化身とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 化身の意味・解説 

け‐しん【化身】

[名](スル)

仏語世の人を救うために人の姿となって姿を現した仏。応身(おうじん)。

神仏などが姿を変えてこの世現れること。また、そのもの。「神の化身」「悪魔の化身」

抽象的無形観念などが、形をとって現れたもの。「美の化身」

歌舞伎で、化け物などのこと。また、それに扮(ふん)するときの隈取(くまど)り。


化身

読み方:カシン(kashin)

神仏が姿をかえて、この世生まれて来ること


化身

作者大江弘子

収載図書ゆきのまち幻想文学小品集 1
出版社NTTメディアスコープ
刊行年月1991.6


化身

作者西村寿行

収載図書鬼が哭く谷
出版社徳間書店
刊行年月2000.1
シリーズ名徳間文庫


化身

作者一原有徳

収載図書クライン・ブルーの石一原有徳山行小説集」
出版社現代企画室
刊行年月2001.6


化身

作者たからしげる

収載図書落ちてきた時間
出版社パロル舎
刊行年月2003.5
シリーズ名貘の図書館シリーズ


化身

作者柳谷郁子

収載図書夏子系譜
出版社三月書房
刊行年月2005.12


化身

作者知徳

収載図書美女の譜
出版社書房
刊行年月2007.12


化身

読み方:けしん

  1. 役者が顔の隈取一種

分類 東京芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

化身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/17 20:48 UTC 版)

化身(けしん)






「化身」の続きの解説一覧

化身

出典:『Wiktionary』 (2017/05/14 16:11 UTC 版)

名詞

けしん、かしん)

  1. 神仏教化のために姿変えこの世現れること。また、その姿
  2. 抽象的概念具体的をとって現われたもの。
  3. 歌舞伎妖怪変化また、それに扮する際の隈取

発音

け↗しん
か↗しん

類義語

動詞

活用

サ行変格活用
化身-する



化身と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化身」の関連用語

化身のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



化身のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化身 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの化身 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS