鬼とは? わかりやすく解説

読み方:おに

(1)頑強体躯を持つ怪物として描かれる空想的伝説的怪物超人的な力と情け容赦ない性格の持ち主として語られることが多い。 (2)鬼を連想させるほどの力強さ大きさ、あるいは非道さを形容する表現(3)程度甚だしさ強調する意味合いで用いられる表現。「鬼すごい」というように副詞的にいられることが多い。

おに【鬼】

《「おん(隠)」の音変化で、隠れ見えないものの意とも》

【一】[名]

仏教陰陽道(おんようどう)に基づく想像上怪物人間の形をして、頭には角を生やし、口は横に裂けて鋭い牙(きば)をもち、裸で腰にトラの皮のふんどし締める。性質は荒く、手に金棒を握る。地獄には赤鬼青鬼が住むという。

1のような人の意から》

勇猛な人。「—の弁慶

冷酷無慈悲な人。「渡る世間に—はない」「心を—にする」

借金取り債鬼

㋓あるひとつの事に精魂を傾ける人。「仕事の—」「土俵の—」

鬼ごっこ隠れんぼうで、人を捕まえる役。「—さん、こちら」

紋所の名。鬼の形をかたどったもの。

目に見えない超自然存在

死人霊魂精霊。「異域の—となる」

㋑人にたたりをする化け物もののけ

南殿(なんでん)の—の、なにがし大臣(おとど)脅かしけるたとひ」〈源・夕顔

飲食物毒味役。→鬼食(おにく)い →鬼飲(おにの)み

鬼一口の毒の酒、是より毒の試みを—とは名付けそめつらん」〈浄・枕言葉

【二】[接頭]名詞に付く。

荒々しく勇猛である意を表す。「—将軍

残酷・無慈悲非情の意を表す。「—婆(ばば)」「—検事

外見魁偉(かいい)・異形であるさま、また大形であるさまを表す。「—歯」「—やんま」

[補説] 近年俗に程度はなはだしいさまを表すのにも用いられる。「—のように忙しい」「—うまい」「—電(でん)(=短時間何度も電話をかけること)」
作品別項。→鬼

[下接語] 異郷の鬼牛鬼・屈(かが)み鬼・隠れ鬼心の鬼人鬼向かい鬼雪鬼


おに【鬼】


き【鬼】

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]おに

[一]〈キ〉

死者霊魂亡霊。「鬼哭(きこく)・鬼神幽鬼

死者あの世。「鬼籍鬼録

この世のものとも思われない恐るべき存在化け物。「鬼気鬼道悪鬼疫鬼餓鬼邪鬼吸血鬼

冷酷人間のたとえ。「鬼畜債鬼殺人鬼

人間わざではない。「鬼才鬼謀

[二]〈おに〉「鬼子鬼火青鬼赤鬼

難読天邪鬼(あまのじゃく)・鬼遣(おにやらい)・鬼灯(ほおずき)


き【鬼】

異類異形ばけもの。おに。

「其(その)霊魂—となりて我輩終生苦しめん」〈織田訳・花柳春話

死者霊魂

いかなる賤しき者までも、死しては霊(りゃう)となり—となりて」〈太平記三四

二十八宿の一。南方第二宿。(かに)座の中心部にある四星をさす。たまおのほしたまほめぼし鬼宿


読み方:オニoni

人に危害加え空想上怪物妖怪変化


作者志賀直哉

収載図書志賀直哉小説選 3
出版社岩波書店
刊行年月1987.5


作者円地文子

収載図書日本幻想文学集成 26 円地文子 猫の草子
出版社国書刊行会
刊行年月1994.6

収載図書短篇、ここにあり
出版社筑摩書房
刊行年月2008.1
シリーズ名ちくま文庫


作者日影丈吉

収載図書崩壊
出版社河出書房新社
刊行年月1995.5
シリーズ名日影丈吉選集

収載図書日影丈吉全集 6
出版社国書刊行会
刊行年月2002.11


作者中上健次

収載図書中上健次全集 2
出版社集英社
刊行年月1995.9


作者木霊幽邃

収載図書みずからの世界
出版社新風舎
刊行年月1999.7


作者折原一

収載図書耳すます部屋
出版社講談社
刊行年月2000.2

収載図書耳すます部屋
出版社講談社
刊行年月2003.2
シリーズ名講談社文庫


作者織田作之助

収載図書聴雨織田作之助短篇集
出版社筑摩書房
刊行年月2000.4
シリーズ名ちくま文庫


作者ひろみ

収載図書大人のための面白童話
出版社郁朋社
刊行年月2001.4


作者佐藤元

収載図書ショートショートの広場 12
出版社講談社
刊行年月2001.5
シリーズ名講談社文庫


作者瀬戸内寂聴

収載図書瀬戸内寂聴全集 9 短篇
出版社新潮社
刊行年月2001.10


作者今江祥智

収載図書UFOすくい今江祥智ショートファンタジー
出版社理論社
刊行年月2005.3


作者江戸川乱歩

収載図書パノラマ島奇談新装版〕
出版社春陽堂書店
刊行年月1987.6
シリーズ名江戸川乱歩文庫

収載図書悪魔の紋章新装版〕
出版社角川書店
刊行年月1987.8
シリーズ名角川文庫

収載図書白髪鬼
出版社講談社
刊行年月1989.1
シリーズ名江戸川乱歩推理文庫

収載図書江戸川乱歩短篇 2 本推理
出版社筑摩書房
刊行年月1998.6
シリーズ名ちくま文庫

収載図書目羅博士の不思議な犯罪江戸川乱歩全集 第8巻
出版社光文社
刊行年月2004.6
シリーズ名光文社文庫

収載図書幽霊塔 覆刻
出版社沖積舎
刊行年月2008.10
シリーズ名江戸川乱歩全集


作者橋本治

収載図書鞦韆橋本治短篇小説コレクション
出版社筑摩書房
刊行年月2006.4
シリーズ名ちくま文庫


作者星新一

収載図書ちぐはぐな部品 改版
出版社角川書店
刊行年月2006.6
シリーズ名角川文庫


作者千賀

収載図書冬の月
出版社千賀
刊行年月2006.8


作者岡部道男

収載図書幻想小説集 いいとこ床屋の縁の下
出版社長崎出版
刊行年月2006.10


作者小島信夫

収載図書アメリカン・スクール 改版
出版社新潮社
刊行年月2008.1
シリーズ名新潮文庫


作者今邑彩

収載図書
出版社集英社
刊行年月2008.2


鬼(き)

作者綱淵謙錠

収載図書鬼(き)
出版社中央公論社
刊行年月1986.2
シリーズ名中公文庫


鬼(き)

作者橋本治

収載図書鞦韆
出版社白夜書房
刊行年月1988.4

収載図書鞦韆
出版社新潮社
刊行年月1991.5
シリーズ名新潮文庫


作者連城三紀彦

収載図書夢ごころ
出版社角川書店
刊行年月1988.5


作者吉川英治

収載図書名作短編集 2 柳生月影抄
出版社講談社
刊行年月1990.9
シリーズ名吉川英治歴史時代文庫

収載図書さむらい行儀無宿人国記吉川英治時代小説傑作
出版社学習研究社
刊行年月2003.3
シリーズ名学研M文庫


作者伊達一行

収載図書をめぐる13の短い物語
出版社阿部出版
刊行年月1990.10


作者若竹七海

収載図書ぼくのミステリ日常
出版社東京創元社
刊行年月1991.3
シリーズ名黄金の13


作者藤沢周平

収載図書神隠し市井小説
出版社青樹社
刊行年月1991.7

収載図書藤沢周平全集 第1巻
出版社文芸春秋
刊行年月1992.6

収載図書藤沢周平珠玉選 2 神隠し 市井小説
出版社青樹社
刊行年月1993.9


作者中薗英助

収載図書57人の見知らぬ乗客
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名講談社文庫


作者那須正幹

収載図書少年ブルース
出版社偕成社
刊行年月1993.1
シリーズ名偕成社文庫


読み方:おに

  1. 善キ吏員ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・山口県
  2. 巡査。〔第二類 人物風俗
  3. 巡査
  4. 巡査のことをいふ。くり。くわ。たちうらともいふ。〔犯罪語〕
  5. 〔犯〕巡査のこと。「クリ」「ヒネ」に同じ。詳細原語索引参照(※「原語索引」については解題参照)。
  6. 検事、又は巡査等を云ふ。「えんま」参照
  7. 検事、又は巡査をいう。「えんま」参照

分類 山口県、犯、犯罪犯罪


読み方:おに

  1. 借金取のことをいふ。又惨忍性を帯びた人をいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:キ(ki

作者 綱淵謙錠

初出 昭和52年

ジャンル 小説


読み方
おに
おにやなぎ
きさらぎ
みにわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 02:03 UTC 版)

(おに、英語: demon)は、一般に日本妖怪と考えられている、伝説上の存在。民話郷土信仰によく登場する。





出典:『Wiktionary』 (2021/03/16 09:24 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. おに日本における代表的伝説上の生物世の中災厄与え妖怪としての存在の他、地獄獄卒とされる。
  2. おに冷酷非情な人のたとえ。
  3. おに)特に勝負事において、すば抜けた能力集中力有する人や動物
  4. おに遊戯において、(一時的に)他の遊戯者と別の不名誉な役をつとめる人。 

熟語

ことわざ


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「鬼」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鬼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鬼」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鬼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鬼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS