貞観地震とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 貞観地震の意味・解説 

貞観地震

読み方:じょうがんじしん
別名:貞観三陸沖地震

西暦869年平安時代貞観11年)に現在の三陸沖震源として発生したとされる大規模地震。「日本三代実録」に記録が残されている。

貞観地震の地震規模マグニチュード8.3、あるいはそれ以上と推測されている。津波地震であり、地震それ自体被害さることながら併発した大津波貞観津波)が沿岸地域壊滅的被害をもたらした。

貞観地震は、「明治三陸地震」「昭和三陸地震」と同様、三陸沖震源とする「三陸沖地震」に含まれる三陸沖地震中でも貞観地震は特に規模大きく記録に残る中では日本史最大規模あったとされる。

2011年3月11日三陸沖発生した東北地方太平洋沖地震は、この貞観地震との類似点指摘されており、「貞観地震の再来」と形容する専門家もいる。地震規模津波の高さも貞観地震に並ぶ、日本史最大級地震となった。

貞観地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 01:59 UTC 版)

貞観地震(じょうがんじしん)は、平安時代前期の貞観11年5月26日ユリウス暦869年7月9日[2]グレゴリオ暦7月13日)に、日本陸奥国東方沖(日本海溝付近)の海底を震源域として発生したと推定されている巨大地震である。




注釈

  1. ^ 壁:しょう-へき。石・煉瓦・土などで築いた塀・垣根・囲い。
  2. ^
    十二月・・・十四日丁酉、遣使者於伊勢大神宮、奉幣。告文曰:「天皇我詔旨止、掛畏岐伊勢乃度會宇治乃五十鈴乃河上乃下都磐根爾大宮柱廣敷立、高天乃原爾千木高知天、稱言竟奉留天照坐皇大神乃廣前爾、恐美恐美毛申賜倍止申久。去六月以來、大宰府度度言上多良久:『新羅賊舟二艘、筑前國那珂郡乃荒津爾到來天豐前國乃貢調船乃絹綿乎掠奪天逃退多利。』又廳樓兵庫等上爾、依有大鳥之恠天卜求爾、鄰國乃兵革之事可在止卜申利。又肥後國爾地震風水乃灾有天、舍宅悉仆顛利、人民多流亡多利。如此之比古來未聞止、故老等毛申止言上多利。然間爾、陸奧國又異常奈留地震之灾言上多利。自餘國國毛、又頗有件灾止言上多利。傳聞、彼新羅人波我日本國止久岐世時與利相敵美來多利。而今入來境内天、奪取調物利天、無懼沮之氣、量其意況爾、兵寇之萌自此而生加、我朝久無軍旅久專忘警多利。兵亂之事、尤可慎恐。然我日本朝波所謂神明之國奈利。神明之助護利賜波、何乃兵寇加可近來岐。況掛毛畏岐皇大神波、我朝乃大祖止御座天、食國乃天下乎照賜比護賜利。然則他國異類乃加侮致亂倍久事乎、何曾聞食天、驚賜比拒卻介賜波須在牟。故是以王-從五位下-弘道王、中臣-雅樂少允-從六位上-大中臣朝臣-冬名等乎差使天、禮代乃大幣帛遠を、忌部-神祇少祐-從六位下-齋部宿禰-伯江加弱肩爾太襁取懸天、持齋令捧持天奉出給布。此狀乎平介久聞食天、假令時世乃禍亂止之天、上件寇賊之事在倍久物奈利止毛、掛毛畏支皇大神國内乃諸神達乎毛唱導岐賜比天、未發向之前爾沮拒排卻賜倍。若賊謀已熟天兵船必來倍久在波、境内爾入賜須天之、逐還漂沒女賜比天、我朝乃神國止畏憚禮來禮留故實乎澆多之失比賜布奈。自此之外爾、假令止之天、夷俘乃造謀叛亂之事、中國乃刀兵賊難之事、又水旱風雨之事、疫癘飢饉之事爾至萬天爾、國家乃大禍、百姓乃深憂止毛可在良牟乎波、皆悉未然之外爾拂卻鎖滅之賜天、天下無躁驚久、國内平安爾鎮護利救助賜比皇御孫命乃御體乎、常磐堅磐爾與天地日月共爾、夜護晝護爾護幸倍矜奉給倍止、恐美恐美毛申賜久止申。」
  3. ^ 『日本三代実録』貞観12年9月15日の条「潤清、長焉、真平等、才長於造瓦、預陸奥国修理府、料造瓦事、令長其道者相従伝習。」の解釈をめぐっては、律令官制では「府」は衛門府や衛士府など軍事的官衙に用いられ、鎮守府・大宰府ほか国府も軍事的性格を持つこと(岸俊男1984「国府と郡家」『古代宮都の探求』)から、固有名詞としての「陸奥国修理府」ではなく、「府」は「国府」を指し、拘束された新羅人潤清、長焉、真平等を陸奥国に預け「国府を修理し、瓦造りに従事」させたとする解釈(青森県史編さん委員会2001『青森県史資料編 古代1 文献史料』、二上玲子2013「文献史料からみた貞観地震に関する一考察」『市史せんだい』vol.22)も有力である。

出典

  1. ^ 日本三代実録
  2. ^ 宮城県石巻・仙台平野および福島県請戸川河口低地における869年貞観津波の数値シミュレーション (PDF)産業技術総合研究所活断層・地震研究センター)
  3. ^ 市川橋遺跡第一分冊 多賀城市文化財調査報告書第75集 (PDF) (多賀城市教育委員会)
  4. ^ 市川橋遺跡第二分冊 多賀城市文化財調査報告書第75集 (PDF) (多賀城市教育委員会)
  5. ^ 市川橋遺跡第三分冊 多賀城市文化財調査報告書第75集 (PDF) (多賀城市教育委員会)
  6. ^ a b c 吉田東伍(1906) (PDF) 吉田東伍 「貞観十一年 陸奥府城の震動洪溢」『歴史地理』 第8巻、第12号、1906年
  7. ^ a b 今村明恒(1934) 「三陸沿岸に於ける過去の津浪に就て」『東京帝国大学地震研究所 地震研究所彙報別冊』 第1号, 1934, pp.1-16, hdl:2261/13768
  8. ^ “第二十一巻 貞観地震からの復興〜前編”. ハザードラボ. (2013年7月26日). http://www.hazardlab.jp/think/news/detail/2/2/2234.html 2016年5月18日閲覧。 
  9. ^ 工藤雅樹1965「陸奥国分寺出土の宝相花文鐙瓦の製作年代について-東北地方における新羅系古瓦の出現」『歴史考古』第13号
  10. ^ 平川南1982「付章 律令制下の多賀城」『多賀城跡 政庁跡本文編』
  11. ^ 東北歴史博物館元館長 進藤秋輝 『多賀城Ⅳ期政庁の軒瓦』
  12. ^ “京都市:門川市長,祇園祭山鉾連合会吉田理事長共同記者会見”. 京都市. (2011年6月15日). http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000102786.html 2014年2月9日閲覧。 
  13. ^ 公卿補任」「蔵人補任」「国司補任」より
  14. ^ 保立道久の研究雑記 保立道久(2011): 地震火山19貞観地震翌々年の出羽鳥海山の噴火
  15. ^ 2011年 東北地方太平洋沖地震 過去に起きた大きな地震の余震と誘発地震東京大学地震研究所:広報アウトリーチ室)
  16. ^ 石巻市八幡遺跡宮城県教育委員会 2004年 「八幡遺跡」『沢田山西遺跡ほか-三陸縦貫自動車道建設関連遺跡調査報告書III-』宮城県文化財調査報告書第196集
  17. ^ a b 秋教昇・都司嘉宣・朴昌業・姜泰燮、「歴史時代の白頭山の火山活動」 東京大学地震研究所彙報 2011年 第86号 第1/2冊, NAID 110008915019, hdl:2261/51525
  18. ^ 藤井敏嗣、Newton, 2013年2月号、ニュートンプレス
  19. ^ 今村明恒(1936) 「日本に於ける過去の地震活動に就いて (未定稿)」 地震 第1輯 1936年 8巻 3号 p.121-134, doi:10.14834/zisin1929.8.121
  20. ^ 早川由紀夫(1999) 早川由紀夫(1999): 日本の地震噴火が9世紀に集中しているのはなぜだろうか?, 歴史地震, 第15号, 24.
  21. ^ 「浮かび上がるスーパーサイクル」日経サイエンス 2012年2月号
  22. ^ 「国史が語る千年前の大地動乱」日経サイエンス 2011年6月号
  23. ^ 阿賀野市立吉田東伍記念博物館 吉田東伍記念博物館友の会通信
  24. ^ 日本損害保険協会 (PDF) 特集2 東日本大震災と歴史津波
  25. ^ 蟹沢聰史「歌枕と津波」『地質学史懇話会会報』第41号、12〜19頁、2013年[1] (PDF)
  26. ^ 大津波の伝承 末の松山に絡む伝説 (PDF)
  27. ^ 渡邊偉夫 「869(貞観11)年の地震・津波と推定される津波の波源域」『津波工学研究報告』第17号、27-48、2000年、東北大学大学院工学研究科災害制御研究センター, NAID 110000554352
  28. ^ 南三陸海岸ジオパーク準備委員会編『南三陸・仙台湾地域のジオ・ツアーガイド』,2016年、東北大学東北アジア研究センター
  29. ^ 今村明恒 『鯰のざれごと』 三省堂、1941年
  30. ^ 飯沼勇義 『仙台平野の歴史津波 巨大津波が仙台平野を襲う』 宝文堂、1995年
  31. ^ 渡邊偉夫 「869(貞観11)年の地震・津波と推定される津波の波源域」『津波工学研究報告』第17号、27-48、2000年、東北大学大学院工学研究科災害制御研究センター, NAID 110000554352
  32. ^ 渡邊偉夫 「伝承から地震・津波の実態をどこまで解明できるか-貞観十一年(869年)の地震・津波を例として-」『歴史地震』第17号、130-146、2001年、なお『歴史地震』第17号の目次では「伝承から地震・津波の実態をどこまで解明できるか-貞観十一年(689年)の地震・津波を例として-」と表記されているが、これは事務局・編集者の手違いで、本文タイトルは間違いなく「伝承から地震・津波の実態をどこまで解明できるか-貞観十一年(869年)の地震・津波を例として-」・英文タイトル「Is it possible to clarify the real state of earthquakes and tsunami on the basis of legends? -as an example of the 869 Jogan earthquake and tsunami -」とされており、渡邊偉夫氏の表題には全く誤りはない。
  33. ^ 相原淳一・高橋守克・柳澤和明2016「東日本大震災津波と貞観津波における浸水域に関する調査-多賀城城下とその周辺を中心としてー」『宮城考古学』第18号、111-128、2016年、宮城県考古学会、ISSN 1348-1924
  34. ^ 保立道久の研究雑記 保立道久(2011): 9世紀火山地震(5)--貞観地震
  35. ^ 都司嘉宣(2011) (PDF) 都司嘉宣(2011): 歴史記録の上のミレニアム津波
  36. ^ 都司嘉宣『千年震災』ダイヤモンド社、2011年
  37. ^ Minoura, K. and Nakaya, S. 1991 "Traces of tsunami preserved in inter-tide lacustrine and marsh deposits: some examples from northeast Tapan.", The Jounal of Geology, 99, 265-287, The University of Chicago Press.
  38. ^ a b 阿部壽・菅野喜貞・千釜章(1990) 「仙台平野における貞観11年 (869年) 三陸津波の痕跡高の推定」地震 第2輯 1990年 43巻 4号 p.513-525,doi:10.4294/zisin1948.43.4_513
  39. ^ 東北電、90年に大津波の論文 福島原発に生かされず 47news.jp
  40. ^ 仙台平野の堆積物に記録され歴史時代の巨大津波 – 1611年慶長津波と869年貞観津波の浸水域 - (PDF) 産業技術総合研究所 地質ニュース 2006年8月号 No.624
  41. ^ 取扱厳重注意 聴取結果書 東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会事務局
  42. ^ [2] 地震調査研究推進本部
  43. ^ 岡村行信; 宍倉正展et al. (2007年9月28日). 古地震研究報告 第7号(2007年)・石巻平野における津波堆積物の分布と年代”産業技術総合研究所断層・地震研究センター
  44. ^ 宮城県沖の地震に関する調査研究 平成21年津波堆積物調査にもとづく地震発生履歴に関する研究 地震調査研究推進本部
  45. ^ a b 島崎邦彦(2011) 島崎委員提出資料 (PDF) 島崎邦彦 「超巨大地震,貞観の地震と長期評価」『科学』2011年5月号
  46. ^ “M9級、3500年間に7回 北海道から三陸に巨大津波” (日本語). 北海道新聞. (2012年1月26日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/346130.html 2012年1月29日閲覧。 
  47. ^ 平川委員提出資料 (PDF) 平川一臣 他 「過去6000年間の三陸超巨大古津波履歴を示す二つの露頭」
  48. ^ 河角廣(1951) 「有史以來の地震活動より見たる我國各地の地震危險度及び最高震度の期待値」 東京大學地震研究所彙報 第29冊 第3号, 1951.10.5, pp.469-482, hdl:2261/11692
  49. ^ 宇佐美龍夫、茅野一郎(1970) 「河角の規模と気象庁の規模との関係」 東京大学地震研究所彙報, 第48冊第5号, pp923-933, hdl:2261/12546
  50. ^ 宇佐美龍夫 『日本被害地震総覧』 東京大学出版会、2003年
  51. ^ 岡村行信、「西暦869年貞観津波の復元と東北地方太平洋沖地震の教訓 古地震研究の重要性と研究成果の社会への周知の課題」 Synthesiology 2012年 5巻 4号 p.234-242, doi:10.5571/synth.5.234
  52. ^ 河北新報、2011年08月22日 「気仙沼、6000年に6回大津波「貞観」石巻以北も到達か」 河北新報、2011年08月22日
  53. ^ 行谷佑一(2012) (PDF) 行谷佑一,佐竹健治,藤井雄士郎, 山木滋(2012): [講演要旨]西暦869年貞観地震津波と2011年地震津波の波源の比較,歴史地震, No.27, pp69.
  54. ^ M9になった理由について 第190回地震予知連絡会(2011年) 議事概要
  55. ^ 纐纈一起(2011) M9級の大地震は440年間隔で発生か 2011年10月13日/スーパーニュース
  56. ^ 神沼克伊 『次の超巨大地震はどこか?』 サイエンス・アイ新書、2011年
  57. ^ 『市川橋遺跡 城南土地区画整理事業に伴う発掘調査略報2』多賀城市文化財調査報告書第59集 (PDF) (多賀城市教育委員会2000)
  58. ^ 市川橋遺跡第一分冊 多賀城市文化財調査報告書第75集 (PDF) (多賀城市教育委員会2004)
  59. ^ 市川橋遺跡第二分冊 多賀城市文化財調査報告書第75集 (PDF) (多賀城市教育委員会2004)
  60. ^ 市川橋遺跡第三分冊 多賀城市文化財調査報告書第75集 (PDF) (多賀城市教育委員会2004)
  61. ^ 菅原大助・箕浦幸治・今村文彦 「西暦869年の貞観津波による堆積作用とその数値復元」『津波工学研究報告』第18号、1-10、2001年、東北大学大学院工学研究科災害制御研究センター
  62. ^ [3]柳澤和明2011「貞観地震・津波からの陸奧国府多賀城の復興」NPOゲートシティ多賀城 柳澤和明2013「発掘調査より知られる貞観一一年(八六九)陸奥国巨大地震・津波の被害とその復興」『史林』96-1 史学研究会 ほか
  63. ^ 斎野裕彦(2012)「仙台平野中北部における弥生時代・平安時代の津波痕跡と集落動態」 東北芸術工科大学東北文研究センター編 2015年には第4回日本考古学協会奨励賞を受賞した。
  64. ^ 「宮城県における歴史地震・津波災害-考古学的検討を今後より深めるための第一歩-」『宮城考古学』第15号、25-106、2013年、宮城県考古学会、ISSN 1348-1924
  65. ^ [4]相原淳一・野口真利江・谷口宏充・千葉達朗2019「貞観津波堆積層の構造と珪藻分析― 宮城県多賀城市山王遺跡東西大路南側溝・山元町熊の作遺跡からの検討―」『東北歴史博物館研究紀要』20 P17-44
  66. ^ 「災害が政治整え 宮廷文化生む」五味文彦(東大名誉教授)日本経済新聞2014年6月5日夕刊14面
  67. ^ 相原淳一2018「多賀城と貞観津波」『考古学雑誌』第101巻第1号、日本考古学会


「貞観地震」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貞観地震」の関連用語

貞観地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



貞観地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貞観地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS