巫とは?

ふ【×巫】

人名用漢字] [音]フ(慣) [訓]かんなぎ

神霊と交わる呪術師シャーマン。みこ。「巫覡(ふげき)・巫蠱(ふこ)・巫祝巫術巫女(ふじょ)」

難読巫山戯(ふざけ)る・巫女(みこ)


きね【×巫/巫覡】

神に仕える人。神官巫女(みこ)。

あしひきの山のさかきはときはなる影に栄ゆる神の—かな」〈拾遺神楽歌


かみ‐なぎ【×巫/×覡】

かんなぎ」に同じ。


かむ‐なぎ【×巫/×覡】


かん‐なぎ【×巫/×覡】

《「神和(かんな)ぎ」の意。「かむなぎ」とも表記》神に仕えて、神楽を奏して神意慰めまた、神降ろしなどをする人。男を「おかんなぎ(覡)」、女を「めかんなぎ(巫)」という。令制では神祇官所管五人が置かれ、古代社会司祭者の遺風を存した。こうなぎ。みこ。いちこ。


こう‐なぎ〔かう‐〕【×巫/×覡】

かんなぎ」の音変化


かみ‐なぎ【巫】

〔名〕 =かんなぎ(巫)

霊異記810‐824)下「卜者(カミナギ)に託(くる)ひて言はく『其の産める二つの石は、是れ我が子なり』といふ〈真福寺訓釈 卜者 可三那支〉」


かむ【巫】

〔名〕 ⇒かん(巫)


かむ‐なぎ【巫】

〔名〕 ⇒かんなぎ(巫)


かん【巫】

〔名〕 (「かむ」と表記) =かんなぎ(巫)

東宮年中行事(12C後か)六月「くら人しそくをさして、御かむあひそひてこれをみちびく」


かん‐なぎ【巫・覡】

〔名〕 (古くは「かんなき」。「かむなぎ」とも表記) 神に仕え神楽(かぐら)を奏して神意なぐさめたり、神おろしをしたりする人。通常は、女性がなる。みこ。こうなぎかみなぎ神子(かんこ)。かん。

巫〈七十一番職人歌合〉の画像

書紀720皇極三年七月図書寮本訓)「巫覡(カムナキ)等遂に神語(こと)に詐託(あさむ)きて曰く

伊勢物語(10C前)六五「陰陽師かむなぎよびて、恋せじといふ祓(はらへ)の具してなむいきける」


こう‐なぎ かう‥ 【巫・覡】

〔名〕 (「かんなぎ(巫)」の変化した語) 神に仕え神楽を奏して、神意をうかがったり、神おろしをしたりする人。

栄花(1028‐92頃)後悔大将「かうなぎをば、御車の口の方に乗せたり」


ふ【巫】

〔名〕 みこ。かんなぎ

自然真営道(1753頃か)大序儒仏老荘巫書、皆此例也」〔礼記‐礼運〕


読み方:カンナギ(kannagi)

神にいつき仕える人。

別名


かんなぎ 【巫・覡】

日本で、神に仕え神意を伺って神おろしなどをする人。語意神和または神願という(カンカムとも)。女は巫、男はで、上代ほど女が多い。市子どのようにこれを生業とする人も現れ賤業視された。→ 市子

Wu

はじめ宜都郡の属県から、建安二十一年(二一六)に再編されて益州巴東郡、のちに建平郡属す

督軍民事向朗

県令

県人張脩


Wu

→巫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 21:20 UTC 版)

(ふ、かんなぎ)は、巫覡(ふげき)とも言い、を祀り神に仕え、神意を世俗の人々に伝えることを役割とする人々を指す。女性は「巫」、男性の場合は「覡」、「祝」と云った。「神和(かんな)ぎ」の意。


  1. ^ 桜井徳太郎「日本巫俗の特徴」『桜井徳太郎著作集第七巻 東アジアの民俗宗教』吉川弘文館、1987。
  2. ^ 今井弘 (2011年11月3日). 古代の中国文化を探る‐道教と煉丹術‐. 関西大学出版部 



出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 16:50 UTC 版)

発音

熟語

運用

2015年1月7日

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「巫」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

巫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



巫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2021 mujin. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの巫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS