布教とは? わかりやすく解説

ふ‐きょう〔‐ケウ〕【布教】

読み方:ふきょう

[名](スル)ある宗教一般に広めること。「各地回って―する」「―活動


ふきょう 【布教】

宗教教え布く広く行きわたらせる)こと。説教などで、それを任とする人を布教師とか説教師とかいう

宣教

(布教 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/13 06:31 UTC 版)

宣教(せんきょう)とは




「宣教」の続きの解説一覧

布教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 06:19 UTC 版)

ミーム」の記事における「布教」の解説

宗教生き残るには、布教が教義一部になってなくてはならない。布教という戦略ミーム持った文化要素は、生き残るのに有利である町中布教活動していないならば、信者自分の子供に布教しなければ宗教存続難しい。

※この「布教」の解説は、「ミーム」の解説の一部です。
「布教」を含む「ミーム」の記事については、「ミーム」の概要を参照ください。


布教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 09:24 UTC 版)

神慈秀明会」の記事における「布教」の解説

旧体制呼ばれた過去時代と、新体制呼ばれている最近では、布教に対する姿勢が全く異なっている。 最近の布教は、不自然な布教活動廃し受け身型の布教が主になっている社会活動(#NGO活動太鼓演奏美術館など)を通じ教団間接的宣伝や、信者信仰姿勢興味を持った人の自発的な入信などである。2008年現在、同教団に入会するには、教団信者による紹介による布教が原則となっている。 過去旧体制時代には、駅前・大学施設近辺などで「あなたの健康と幸せお祈りさせて下さい」と、通行人に声をかけ、額に手をかざす宗教行為浄霊)を行う街頭布教がたいへん積極的に行われていた。他にも旧体制時代の布教方法には、駅前で声をかけ、浄霊を行う駅前デモンストレーション(略称「駅デモ」)、大学のキャンパス内で浄霊紹介する学内浄霊会、自宅一軒一軒訪問して布教する戸別訪問などがあった。この団体では、宗教団体であるという事実や神慈秀明会という名称を隠して布教するようなことは原則的に行わなかった。 布教において宣伝をしていたことは、教団入信することで多数発生するとされている奇跡奇瑞現象や、建設中建設物がいかに素晴らしい物であるかということ、そして、人類救済地上天国建設などといった壮大な目標実現する団体であるということであった。こういった積極的な布教は、最近では見受けることはほとんどない同教団が現在、積極的な布教を行っていない理由は、1996年末に体制一新し教団の方針が変わったからである詳細後節、#旧体制から新体制へを参照のこと。 神慈秀明会では、パンフレットポスティングによる宣伝は、教義上の理由により、今も昔も行わない

※この「布教」の解説は、「神慈秀明会」の解説の一部です。
「布教」を含む「神慈秀明会」の記事については、「神慈秀明会」の概要を参照ください。


布教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/12 15:09 UTC 版)

リンディスファーン修道院」の記事における「布教」の解説

ノーサンブリア王国傘下に収めたリンディスファーン修道士たちはイングランド北部遊行して布教に努めた7世紀半ばマーシアペンダは聖エイダン後継者フィナンの手改宗しリッチフィールド司教座設置された。イングランド南部ローマ教皇庁から派遣されカンタベリーのアウグスティヌス設置したカンタベリー大司教座の勢力圏にあったが、一時キリスト教改宗したエセックス王国その後異教勢力復活しており、エイダン弟子チェド活躍によって信仰再興された。ノーサンブリア修道士たちはさらに海を越えてフリースラントフランク王国にまで布教の足跡残した

※この「布教」の解説は、「リンディスファーン修道院」の解説の一部です。
「布教」を含む「リンディスファーン修道院」の記事については、「リンディスファーン修道院」の概要を参照ください。


布教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 08:52 UTC 版)

真言宗泉涌寺派」の記事における「布教」の解説

教学講習会8月開催海外に直営寺院はない。北米自主開教文書伝道として、「天真」を発行

※この「布教」の解説は、「真言宗泉涌寺派」の解説の一部です。
「布教」を含む「真言宗泉涌寺派」の記事については、「真言宗泉涌寺派」の概要を参照ください。


布教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 17:49 UTC 版)

蓮如」の記事における「布教」の解説

蓮如の布教は、教義消息手紙)の形で分かりやすく説いた『御文』(『御文章』)を中心に行われた後に蓮如の孫、円如がこれを収集して五帖80通(『五帖御文』)にまとめた。これに含まれない消息は『帖外御文と言われ、倍くらいの数の消息数えられている。 また、これまで本願寺毎日勤行善導著作の『往生礼讃』を用い1日6つ分けてそれぞれの時間帯読経を行う六時礼讃行っていた。しかし、蓮如吉崎滞在中越前三門徒親鸞著作の『三帖和讃』を頻繁に唱えていた事からこれ取り入れと同時に勤行やり方全面的に改正し朝・夕親鸞著作の『正信念仏偈』(『正信偈』)と『三帖和讃』を唱える方式制定一般門徒広く受け入れられるようにした。こうして文明5年1473年3月吉崎にて『正信念仏偈』・『三帖和讃』の開版印刷が行われ、さらなる布教に邁進していった。 また、門徒個人が所有する道場」、村落ごとに形成された「惣道場」の本尊に「十字名号」(文明以降は、「六字名号」や「阿弥陀如来絵像」)を与えたその他の著作に『正信偈大意』『正信偈註釈』、信仰生活規範示した改悔文」(「領解文」)などがある。 また蓮如死後弟子達が蓮如言行録写し継いだ書物として『蓮如上人御一代記聞書』(『蓮如上人一代聞書』)全316箇条残されている。

※この「布教」の解説は、「蓮如」の解説の一部です。
「布教」を含む「蓮如」の記事については、「蓮如」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「布教」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

布教

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 03:18 UTC 版)

名詞

(ふきょう)

  1. 宗教広めること。

関連語

翻訳


「布教」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「布教」の関連用語

布教のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



布教のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宣教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミーム (改訂履歴)、神慈秀明会 (改訂履歴)、リンディスファーン修道院 (改訂履歴)、真言宗泉涌寺派 (改訂履歴)、蓮如 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの布教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS