9世紀とは? わかりやすく解説

9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/27 09:52 UTC 版)

9世紀(きゅうせいき)は、西暦801年から西暦900年までの100年間を指す世紀




「9世紀」の続きの解説一覧

9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 02:29 UTC 版)

サセックス王国」の記事における「9世紀」の解説

825年、南サクソン人たちは、ウェセックス王国エグバート服し以降は西サクソン人王朝従ったその後サセックス伯領 (earldom) は、しばしば隣接するケント伯領と一体化されることもあったようだ。 895年以降サセックスデーン人ヴァイキング)の継続的な襲来を受けるようになり、これはクヌート大王デンマーク王クヌーズ2世)のイングランド王即位1016年)まで続いたが、その後ゴドウィン一族ノルマン人という2大勢力が台頭したゴドウィンおそらくはサセックス出身一族であり、エドワード懺悔王証聖王)の統治のころには、サセックス州3分の1は、ゴドウィン一族の手握られていた。

※この「9世紀」の解説は、「サセックス王国」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「サセックス王国」の記事については、「サセックス王国」の概要を参照ください。


9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 08:19 UTC 版)

地震の年表 (日本)」の記事における「9世紀」の解説

地震年表では、前後時代比較し9世紀に地震増加している。これは、実際に地震多く発生したではなく中央集権体制整い為政者側が積極的に情報収集した人為的効果可能性考えられている。記録疑わしく存在疑問視されている地震もあり、疑問視されている記録には※印を付している。 818年8月ごろ(弘仁9年7月弘仁地震 - M7.9、上野国武蔵国などの関東内陸液状化を伴う地震死者多数(『類聚国史』)山が崩れ里の谷が埋まり数え切れないほど人々圧死した上野国こうずけのくに)などの境では地震で潦(にわたずみ)ができた(『類聚るいじゅう国史』)。 827年8月7日8月11日)(天長4年7月12日京都地震(『類聚国史』) - M6.5 - 7。 830年1月30日2月3日)(天長7年1月3日天長地震(『類聚国史』) - M7 - 7.5。 841年前半承和8年5月3日以前伊豆国地震 - M7けが人・圧没者あり(『続日本後紀』)。丹那断層2つ前の活動見られている850年11月23日11月27日)(嘉祥3年10月16日出羽地震 - M7圧死多数(『文徳実録』、『日本三代実録』)。 863年7月6日7月10日)(貞観5年6月17日越中・越後地震 - 圧死多数(『日本三代実録』)。直江津付近にあった数個小島壊滅した伝えられる※。記録疑わしいとする見解もある。 864年6月貞観6年5月富士山噴火(『日本三代実録』)(青木ヶ原樹海作った貞観大噴火)、阿蘇山噴火867年11月16日貞観9年10月13日陸奥国大地震868年7月30日8月3日)(貞観10年7月8日播磨国地震(『日本三代実録』) - M7台。兵庫県山崎断層帯活動よるもの思われている。 869年7月9日7月13日)(貞観11年5月26日夜) 貞観地震 - M8.3 - 8.6(Mw>8.7)、陸奥国地大震動地震に伴う津波貞観津波)の被害甚大で死者約1,000人(『日本三代実録』)。多賀城損壊津波堆積物調査から震源域岩手県沖〜福島県沖、または茨城県沖連動型超巨大地震可能性指摘される東北地方太平洋側繰り返し発生していると推定されるM9クラス地震の候とされる878年10月28日11月1日)(元慶2年9月29日相模・武蔵地震 - M7.4、圧死多数京都でも揺れ感じられる(『日本三代実録』)。伊勢原断層活動時期に合致するとする説と、館山市海岸見出され900年ごろと推定される津波堆積物から相模トラフプレート境界地震とする説がある。 880年11月19日11月23日)(元慶4年10月14日出雲地震 - M7(『日本三代実録』)。 886年6月29日7月3日)(仁和2年5月24日伊豆諸島噴火安房の国降灰地震(『日本三代実録』)。 887年7月29日8月2日)(仁和3年7月6日京都地震 - M6.5(『日本三代実録』)。越後西部津波による溺死者は1,000人にのぼったとされる※。 8月22日8月26日)(仁和3年7月30日信濃北部地震 ※ - 存在がほぼ否定される。『扶桑略記』の山崩れ洪水記述から今村明恒唱える河内平が日付誤記があり存在しない地震であると指摘し、その見方が強い。 仁和地震南海道沖または、南海トラフ全域震源域とする説あり) - M8 - 8.5五畿七道諸国大震京都摂津中心に死者多数津波あり(『日本三代実録』)。南海道沖の地震の記録だが地質調査によればほぼ同時期東海道沖震源域となった可能性あり。石橋克彦は、この地震によって八ヶ岳山体崩壊起こし形成され堰止湖888年6月20日仁和4年5月8日)に決壊したとの仮説唱えた

※この「9世紀」の解説は、「地震の年表 (日本)」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「地震の年表 (日本)」の記事については、「地震の年表 (日本)」の概要を参照ください。


9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/24 06:24 UTC 版)

スロバキア語の歴史」の記事における「9世紀」の解説

ニトラ公国833年まで)がスロバキアおよびモラヴィア王国成立スラヴ祖語派のort-や-olt-がrat-やlat-(これらは現在の標準スロバキア語にある)に変化した方言中央スロバキア存在した例えば、モラヴィアラスチスラフチェコ語ロスティスラフ)などである。さらに、スラヴ祖語di-、-ti-はdz-、-c-に変化している(この変化は9世紀以前に起こった)。 863年以前ラテン語がおそらくこの地域で行政および典礼のための言語として用いられていた。 863年コンスタンティノスキリル)とメトディウスen)がモラヴィア王国訪れた885年までモラヴィアではテッサロニケ地方由来のマケドニア・スラヴ語(古代教会スラヴ語ともいわれるが行政、文学および典礼のための言語となり、グラゴル文字用いられた。ラテン語同時に用いられ続けた初期古代教会スラヴ語の文の中にはモラヴィア王国およびパンノニアスラヴ系住民当時スラヴ語の文でSlovieneと呼ばれていた)が用いた言語要素含まれているものがあるまた、グラゴル文字コンスタンティノスが特にモラヴィアにおける宣教のために作り出したものであったが、dz対応するgの文字含まれ当時はモラヴィアでのみ用いられた(現在もスロバキア語用いられており、後にポーランドおよび一時的にではあるボヘミアでも用いられた)。一方、それはマケドニア方言では用いられていなかった。 885年モラヴィアにおけるスラヴ語使用古代教会スラヴ語)が教皇により禁止されたラテン語が再び行政および典礼のための言語となったキリルメトディウス弟子たちブルガリアクロアチア、そして後にボヘミアロシアなどの外国に逃れた

※この「9世紀」の解説は、「スロバキア語の歴史」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「スロバキア語の歴史」の記事については、「スロバキア語の歴史」の概要を参照ください。


9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 19:05 UTC 版)

アサシン クリードシリーズにおける年表」の記事における「9世紀」の解説

873年 エイヴォルが、故郷ノルウェーを去る決断をし、イングランド豊かな土地移住する恐ろし悪夢によって住民苦しめられていると言うスカイ島元凶を断つ為にスカイ島訪れたエイヴォルは、悪夢産み出している元凶秘宝探していると言うカサンドラ出会う二人協力して秘宝探し出し悪夢元凶を断つ事に成功する

※この「9世紀」の解説は、「アサシン クリードシリーズにおける年表」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「アサシン クリードシリーズにおける年表」の記事については、「アサシン クリードシリーズにおける年表」の概要を参照ください。


9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 17:33 UTC 版)

ジルオール」の記事における「9世紀」の解説

マノンメガ仕え魔導アカデミー創設シャローム師事し強大な魔力を得ると、アリアロが破った封印を再び完全な状態にするため、命を捨てて腕輪自らのソウル封じこめ、再び魔導の塔を封じる【征服帝】ランガスター 大陸大半手中にするが、統一望まない竜王支援受けた七竜士(アローラ=リュー・ファーロス・ハイバーン・サーザナイト・ディアス・アードルディック・ハース)に敗北し戦死。ランガスターの子帝位をつぐが、後継者争い破れ都を追われる各地有力者独立皇帝乱立しディンガル帝国は分裂状態となる。

※この「9世紀」の解説は、「ジルオール」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「ジルオール」の記事については、「ジルオール」の概要を参照ください。


9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 04:20 UTC 版)

キリスト教年表」の記事における「9世紀」の解説

829年 伝道師アンスガル北欧ヘーゼビュービルカ布教850年代にもビルカ布教する抵抗遭い失敗する844年 聖餐論争。[要出典] 846年 イスラム軍が東ローマ帝国攻撃する848年 二重予定説論争。[要出典] 860年 ノルマン人ルーシウクライナロシアなど東スラヴ地域)を支配する865年 聖書古代教会スラヴ語翻訳される867年 西のローマ東のコンスタンティノープル教会一時的に分裂する869年 第4コンスタンティノポリス公会議開かれる878年 イスラム軍がシチリア島占領する

※この「9世紀」の解説は、「キリスト教年表」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「キリスト教年表」の記事については、「キリスト教年表」の概要を参照ください。


9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 08:34 UTC 版)

化学元素発見の年表」の記事における「9世紀」の解説

年表:9世紀 1000年頃 - 亜鉛中国インドでは既に認識されており、インド12世紀には不完全ながらも単離されていた。ヨーロッパで1526年錬金術師パラケルスススイス)により発見。

※この「9世紀」の解説は、「化学元素発見の年表」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「化学元素発見の年表」の記事については、「化学元素発見の年表」の概要を参照ください。


9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 20:57 UTC 版)

西洋音楽年表」の記事における「9世紀」の解説

現存するネウマ譜による最古の聖歌集

※この「9世紀」の解説は、「西洋音楽年表」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「西洋音楽年表」の記事については、「西洋音楽年表」の概要を参照ください。


9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 08:43 UTC 版)

飢饉の一覧」の記事における「9世紀」の解説

800年1000年 - 重大な干ばつにより、100万以上のマヤ人々飢え渇き死亡し文明消滅する原因となる国内崩壊始まった809年 - フランク王国飢饉875年884年 - 唐で飢饉により農民反乱が勃発黄巣首都占領

※この「9世紀」の解説は、「飢饉の一覧」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「飢饉の一覧」の記事については、「飢饉の一覧」の概要を参照ください。


9世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 06:03 UTC 版)

フランスの歴史年表」の記事における「9世紀」の解説

年日事件800年 12月25日 ローマ教皇レオ3世シャルルマーニュをインペラートル・アウグストゥスとして戴冠した811年 アイデル河畔の平和:シャルルマーニュデンマーク王ヘミングの間で結ばれフランク王国デンマーク王国国境アイダー川定めた812年 後ウマイヤ朝アミールハカム1世フランク王国侵攻追認814年 1月28日 シャルルマーニュ死去唯一生存していた男子ルイ1世敬虔王帝国相続した840年 6月20日 ルイ1世敬虔王死去長子ロタール1世が弟のルートヴィヒ2世ドイツ人王とシャルル2世禿頭王を抑えてフランク王国帝位についた843年 ヴェルダン条約ルートヴィヒ2世ドイツ人王とシャルル2世禿頭王が手を結びロタール1世勝利したためロタール妥協したその結果フランク王国は分割され、シャルル2世西フランク王国を、ロタール1世中フランク王国フランク王位を、ルートヴィヒ2世東フランク王国を、それぞれ得た西フランク王国東フランク王国現在のフランスとドイツの礎となった875年 12月29日 ローマ教皇ヨハネス8世シャルル2世に対してローマ皇帝戴冠行った876年 10月8日 アンデルナハの戦いルートヴィヒ2世ドイツ人王が亡くなった後、遺領侵略目論むシャルル2世禿頭王がアンデルナハでカールマン2世ルートヴィヒ2世遺児敗北877年 10月6日 カールマン2世大軍避けて北イタリアから撤退している最中シャルル2世病死。子のルイ2世吃音王が西フランク王位を継承879年 4月10日 病弱なルイ2世吃音王が死去、子のルイ3世カルロマン2世がともに王位選出された。 880年 3月 ルイ3世カルロマン2世アミアン王国の分割についての条約署名ルイ3世はニュストリアを、カルロマン2世ブルゴーニュアキテーヌ獲得882年 8月5日 ルイ3世死去カルロマン2世単独王になる884年 12月12日 カルロマン2世死去、すでに東フランク王国国王に即位していたシャルル肥満王が西フランク王国継承フランク王国全体一時的に統一888年 1月13日 シャルル肥満王が嫡子のないまま死去フランク王国は再び分割されこれ以降統一されることはなかった。 2月 パリ包囲戦ノルマン人撃退したウード西フランク王即位また、ポワティエ家ラヌルフ2世アキテーヌ公即位898年 1月1日 ウード死去子等全員早逝したためルイ2世吃音王の遺児シャルル3世単純王が西フランク王即位カロリング朝復活した

※この「9世紀」の解説は、「フランスの歴史年表」の解説の一部です。
「9世紀」を含む「フランスの歴史年表」の記事については、「フランスの歴史年表」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「9世紀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「9世紀」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「9世紀」の関連用語

9世紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



9世紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの9世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサセックス王国 (改訂履歴)、地震の年表 (日本) (改訂履歴)、スロバキア語の歴史 (改訂履歴)、アサシン クリードシリーズにおける年表 (改訂履歴)、ジルオール (改訂履歴)、キリスト教年表 (改訂履歴)、化学元素発見の年表 (改訂履歴)、西洋音楽年表 (改訂履歴)、飢饉の一覧 (改訂履歴)、フランスの歴史年表 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS