宝永地震とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象予報 > 地震 > 宝永地震の意味・解説 

ほうえいじしん-ぢ- 【宝永地震】

1707年宝永4)に起きた地震マグニチュード8.4と推定され、日本歴史最大級地震烈震上の地域東海道から四国西端にまで及び、大津波房総半島から九州に至る太平洋沿岸を襲った。死者約二万人家屋倒壊約六流失約二万といわれる

宝永地震

読み方:ホウエイジシン(houeijishin)

江戸時代太平洋沖大地震


宝永地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/22 03:06 UTC 版)

宝永地震(ほうえいじしん)は、江戸時代宝永4年10月4日1707年10月28日)、東海道沖から南海道沖(北緯33.2度、東経135.9度 [注 1])を震源域として発生した巨大地震南海トラフのほぼ全域にわたってプレート間の断層破壊が発生したと推定され、記録に残る日本最大級の地震とされている[2][3][4]。世にいう宝永の大地震(ほうえいのおおじしん)、あるいは宝永大地震(ほうえいおおじしん)とも呼ばれ、亥の大変(いのたいへん)とも呼ばれる。地震の49日後に起きた宝永大噴火亥の砂降り(いのすなふり)と呼ばれる[5]




出典

  1. ^ 北緯33度12分 東経135度54分 / 北緯33.2度 東経135.9度 / 33.2; 135.9 - 震度分布による推定で、断層破壊開始点である本来の震源、その地表投影である震央ではない。
  2. ^ a b の上刻(ひつじのじょうこく)は、午後1 - 2時。cf. 時刻#日本。昼八ツ時の鐘をつく前に地震が発生したため13:45前後と推定される - (『板垣氏筆記』)間城(1995), p10.。古記録の平均では13:47±1.02 hrとなる。- 今井健太郎ほか (2011年). “史料に基づく1707年宝永地震の発震時刻に関する統計的解釈” (PDF). 歴史地震 26: 99. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_26/HE26_99.pdf. 
  3. ^ 甲(こう)は、「本町」などと同様、合併後の中心的地域に当てられる地名の一つ。
  4. ^ 古文書記録にある建物の被害状況から、震度6以上の地域を590kmと推定した。また地震後1ヶ月の余震域が東北地方太平洋沖地震の1.4倍の、長さ830km、幅240kmと算出された。logS = 1.02M - 4.01(宇津徳治・関彰 (1955年). “余震区域の面積と本震のエネルギーとの関係”. 地震 第2輯 7 (4): 233-240. doi:10.4294/zisin1948.7.4_233. https://doi.org/10.4294/zisin1948.7.4_233. 
  5. ^ 現在の高知市種崎。cf. 種崎浦、種崎海岸。
  6. ^ 天譴(てんけん):天罰
  1. ^ a b 猪井(1982), p42-43.
  2. ^ a b 大森房吉 (1900年). “「寳永大地震」日本ノ大地震ニ就キテ”. CiNii. 震災予防調査会. 2011年11月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 宇佐美(2003), p75-90.
  4. ^ a b 『理科年表』, p737, 767.
  5. ^ 馬場弘臣 (2014年). “元禄大地震と宝永富士山噴火 その1” (PDF). 文明 19: 33-43. http://www.u-tokai.ac.jp/about/research/institutions/civilization_research/publish/index/019/dl/07.pdf 2017年12月18日閲覧。. 
  6. ^ 安藤雅孝 (1974年). “東海沖か房総沖で大地震”. 科学朝日 34 (3): 34-37. 
  7. ^ Mogi, K. (1980年). “Seismicit in western Japan and long-term earthquake forecasting”. Earthquake Prediction, Maurice, Ewing Series 4: 43-52, A. G. U.. 
  8. ^ 今村明恒 (1943年). “慶長九年の東海南海雨道の地震津浪に就いて”. 地震 第1輯 15: 150-155. doi:10.14834/zisin1929.15.150. https://doi.org/10.14834/zisin1929.15.150. 
  9. ^ 石橋克彦 (1983年). “1605(慶長9)年東海・南海津波地震の地学的意義”. 地震学会講演予稿集 1: 96. NAID 10004725302. http://ci.nii.ac.jp/naid/10004725302. , 石橋克彦の歴史地震研究のページ アーカイブ
  10. ^ a b 島村(2014), p64-66.
  11. ^ 石橋克彦, 原田智也(2013): 1605(慶長九)年伊豆-小笠原海溝巨大地震と1614(慶長十九)年南海トラフ地震という作業仮説,日本地震学会2013年秋季大会講演予稿集,D21‒03
  12. ^ a b 松浦律子 (2014年). “[講演要旨]1605年慶長地震は南海トラフの地震か?” (PDF). 歴史地震 29: 263. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_29/HE29_263_263_Matsuura.pdf. 
  13. ^ 石橋(2014), p171-173.
  14. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p59.
  15. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p281-283.
  16. ^ a b 田山『大日本地震史料 上巻』, p326-329.
  17. ^ 間城(1995), p10-12.
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m 飯田汲事 (1982年). “歴史地震の研究(5) : 宝永4年10月4日(1707年10月28日)の地震及び津波災害について”. 愛知工業大学研究報告. B, 専門関係論文集 17: 143-157. https://ci.nii.ac.jp/naid/110000043480. 
  19. ^ 飯田汲事 (1985年). “6. 宝永4年10月4日(1707年10月28日)の宝永地震の震害と震度”. 東海地方地震・津波災害誌. https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN02216061. 
  20. ^ a b c d 都司嘉宣・行谷佑一 (2007年). “連動型巨大地震としての宝永地震(1707) (pdf)”. 日本地球惑星科学連合2007年大会、T235, 010. 11-10-26閲覧。
  21. ^ a b c d e 宇佐美龍夫 (1984年2月). “宝永地震の震度分布 (pdf)”. 地震予知連絡会会報, 第31巻, 7-3.(公式ウェブサイト). 東京大学地震研究所. 2011年5月30日閲覧。
  22. ^ a b c 松浦律子・中村操・唐鎌郁夫 (2011年). “[講演要旨]1707年宝永地震の新地震像(速報)” (PDF). 歴史地震 26: 89. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_26/HE26_89_90.pdf. 
  23. ^ 中西一郎・矢野信 (2005年3月15日). “1707年宝永地震震源域の東端位置”. 北海道大学地球物理学研究報告. 京都大学理学部. 2011年5月30日閲覧。
  24. ^ a b Takashi Furumura, Kentaro Imai, and Takuto Maeda (2011年). “A revised tsunami source model for the 1707 Hoei earthquake and simulation of tsunami inundation of Ryujin Lake, Kyushu, Japan”. Journal of Geophysical Research: Solid Earth 116 (B2.). http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2010JB007918/abstract. 
  25. ^ 古村孝志、今井健太郎(2009): 南海・東南海・東海地震の連動発生による強震動と津波 -1707年宝永地震の震源モデルの再評価-、日本地震学会2009年大会講演予稿集, A11-10.
  26. ^ 古村孝志. “南海・東南海・東海の連動発生による強震動と津波の予測 (pdf)”. 2013年6月10日閲覧。
  27. ^ 進化した「地球シミュレータ」が計算科学技術の明日を切り拓く (pdf)”. Bule Earth(通巻104号). 海洋研究開発機構横浜研究所 (2009年11月). 2011年5月30日閲覧。地球シミュレータによる結果。
  28. ^ a b 都司嘉宣. “2004年インドネシア・スマトラ島西方沖地震津波の教訓 日本の巨大地震”. (公式ウェブサイト). 東京大学地震研究所. 2011年6月22日閲覧。
  29. ^ 島崎邦彦 (2007年). “日本の巨大地震と超巨大地震 (PDF)”. 第57回 東レ科学振興会科学講演会記録. 2018年1月31日閲覧。
  30. ^ 井出哲 (2011年5月). “東北沖地震の二面性”. 東京大学. 2011年12月2日閲覧。
  31. ^ a b 小山順二・都筑基博・蓬田清・吉澤和範 (2013年). “2011年東北沖超巨大地震が明らかにした超巨大地震の多様性”. 北海道大学地球物理学研究報告 76: 129-146. http://hdl.handle.net/2115/52306. 
  32. ^ a b c 岡村眞 (2013年). “岡村委員提出資料 (pdf)”. 南海トラフの巨大地震モデル検討会 第2回会合. 2013年1月31日閲覧。
  33. ^ 河角廣 (1951年10月5日). “有史以來の地震活動より見たる我國各地の地震危險度及び最高震度の期待値”. 東京大學地震研究所彙報 29 (3): 469-482. http://hdl.handle.net/2261/11692. 
  34. ^ 宇佐美龍夫・茅野一郎 (1970年). “河角の規模と気象庁の規模との関係”. 東京大学地震研究所彙報 48 (5): 923-933. http://hdl.handle.net/2261/12546. 
  35. ^ 宇津(1999)
  36. ^ 南海トラフの地震の長期評価 (pdf)”. 地震調査研究推進本部, 地震調査委員会 (2001年). 2018年1月25日閲覧。
  37. ^ a b Masataka Ando (1975年). “Source mechanisms and tectonic significance of historical earthquakes along the Nankai trough, Japan”. Tectonophysics 27: 119-140. http://ci.nii.ac.jp/naid/80013225967. 
  38. ^ Masataka Ando (1975年). “Source mechanisms and tectonic significance of historical earthquakes along the nankai trough, Japan”. Tectonophysics (Impact Factor: 2.87) 27: 119-140. http://www.researchgate.net/publication/248239606_Source_mechanisms_and_tectonic_significance_of_historical_earthquakes_along_the_nankai_trough_Japan.  DOI: 10.1016/0040-1951(75)90102-X
  39. ^ 相田勇 (1981a). “東海道沖に起こった歴史津波の数値実験”. 東京大学地震研究所彙報 56 (2): 367-390. http://hdl.handle.net/2261/12810. 
  40. ^ 相田勇 (1981b). “南海道沖の津波の数値実験”. 東京大学地震研究所彙報 56 (4): 713-730. http://hdl.handle.net/2261/12828. 
  41. ^ 力武(1994), p66-68.
  42. ^ 佐藤ほか(1989), p114, 125-127.
  43. ^ An'naka, T., K. Inagaki, H. Tanaka, and K. Yanagisawa, 2003, Characteristics of great earthquakes along the Nankai trough based on numerical tsunami simulation, J. Earthquake Eng, JSCE.
  44. ^ 連動性を考慮した強震動・津波予測及び地震・津波被害予測研究 (PDF)”. 東海・東南海・南海地震の連動性評価研究プロジェクト. 地震調査研究推進本部 (2009年). 2018年1月25日閲覧。
  45. ^ M = log S5 + 3.2 」 - 村松郁栄 (1969年). “震度分布と地震のマグニチュードの関係”. 岐阜大学教育学部研究報告『自然科学』 4: 168-176. NAID 110008923741. https://ci.nii.ac.jp/naid/110008923741. 
  46. ^ 別冊①-3南海トラフ沿いの過去地震の津波断層モデル(図表集) (PDF)”. 南海トラフの巨大地震モデル検討会 (2015年12月). 2018年1月25日閲覧。
  47. ^ 石川有三(産総研): 1707年宝永地震の規模の再評価,日本地震学会2011年秋季大会講演予稿集,D11-09.
  48. ^ 日本経済新聞 2011年10月12日夕刊
  49. ^ Yuzo Ishikawa (2012年). “Re-evaluation of Mw of the 1707 Hoei earthquake” (PDF). G-EVER. http://g-ever.org/en/materials/sharing/G-EVER1_P_Ishikawa_AIST.pdf. 
  50. ^ 『新収 日本地震史料 補遺 別巻』, p193.
  51. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p362.
  52. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p71.
  53. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p387.
  54. ^ 歴史地震の震度分布 (pdf)”. 中央防災会議. 2011年5月30日閲覧。
  55. ^ 宇津徳治 (1988年). “日本の地震に関連する中国の史料”. 地震, 第2輯 41: 613-614. doi:10.4294/zisin1948.41.4_613. https://doi.org/10.4294/zisin1948.41.4_613. 
  56. ^ a b c 宇佐美(2009), p33-34.
  57. ^ 武者『大日本地震史料 増訂』, p101.
  58. ^ 北原(2016), p104-126.
  59. ^ 都司(2012), p69
  60. ^ 北原糸子 (2014年). “災害教訓の継承に関する専門調査会報告書 1707宝永地震 第5章 城郭被害図にみる宝永地震”. 内閣府. 2018年1月25日閲覧。
  61. ^ 『新収 日本地震史料 補遺 別巻』, p192.
  62. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p95.
  63. ^ 桜井久次郎 (2000年). “「大洲藩・新谷藩政編年史」年表”. 大洲史談会. 2018年1月25日閲覧。
  64. ^ a b c d 寒川(2007), p138-141.
  65. ^ a b 矢田(2008), p163-179.
  66. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p354.
  67. ^ 武者『大日本地震史料 増訂』, p209.
  68. ^ 間城(1995), p137-138.
  69. ^ 武内達夫・堤博志 (1985-1986). “大谷崩”. 砂防学会誌 38 (3): 20-22_2. http://doi.org/10.11475/sabo1973.38.3_20. 
  70. ^ 1707年宝永地震(M8.4)による讃岐五剣山の山体崩壊 (PDF)”. 香川大学, 長谷川修一. 2018年1月25日閲覧。
  71. ^ 千木良雅弘 (1998年). “2.加奈木崩れの崩壊機構と生産土砂量” (PDF). 第47回平成10年度砂防学会研究発表会概要集. http://www.jsece.or.jp/event/conf/abstruct/1998/pdf/1998O008.pdf. 
  72. ^ 都司(2012), p260-264.
  73. ^ 井上公夫・山本武美 (2012年). “宝永南海地震(1707)で形成された仁淀川中流(高知県越知町)の天然ダムの石碑と説明看板” (PDF). 砂防と治水 44 (6): 113-115. http://www.sff.or.jp/H20saboutotisui4106houkoku.pdf. 
  74. ^ 信州大学工学部 宇佐美龍夫 (1986年). “東海沖四大地震の震度分布(明応・宝永・安政東海・東南海地震)” (PDF). 地震予知連絡会会報 35: 5-17. http://cais.gsi.go.jp/YOCHIREN/report/kaihou35/05_17.pdf. 
  75. ^ 今村明恒 (1936年). “串本に於ける陸地隆起の痕跡”. 地震 第1輯 8: 309-311. http://doi.org/10.14834/zisin1929.8.309. 
  76. ^ 今村明恒 (1943年). “遠州東南地塊の傾動に就いて”. 地震 第1輯 15: 217-224. http://doi.org/10.14834/zisin1929.15.217. 
  77. ^ a b 藤原治ほか (2007年). “静岡県掛川市南部の横須賀湊跡に見られる1707年宝永地震の痕跡” (PDF). 活断層・古地震研究報告 7: 157-171. https://www.gsj.jp/data/actfault-eq/h18seika/pdf/fujiwara_yokosuka.pdf. 
  78. ^ 都司(1992), p183-187.
  79. ^ 沢村(1967), p67-71.
  80. ^ 寺石(1923), p21-31.
  81. ^ 今村明恒 (1930年). “南海道大地震に關する貴重な史料”. 地震 第1輯 2: 326-328. http://doi.org/10.14834/zisin1929.2.326. 
  82. ^ a b 矢田俊文 (2013年). “1707年宝永地震による浜名湖北部の沈降と大坂の被害数” (PDF). 第21回GSJシンポジウム「古地震・古津波から想定する南海トラフの巨大地震」. https://www.gsj.jp/data/gcn/gsj_cn_vol2.no7_208-211.pdf. 
  83. ^ 間城(1995), p110-115.
  84. ^ 今村明恒 (1930年). “宝永四年の南海道沖大地震に伴へる地形変動に就いて”. 地震 第1輯 2: 81-88. http://doi.org/10.14834/zisin1929.2.81. 
  85. ^ 柴田亮 (2017年). “1707年宝永地震の地殻変動を示唆する史料” (PDF). 歴史地震 32: 1-17. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_32/HE32_001_017_Shibata.pdf 2017年12月18日閲覧。. 
  86. ^ 間城(1995), p113-114.
  87. ^ 河角廣(1956): 昭和二十一年十二月二十一日南海大地震当時及びその後に起った四国地方地盤変動の実態,四国地方総合開発審議会,3-16.
  88. ^ 宍倉正展 (2011年). “[講演要旨]足摺岬における宝永・安政・昭和南海地震の地殻変動” (PDF). 歴史地震 26: 88. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_26/HE26_88.pdf. 
  89. ^ 藤原治・矢田俊文・宍倉正展 (2012年). “[講演要旨]絵図の比較から見た宝永地震前後での静岡県牧之原市における海岸線の変化” (PDF). 歴史地震 27: 54. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_27/HE27_054_054_Fujiwara.pdf. 
  90. ^ 中西一郎 (2000年). “貞享二、三年(1685, 1686年)の三河地震 : 吉田藩内とその近傍で書かれた新発掘史料による考察”. 東京大学地震研究所彙報 74 (3/4): 301-310. http://hdl.handle.net/2261/13178. 
  91. ^ 都司嘉宣. “歴史上の内陸被害地震の事例研究”. 成果報告. 東京大学地震研究所、京都大学. 2018年1月25日閲覧。
  92. ^ 武者『大日本地震史料 増訂』, p100.
  93. ^ a b c 2011年 東北地方太平洋沖地震 過去に起きた大きな地震の余震と誘発地震”. (公式ウェブサイト). 東京大学地震研究所 広報アウトリーチ室 (2011年3月). 2012年3月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月30日閲覧。
  94. ^ a b 宇津ほか(2001), p588-589.
  95. ^ 石橋(2014), p45-52.
  96. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p4-9, 102-103, 114-175.
  97. ^ a b 間城(1995), p116-125.
  98. ^ 寺石(1923), p17-19.
  99. ^ 宇佐美(1985), 785-791.
  100. ^ 山村武彦. “宝永地震”. (公式ウェブサイト). 防災システム研究所. 2011年5月30日閲覧。
  101. ^ 都司嘉宣(2009): 南海地震に先行する内陸の地震活動 - 南海地震の津波は中国上海でも記録されている, IISEE-UNESCO レクチャーノート, Part Ⅱ 第2章 Activity Change of Middle Sized Inland Local Earthquakes before the occurrence of a gigantic Nankai Earthquake.
  102. ^ 猪井(1982), p40.
  103. ^ 間城(1995), p50-53.
  104. ^ 『日本地震史料』, p241.
  105. ^ 『新収 日本地震史料 続補遺 別巻』, p786.
  106. ^ 『新収 日本地震史料 新収 日本地震史料 五巻 別巻五』, p1433.
  107. ^ 『新収 日本地震史料 続補遺 別巻』, p768.
  108. ^ 『日本地震史料』, p362.
  109. ^ 間城(1995), p54-105.
  110. ^ a b c d e f 羽鳥徳太郎 (1984年). “関東・伊豆東部沿岸における宝永・安政東海津波の挙動”. 東京大学地震研究所彙報 59 (1): 501- 518. http://hdl.handle.net/2261/12926. 
  111. ^ a b 渡辺(1998), p61, 77-81.
  112. ^ a b 今村明恒(1935): 安政及び宝永年度の南海道地震津浪に関する史料, 地震, 第7巻, 第6号
  113. ^ a b c d e 都司嘉宣・今井健太郎・行谷佑一・矢沼隆・今村文彦 (2011年). “「静岡県での宝永地震(1707)の津波浸水高 (pdf)”. 日本地球惑星科学連合2011年大会,HDS026-01.. 2018年1月25日閲覧。
  114. ^ a b c 羽鳥徳太郎 (1977年). “27. 静岡県沿岸における宝永・安政東海地震の津波調査”. 地震研究所彙報 52: 407-439. http://hdl.handle.net/2261/12645. 
  115. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p265-266.
  116. ^ a b c d e f 行谷佑一・都司嘉宣 (2005年). “宝永(1707)・安政東海(1854)地震津波の三重県における詳細津波浸水高分布” (PDF). 歴史地震 20: 33-56. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_20/06-Namegaya1.pdf. 
  117. ^ a b c d 羽鳥徳太郎 (1978年). “66. 三重県沿岸における宝永・安政東海地震の津波調査”. 地震研究所彙報 53: 1191-1225. http://hdl.handle.net/2261/12713. 
  118. ^ a b 都司(2011), p145-147.
  119. ^ a b c d e 羽鳥徳太郎 (1980年). “22. 大阪府・和歌山県沿岸における 宝永・安政南海道津波の調査”. 地震研究所彙報 55: 505-535. http://hdl.handle.net/2261/12765. 
  120. ^ a b 中村重久 (1987年). “[短報]和歌山沿岸の最大津波湖上高について” (PDF). 日仏海洋学会誌 うみ(La mer) 25-3-7: 147-150. http://www.sfjo-lamer.org/la_mer/25-3/25-3-7.pdf. 
  121. ^ 中村重久 (1984年). “田辺・白浜における津波について”. 京都大学防災研究所年報 27 (B-2): 591-610. http://jairo.nii.ac.jp/0019/00042137. 
  122. ^ 今村明恒 (1940年). “広村に於ける宝永安政両度津浪の高さ”. 地震 第1輯 12 (5): 220-222. http://doi.org/10.14834/zisin1929.10.394. 
  123. ^ 羽鳥徳太郎・相田勇・坂下至功・日比谷紀之 (1983年). 7.和歌山県湯浅・広に遡上した南海道津波の調査. 58. pp. 187- 206. http://hdl.handle.net/2261/12872. 
  124. ^ a b c d e f g h i j k 山本尚明 (2003年). “瀬戸内海の歴史南海地震津波について” (PDF). 歴史地震 19: 153-160. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_19/23-Yamamoto.pdf. 
  125. ^ 長尾武 (2011年). “宝永地震(1707)による大坂市中での津波遡上高” (PDF). 歴史地震 26: 15-18. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_26/HE26_15_18_03_Nagao.pdf. 
  126. ^ a b c d e f g h 羽鳥徳太郎 (1988年). “瀬戸内海・豊後水道沿岸における宝永(1707)・安政(1854)・昭和(1946) 南海道津波の挙動”. 地震 第2輯 41 (2): 215-221. doi:10.4294/zisin1948.41.2_215. https://doi.org/10.4294/zisin1948.41.2_215. 
  127. ^ a b c d e f g h 羽鳥徳太郎 (1978年). “17. 高知・徳島における慶長・宝永・安政南海道津波の記念碑”. 地震研究所彙報 53: 423-445. http://hdl.handle.net/2261/12664. 
  128. ^ a b c 村上仁士ほか (1996年). “四国における歴史津波(1605慶長・1707宝永・1854安政)の津波高の再検討”. 自然災害科学 15 (1): 39- 52. http://ci.nii.ac.jp/naid/110002941602. 
  129. ^ a b c d e f g 今村明恒 (1938年). “土佐における宝永・安政両度津浪の高さ”. 地震 第1輯 10: 394-404. http://doi.org/10.14834/zisin1929.10.394. 
  130. ^ 間城(1995), p56-57.
  131. ^ a b 高知県 津波痕跡調査報告書、2012年
  132. ^ a b 都司嘉宣・今井健太郎・村上嘉謙・今村文彦 (2013年). “谷陵記の記載からみた宝永地震津波(1707)による高知県での浸水状況 (PDF)”. 日本地球惑星科学連合2013年大会, SSS35-05.. 2018年1月25日閲覧。
  133. ^ a b c d 羽鳥徳太郎 (1981年). “高知県南西部の宝永・安政南海道津波の調査-久礼・入野・土佐清水の津波の高さ”. 東京大学地震研究所彙報 56 (3): 547- 570. http://hdl.handle.net/2261/12817. 
  134. ^ a b c 都司嘉宣・今井健太郎・行谷佑一・岩瀬浩之・原伸彦・田中聡・今村文彦. “高知県土佐清水市域での宝永地震(1707)の津波浸水高 (PDF)”. 日本地球惑星科学連合2011年大会講演要旨,SSS035-14.. 2018年1月25日閲覧。
  135. ^ 宇佐美(2005), p145-146.
  136. ^ a b c d e 羽鳥徳太郎 (1985年). “九州東部沿岸における歴史津波の現地調査 1662年寛文・1769年明和日向灘および1707年宝永・1854年安政南海道津波”. 東京大学地震研究所彙報 60 (3): 439- 459. http://hdl.handle.net/2261/12949. 
  137. ^ a b 千田昇・中上二美 (2006年). “大分県佐伯市米水津とその周辺地域における宝永4年, 安政元年の南海地震と津波の分析”. 大分大学教育福祉科学部研究紀要. http://kn.ndl.go.jp/4c44c746-f218-4ae7-a7a0-12e345d6c0e2. 
  138. ^ a b 都司嘉宣・今井健太郎・佐藤雅美・芳賀弥生・松岡祐也・今村文彦 (2015年). “[講演要旨]種子島、および長崎での宝永地震津波(1707)の浸水高” (PDF). 歴史地震 30: 220. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_30/HE30_220_220_Tsuji.pdf. 
  139. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p112.
  140. ^ 新居町史(1986)
  141. ^ 寒川(1997), p30-33.
  142. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p206.
  143. ^ 『日本歴史地名大系 24』, p924.
  144. ^ 『新収 日本地震史料 続補遺 別巻』, p59.
  145. ^ 塚本明 (2014年). “災害教訓の継承に関する専門調査会報告書 1707宝永地震 第3章 各地の津波災害 第2節”. 内閣府. 2018年1月25日閲覧。
  146. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p65.
  147. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p306-307.
  148. ^ a b 前田正明 (2014年). “災害教訓の継承に関する専門調査会報告書 1707宝永地震 第3章 各地の津波災害 第3節”. 内閣府. 2018年1月25日閲覧。
  149. ^ 西山昭仁 (2002年). “宝永地震(1707)における大坂での震災対応” (PDF). 歴史地震 18: 60-72. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_18/13-Nishiyama.pdf. 
  150. ^ 西山昭仁、小松原琢 (2009年). “宝永地震 (1707) における大坂での地震被害とその地理的要因 (pdf)”. 京都歴史災害研究(第10号). 2011年5月30日閲覧。
  151. ^ a b c 今村(1949), 172-177.
  152. ^ 間城(1995), p75.
  153. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p507-510.
  154. ^ 都司(2012), p99-104.
  155. ^ 『日本歴史地名大系 40』, p332.
  156. ^ 都司嘉宣. “3. 津波災害の歴史から現代を見る -南海地震の津波災害-”. 消防防災博物館. 2018年1月25日閲覧。
  157. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p453.
  158. ^ 『日本歴史地名大系 40』, p494.
  159. ^ 村上仁士・松尾裕治 (2014年). “災害教訓の継承に関する専門調査会報告書 1707宝永地震 第3章 各地の津波災害 第1節”. 内閣府. 2018年1月25日閲覧。
  160. ^ 松尾裕治・中野晋・村上仁士. “[講演要旨]高知県沿岸集落における「亡所」に着目した宝永地震津波の現地調査” (PDF). 歴史地震 29: 250. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_29/HE29_250_251_Matsuo.pdf 2018年1月31日閲覧。. 
  161. ^ 松尾裕治. “高知県の谷陵記に登場する集落の亡所等被害と場所”. 2018年1月31日閲覧。
  162. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p85.
  163. ^ 臼杵市 (2014年). “臼杵市防災マニュアル, p17-19. (PDF)”. 臼杵市役所. 2018年1月25日閲覧。
  164. ^ 大分県教育委員会 (2007年). “おおいたの地震と津波”. 大分県教育委員会. 2018年1月25日閲覧。
  165. ^ 大分県 (2012年). “大分県の地震・津波”. 大分県. 2018年1月25日閲覧。
  166. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p583.
  167. ^ 磯田(2012), p63-87.
  168. ^ 島崎邦彦ほか (2007年). “3. 3. 3 地震の繰り返し挙動の研究 (PDF)”. 大都市圏地殻構造調査研究計画. 東京大学. 2018年1月25日閲覧。
  169. ^ 熊谷博之 (1999年). “浜名湖周辺での東海沖の大地震に伴う津波堆積物の調査”. 地學雜誌 108: 424-432. http://doi.org/10.5026/jgeography.108.4_424. 
  170. ^ 岡橋久世・吉川周作・三田村宗樹・兵頭政幸・内山高・内山美恵子・原口強 (2001年). “鳥羽市相差の湿地堆積物中に見いだされた東海地震津波の痕跡とその古地磁気年代”. 第四紀研究 40 (3): 193-202. http://doi.org/10.4116/jaqua.40.193. 
  171. ^ 岡村眞, 都司嘉宣, 松岡裕美(2002): 三重県尾鷲市大池,および紀伊長島町諏訪池の湖底堆積層中の歴史・先史津波痕跡について, 月刊地球 24(10), 743-747, 2002-10.
  172. ^ 宍倉正展・越後智雄・前杢英明・石山達也・永井亜沙香 (2008年). “南海トラフ沿いに起きた歴史地震に伴う隆起を記録した紀伊半島南部沿岸の生物遺骸群集” (PDF). 歴史地震 23: 21-26. http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_23/23_021.pdf. 
  173. ^ 行谷佑一・前杢英明・宍倉正展・越後智雄・永井亜沙香 (2011年). “和歌山県串本町橋杭岩周辺の漂礫分布の形成要因 (PDF)”. 日本地球惑星科学連合2011年大会講演要旨,SSS035-12.. 2018年1月25日閲覧。
  174. ^ 宍倉正展・前杢英明・越後智雄・行谷佑一・永井亜沙香 (2011年). “潮岬周辺の津波石と隆起痕跡から推定される南海トラフの連動型地震履歴 (PDF)”. 日本地球惑星科学連合2011年大会講演要旨,SSS035-13.. 2018年1月25日閲覧。
  175. ^ 大友遺跡に液状化跡 「慶長豊後」「宝永」地震影響か 大分合同新聞、2014年12月16日
  176. ^ 松岡裕美・岡村眞・岡本直也・中野大智・千田昇・島崎邦彦 (2007年). “津波堆積物に記録された南海地震の繰り返し間隔 (PDF)”. 日本地球惑星科学連合2007年大会予稿集,S141-P037.. 2018年1月25日閲覧。
  177. ^ 災害社会工学研究室. “石に刻まれた災害の記憶 災害記念碑一覧”. 群馬大学. 2018年1月25日閲覧。
  178. ^ 南海地震の碑を訪ねて -UJNR06巡検ガイド(2006.11.8)- (PDF)”. 国土地理院 (2006年). 2018年1月25日閲覧。
  179. ^ 新田康二『いのちの碑 -地震碑・津波碑・遺戒碑・供養碑・墓碑等』2014年
  180. ^ 三井(1932), p71-72.
  181. ^ a b c 草間(1815), p804-805.
  182. ^ 三木雄介 (1965年). “阿波藩札考(二) 宝永の藩札停止令と享保の解禁”. 史学 38 (1): 130. http://ci.nii.ac.jp/naid/110007409983. 
  183. ^ 『御觸書寛保集成』1627〈御触書集成
  184. ^ 東京学芸大学日本史研究室 『日本史年表』
  185. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p59,〔御触書寛保集成 二九〕地震之部「元禄十六未年十月一より宝永四亥年十月迄」.
  186. ^ 『御觸書寛保集成』1399〈御触書集成
  187. ^ 下重清・松尾美恵子 (2006年3月). “災害教訓の継承に関する専門調査会報告書, 1707富士山宝永噴火, 第4章 一次災害への国家的対応と社会的影響 -第1節 小田原藩の緊急救助活動-, p99-100.”. 内閣府、中央防災会議. 2018年1月30日閲覧。
  188. ^ 田谷(1963), p186-187.
  189. ^ 久光(1976), p106-110, 112-113.
  190. ^ 林春男. “東海・東南海・南海地震は時代を変える (pdf)”. 2011年10月20日閲覧。
  191. ^ 第50回 徳川吉宗と享保の改革”. 裏辺研究所. 2012年5月16日閲覧。
  192. ^ 高知県 南海トラフ地震に備えてGOOD!!”. 2014年12月1日閲覧。
  193. ^ 高知地方気象台 高知県に影響する地震津波について”. (公式ウェブサイト). 高知地方気象台. 2011年5月30日閲覧。


「宝永地震」の続きの解説一覧





宝永地震と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宝永地震」の関連用語

宝永地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宝永地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宝永地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS