サティー_(ヒンドゥー教)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > サティー_(ヒンドゥー教)の意味・解説 

サティー (ヒンドゥー教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/10 07:35 UTC 版)

サティーサッティ[1]Sati, सती) は、ヒンドゥー社会における慣行で、寡婦が夫の亡骸とともに焼身自殺をすることである。日本語では「寡婦焚死」または「寡婦殉死」と訳されている。本来は「貞淑な女性」を意味する言葉であった。




[ヘルプ]
  1. ^ 古い日本語における音写。1963年初版発行の江口清翻訳による『八十日間世界一周』などが「サッティ」表記を採用している。
  2. ^ 『世界歴史大系 南アジア史2 中世・近世』 p.324
  3. ^ 『世界の女性史15 サリーの女たち』p.245
  4. ^ 『中国とインドの諸情報 第一の書』 p.68
  5. ^ 『大旅行記 (4)』 p.309-313
  6. ^ 『ムガル帝国誌』 p.94-108
  7. ^ ベンガル地方やアッサム地方のヒンドゥー法は、改革派と呼ばれるダーヤバーガ派に属する。それ以外のインド全域は、正統派と呼ばれるミタークシャラー派に属する。
  8. ^ 1811年、ローイのまだ若い義姉がサティーによって死んでいる。
  9. ^ 『キリスト教歴史2000年史』p.572
  10. ^ 1782年、ニザーム藩王国の領土であった北デカンのジャールナープルでの儀式の様子である。東インド会社のイギリス人がたまたま通りかかり、儀式の様子に驚き、寡婦を駐屯地に連れて帰ってしまった。
  11. ^ 『インド神話入門』 p.99
  12. ^ 『インド神話入門』 p.39


「サティー (ヒンドゥー教)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サティー_(ヒンドゥー教)」の関連用語

サティー_(ヒンドゥー教)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サルナシ

一般車

螺節竹

八島湿原の蛙鳴

V字がけ

鼻瘤悪尉

シェルチョコレート

ニュースメイト





サティー_(ヒンドゥー教)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサティー (ヒンドゥー教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS