巫覡とは?

ふ‐げき【××覡】

神に仕えて、祈祷や神おろしをする人。「巫」は女性、「覡」は男性にいう。巫者

「—卜相(ぼくそう)の徒の前に首(こうべ)を俯せんよりは」〈露伴運命


かみ‐なぎ【×巫/×覡】

かんなぎ」に同じ。


きね【×巫/巫覡】

神に仕える人。神官巫女(みこ)。

あしひきの山のさかきはときはなる影に栄ゆる神の—かな」〈拾遺神楽歌


こう‐なぎ〔かう‐〕【×巫/×覡】

かんなぎ」の音変化


かん‐なぎ【×巫/×覡】

《「神和(かんな)ぎ」の意。「かむなぎ」とも表記》神に仕えて、神楽を奏して神意慰めまた、神降ろしなどをする人。男を「おかんなぎ(覡)」、女を「めかんなぎ(巫)」という。令制では神祇官所管五人が置かれ、古代社会司祭者の遺風を存した。こうなぎ。みこ。いちこ。


かむ‐なぎ【×巫/×覡】


き‐ね【巫覡】

〔名〕 神に仕える人。神楽(かぐら)を奏し、祝詞(のりと)をあげて神意うかがい、それを人々伝える、神と人間とのなかだちをする人。神官巫女(みこ)いずれにもいう。

神楽歌(9C後)採物「〈末〉八度(やたび) 置けど枯れせぬ 榊葉立ち栄ゆべき 神の支禰(キネ)かも」


ふ‐げき【巫覡】

〔名〕 (「ふ」は「巫」の慣用音、「ぶ」は漢音。「ぶげき」とも) 神仏勧請し霊の口よせをする者。神がかりとなって、人の未来吉凶禍福予言する者。女を巫、男を覡という。

続日本紀天平勝宝四年(752)八月庚寅「捉京師巫覡十七、配伊豆、隠伎、土左遠国


巫覡

読み方:ブゲキ(bugeki)

神と人との感応媒介する者


巫覡

読み方:フゲキ(fugeki)

神仙勧請して神がかりし、口寄せをする巫女男性の覡。


(巫覡 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 21:20 UTC 版)

(ふ、かんなぎ)は、巫覡(ふげき)とも言い、を祀り神に仕え、神意を世俗の人々に伝えることを役割とする人々を指す。女性は「巫」、男性の場合は「覡」、「祝」と云った。「神和(かんな)ぎ」の意。


  1. ^ 桜井徳太郎「日本巫俗の特徴」『桜井徳太郎著作集第七巻 東アジアの民俗宗教』吉川弘文館、1987。
  2. ^ 今井弘 (2011年11月3日). 古代の中国文化を探る‐道教と煉丹術‐. 関西大学出版部 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「巫覡」の関連用語

巫覡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



巫覡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの巫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS