのと。 「己巳きし)」
【企】 [音]
計画する。くわだてる。 「企画企及企業企図
つまさき立ちして望む。強く望む。 「企望
【危】 [音]
あぶない。 「危害危機危急・危険・危殆きたい)・危地危篤危難安危
あやぶむ。不安に思う。 「危懼きく)・危惧きぐ)」
高い。険しい。 「危峰
正しい。きちんとしている。 「危坐きざ)」
】 [音]
つくえ。 「机案机上机辺浄机
【気(氣)】 [音] キ ・ケ
くうき。気体。 「気化気体気泡気密空気蒸気大気水蒸気
自然界現象。 「気候気象温気うんき)((おんき))香気臭気瘴気しようき)・暑気天気熱気
呼吸。 「気管気絶気息
漠然とした感じ。けはい。 「気韻気運気品気配けはい)・和気雰囲気
生命力。 「元気・生気病気
心のはたらき心もち。 「気炎気概気質気性きしよう)・気勢気魄きはく)・気風気分気力意気俠気勇気
5日間を「候」、三候を「気」と呼んだ〕 15日間。 「節気二十四気
【 肌 】 [音]
はだ。皮膚。 「肌膚雪肌
【岐】 [音] キ ・ギ
【希】 [音] キ ・ケ
のぞむ。ねがう。 「希求希望
めったにない。まれ。 「希少希世希代希有けう)((きゆう))
密度が低い。 「希薄希硫酸」 〔「稀」の書き換え字としても用いられる〕
【忌】 [音]
いみはばかる。おそれて避ける。 「忌諱きき)((きい))忌憚きたん)・忌避禁忌嫌忌
いむ。喪に服する。 「忌中忌服服忌ぶつき)」
命日。 「忌辰きしん)・忌日遠忌おんき)・周忌年忌
【汽】 [音]
蒸気。 「汽車汽船汽笛
【奇】 [音]
めずらしい。すぐれた。不思議な。 「奇異奇貨奇観奇岩奇矯奇行奇才奇習奇術奇勝奇人奇想奇特奇抜奇癖・奇妙・新奇珍奇伝奇
あやしい。へんな。 「奇怪怪奇猟奇
はんぱな。割り切れない。 「奇数
巡り合わせよくない幸運でない。 「数奇」 〔「畸」の書き換え字としても用いられる〕
【季】 [音]
自然現象によって特徴づけられた一年のある期間。 「雨季乾季
年月区分にいう語。 「年季半季
最も年若い。すえの。 「季子季女
季節の最後の月。すえ。 「季夏季秋
ある時期終わり。 「季世澆季ぎようき)・節季
【祈( 祈 )】 [音]
いのる。神仏に願う。 「祈雨祈願・祈求・祈誓祈請祈禱きとう)・祈年祈念
【 癸 】 [音]
十干第一〇。みずのと。 「癸亥きがい)・癸卯きぼう)」
【紀】 [音]
きまり。おきて。 「紀律官紀軍紀校紀綱紀風紀
記録する。 「紀行紀伝紀要
とし。年代。 「紀元皇紀西紀
史書において、帝王年代記。 「紀伝体本紀ほんぎ)」
日本書紀」の略。 「記紀
紀伊きい)国」の略。 「紀州南紀
【軌】 [音]
車輪の通ったあと。わだち。 「軌条軌跡軌轍きてつ)・軌道狭軌広軌
すじみち。のり。 「軌範常軌不軌
【 姫 】 [音]
貴人愛され婦人また、女性美称。 「寵姫ちようき)・美姫
【既( 既 )】 [音]
すでに。 「既刊既決既婚既済既遂既成既製既設既知既定既得既報
つきる。 「皆既日食
【帰(歸)】 [音]
かえる。 「帰還帰館帰雁きがん)・帰郷帰国帰心帰省帰宅帰途帰来帰路回帰不帰復帰
したがう。 「帰依きえ)・帰化帰順帰属帰服帰命
おさまる。ある結論おちつく。 「帰結帰着帰納
ある方向指して動く。 「帰向帰趣帰趨きすう)」
【記】 [音]
しるす。書きしるす。 「記事記者記述記帳記入記名記録速記登記・簿記・明記
記録された文章。 「手記戦記伝記日記航海記探検記」
おぼえる。 「記憶暗記強記
しるし。 「記号記章
古事記」の略。 「記紀
【起】 [音]
おきあがる。 「起臥きが)・起居起床起伏起立
おこる。
生じる。 「継起
ふるいたつ盛んになる。 「奮起
おこす。
生じさせる。 「喚起惹起じやつき)」
事をおこす。始める。 「起工起稿起債起算起請きしよう)・起訴起草起動蜂起ほうき)・発起ほつき)」
とりたてる。 「起用
おこり。始まり。もと。 「起因起原起点縁起えんぎ)・起承転結
【飢】 [音]
うえる。ひもじい。うえ。 「飢餓飢渇飢寒
穀物が実らない。 「飢饉ききん)」
【鬼】 [音]
死者たましい。 「鬼哭きこく)・鬼籍餓鬼
超人的能力をそなえている。 「鬼才鬼手神出鬼没
【基】 [音]
もとい。もとづくところ。根本。 「基因基金・基源・基準基礎基地基調基盤基本開基培養基
化学で、反応際し一団となって作用する原子団。 「水酸基硫酸基
外国語音訳字。 「基督キリスト)・基督教
【寄】 [音]
よる。
立ちよる。 「寄航寄港
たよる。 「寄生
よせる。
おくる。わたす。 「寄稿寄進寄贈寄託寄付寄与
あずける。 「寄託
身をまかせる。 「寄寓きぐう)・寄宿寄食寄留
【 悸 】 [音]
【規】 [音]
円を描く道具コンパス。 「規矩きく)・定規じようぎ)」
てほん。きまり。のり。 「規格規準規制規則規程規範規模規約規律新規正規定規ていき)・内規法規
正す。 「規戒きかい)・規正
【亀】 [音]
かめ。 「亀甲きつこう)((きこう))神亀
かめの甲。 「亀鑑亀卜きぼく)・亀裂
【喜】 [音]
よろこぶ。よろこび。 「喜悦喜色歓喜欣喜きんき)・随喜悲喜喜怒哀楽一喜一憂
【幾】 [音]
原義は、かすかなきざしの意〕
いくら。どれほど。 「幾何
ねがう。 「庶幾
【揮】 [音]
ふる。手をふり動かす。 「揮毫きごう)・指揮
実力などを)みせる。あらわす。 「発揮
まきちらす。 「揮発
【期】 [音] キ ・ゴ
約束する。のぞむ。 「期成期待所期予期
とき。
限定された日時。 「《キ》期限期日納期
おり。時点。 「《ゴ》最期死期末期
】 [音]
【 稀 】 [音] キ ・ケ
まばらである。すくない。めったにない。まれ。 「稀世稀有けう)((きゆう))古稀稀覯本きこうぼん)」
うすい。うすめる。 「稀釈稀薄稀硫酸」 〔「希」とも書き換えられる〕
【貴】 [音]
とうとい。身分が高い。 「貴顕貴紳貴人貴賤きせん)・貴族貴賓高貴尊貴貴公子
値段が高い。 「貴重・騰貴貴金属
【 愧 】 [音]
はじる。 「愧死慚愧ざんき)」
【棄】 [音]
すてる。なげすてる。 「遺棄自棄唾棄だき)・廃棄破棄
使わない。やめる。 「棄却棄権放棄
【毀】 [音]
こわす。こわれる。 「毀壊毀棄毀傷毀損
そしる。人を悪くいう。 「毀謗きぼう)・毀誉
【 詭 】 [音]
【 跪 】 [音]
ひざまずくまた、ひざをついて行う礼法。 「跪坐きざ)・跪拝拝跪
【旗】 [音]
【 綺 】 [音]
あやぎぬ。 「綺羅きら)」
美しい。 「綺麗
言葉がたくみで飾られている。 「綺語きご)((きぎよ))綺談
【器( 器 )】 [音]
入れもの。うつわ。 「祭器磁器神器茶器陶器
動物器官。 「消化器生殖器
人物能力。 「器量才器大器凡器
【 嬉 】 [音]
よろこぶ。たのしむ。たわむれる。 「嬉嬉嬉戯嬉笑嬉遊
【 毅 】 [音]
【畿】 [音]
都に近い天子直轄地中国周代には都を中心に500里(約200キロメートル四方以内の地。 「畿内近畿京畿けいき)」
【輝】 [音]
かがやく。かがやき。 「輝石光輝
【 麾 】 [音]
軍隊指揮する旗。 「麾下麾扇麾兵
指図する。 「指麾
【 冀 】 [音]
こいねがう。のぞむ。 「冀図きと)・冀望
【機】 [音]
布を織る道具。はた。 「機業織機
(「器」に対して大型装置。しかけ。からくり。 「機械・機関・工作機・鋳造機・飛行機
物事の起こるきっかけ。 「機運機縁機会機宜機先危機契機時機戦機待機動機
物事のかなめ。 「機密機務軍機枢機
飛行機」の略。 「機体機長戦闘機爆撃機民間機
【 窺 】 [音]
うかがう。のぞく。 「窺測窺知
【 徽 】 [音]
しるし。旗じるし。 「徽号徽章
【騎】 [音]
馬に乗る。 「騎虎きこ)・騎射騎馬
馬に乗った人。 「騎士騎手騎兵単騎
【 騏 】 [音]
すぐれた馬。 「騏驥きき)・騏驎きりん)」
【 饑 】 [音]
うえる。 「饑餓饑渇饑寒饑饉ききん)」
【 羈 】 [音]
つなぎとめる。つなぐもの。きずな。 「羈束羈絆きはん)」
旅。 「羈旅
【 驥 】 [音]
一日千里を走る馬。名馬転じて俊才。 「驥足驥尾騏驥


読み方:おに

(1)頑強体躯を持つ怪物として描かれる空想的・伝説的な怪物超人的な力と情け容赦ない性格持ち主として語られることが多い。 (2)鬼を連想させるほどの力強さ大きさ、あるいは非道さを形容する表現。 (3)程度甚だしさ強調する意味合いで用いられる表現。「鬼すごい」というように副詞的に用いられることが多い。

読み方:オニoni

人に危害加え空想上怪物妖怪変化


作者志賀直哉

収載図書志賀直哉小説選 3
出版社岩波書店
刊行年月1987.5


作者円地文子

収載図書日本幻想文学集成 26 円地文子 猫の草子
出版社国書刊行会
刊行年月1994.6

収載図書短篇、ここにあり
出版社筑摩書房
刊行年月2008.1
シリーズ名ちくま文庫


作者日影丈吉

収載図書崩壊
出版社河出書房新社
刊行年月1995.5
シリーズ名日影丈吉選集

収載図書日影丈吉全集 6
出版社国書刊行会
刊行年月2002.11


作者中上健次

収載図書中上健次全集 2
出版社集英社
刊行年月1995.9


作者木霊幽邃

収載図書みずからの世界
出版社新風舎
刊行年月1999.7


作者折原一

収載図書耳すます部屋
出版社講談社
刊行年月2000.2

収載図書耳すます部屋
出版社講談社
刊行年月2003.2
シリーズ名講談社文庫


作者織田作之助

収載図書聴雨織田作之助短篇集
出版社筑摩書房
刊行年月2000.4
シリーズ名ちくま文庫


作者ひろみ

収載図書大人のための面白童話
出版社郁朋社
刊行年月2001.4


作者佐藤元

収載図書ショートショートの広場 12
出版社講談社
刊行年月2001.5
シリーズ名講談社文庫


作者瀬戸内寂聴

収載図書瀬戸内寂聴全集 9 短篇
出版社新潮社
刊行年月2001.10


作者今江祥智

収載図書UFOすくい今江祥智ショートファンタジー
出版社理論社
刊行年月2005.3


作者江戸川乱歩

収載図書パノラマ島奇談新装版〕
出版社春陽堂書店
刊行年月1987.6
シリーズ名江戸川乱歩文庫

収載図書悪魔の紋章新装版〕
出版社角川書店
刊行年月1987.8
シリーズ名角川文庫

収載図書白髪鬼
出版社講談社
刊行年月1989.1
シリーズ名江戸川乱歩推理文庫

収載図書江戸川乱歩短篇 2 本格推理
出版社筑摩書房
刊行年月1998.6
シリーズ名ちくま文庫

収載図書目羅博士の不思議な犯罪江戸川乱歩全集 第8巻
出版社光文社
刊行年月2004.6
シリーズ名光文社文庫

収載図書幽霊塔 覆刻
出版社沖積舎
刊行年月2008.10
シリーズ名江戸川乱歩全集


作者橋本治

収載図書鞦韆橋本治短篇小説コレクション
出版社筑摩書房
刊行年月2006.4
シリーズ名ちくま文庫


作者星新一

収載図書ちぐはぐな部品 改版
出版社角川書店
刊行年月2006.6
シリーズ名角川文庫


作者瀧千賀子

収載図書冬の月
出版社瀧千賀子
刊行年月2006.8


作者岡部道男

収載図書幻想小説集 いいとこ床屋縁の下
出版社長崎出版
刊行年月2006.10


作者小島信夫

収載図書アメリカン・スクール 改版
出版社新潮社
刊行年月2008.1
シリーズ名新潮文庫


作者今邑彩

収載図書
出版社集英社
刊行年月2008.2


鬼(き)

作者綱淵謙錠

収載図書鬼(き)
出版社中央公論社
刊行年月1986.2
シリーズ名中公文庫


鬼(き)

作者橋本治

収載図書鞦韆
出版社白夜書房
刊行年月1988.4

収載図書鞦韆
出版社新潮社
刊行年月1991.5
シリーズ名新潮文庫


作者連城三紀彦

収載図書夢ごころ
出版社角川書店
刊行年月1988.5


作者吉川英治

収載図書名作短編集 2 柳生月影抄
出版社講談社
刊行年月1990.9
シリーズ名吉川英治歴史時代文庫

収載図書さむらい行儀無宿人国記吉川英治時代小説傑作
出版社学習研究社
刊行年月2003.3
シリーズ名学研M文庫


作者伊達一行

収載図書夜をめぐる13の短い物語
出版社阿部出版
刊行年月1990.10


作者若竹七海

収載図書ぼくのミステリ日常
出版社東京創元社
刊行年月1991.3
シリーズ名黄金の13


作者藤沢周平

収載図書神隠し市井小説
出版社青樹社
刊行年月1991.7

収載図書藤沢周平全集 第1巻
出版社文芸春秋
刊行年月1992.6

収載図書藤沢周平珠玉選 2 神隠し 市井小説
出版社青樹社
刊行年月1993.9


作者中薗英助

収載図書57人の見知らぬ乗客
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名講談社文庫


作者那須正幹

収載図書少年ブルース
出版社偕成社
刊行年月1993.1
シリーズ名偕成社文庫


読み方:おに

  1. 善キ吏員ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・山口県
  2. 巡査。〔第二類 人物風俗
  3. 巡査
  4. 巡査のことをいふ。くり。くわ。たちうらともいふ。〔犯罪語〕
  5. 〔犯〕巡査のこと。「クリ」「ヒネ」に同じ。詳細原語索引参照(※「原語索引」については解題参照)。
  6. 検事、又は巡査等を云ふ。「えんま」参照
  7. 検事、又は巡査をいう。「えんま」参照

分類 山口県、犯、犯罪犯罪


読み方:おに

  1. 借金取のことをいふ。又惨忍性を帯びた人をいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:キ(ki

作者 綱淵謙錠

初出 昭和52年

ジャンル 小説


読み方
おに
おにやなぎ
きさらぎ
みにわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 14:56 UTC 版)

(おに)は一般に、日本妖怪と考えられている、伝説上の存在。民話郷土信仰によく登場する。





出典:『Wiktionary』 (2012/03/11 02:38 UTC 版)

発音

名詞

  1. おに日本における代表的伝説上の生物世の中にに災厄与え妖怪としての存在の他、地獄獄卒とされる
  2. おに冷酷非情な人のたとえ。
  3. おに)特に勝負事において、すば抜け能力集中力有する人や動物
  4. おに遊戯において、(一時的に)他の遊戯者と別の不名誉な役をつとめる人。 

熟語

ことわざ


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



鬼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鬼」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鬼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鬼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS