寅とは? わかりやすく解説

いん【×寅】

読み方:いん

人名用漢字] [音]イン(呉)(漢) [訓]とら

十二支3番目。とら。「甲寅(こういんきのえとら)」

名のり]つら・とも・のぶ・ふさ


とら【×寅】

読み方:とら

十二支一つで、その3番目。

方角の名。東から北へ30度の方角東北東

時刻の名。今の午前4時ごろ、およびその後の2時間、または午前4時前後の2時間

1にあたる年や日。

陰暦1月異称


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/09 15:51 UTC 版)

十干
十二支

(とら、いん)は、十二支の3番目の支。

概要

  • 西暦を12で割って6が余る年」が寅年となる(日本では新暦1月1日に始まり、中国では旧暦1月1日に始まる)。寅月は新暦2月(旧暦1月)。寅刻は午前4時を中心とする約2時間。
  • 寅の方位は東北東よりやや北寄り(北東微南:北基準右廻り60°)。
  • 寅の干支丙寅戊寅庚寅壬寅甲寅陰陽五行思想では陰陽は陽、五行は木。

伝承

「寅」が正月になった理由とその誤解、「子」の暦法上の正当性

夏王朝では1月に北斗七星が寅、殷王朝では周王朝ではの方向を向いていたであろうと当時は考えられており、夏王朝は寅、殷王朝は丑、周王朝は子を月建とした[1]秦王朝では顓頊暦(建)を採用し、漢王朝初期も顓頊暦を採用していたが[2][3]、太初元年(BC104)に武帝がこれを三正循環論(これら3つの正月制定法が王朝交代と共に循環する)としたため、漢王朝では「周正の次は夏正」という王朝交代論で夏正を採用し、寅月を正月とした建寅となった[1][4]。漢王朝以降の戦国各国は夏正を歴とし、現在に至るまで、建寅月を正月とする夏正暦が2千年間も中国暦(旧暦・農暦)で使用され続けてきたため夏正を基にした太陰太陽暦は立春付近に正月を置く暦」と誤解されることになり、太陰太陽暦の正月を建寅月にすることは物理上は正しくない[5]

また夏王朝以前は冬至起点に子月を正月とした歴が採用されていたという説もある[6]

天文[要曖昧さ回避]二十四節気 平気法では冬至を1年周期の開始としており、暦法上は周正に最も正当性があり、24時間に十二支を配当すると子の時刻はPM11:00-AM0:59となり、それを24節気に配当すると日付の切り替わるAM0:00が一年周期の切り替わる冬至の位置と重なる。現代の天文学による計算では周王朝初期に、北斗七星が冬至の頃の夕方に北を向いていたという[1]。物理上は十二支の1番目である「子」を正月に置く周正に正当性があり、十二支の1番目である子を最初、更に冬至を起点にすることで物理的な整合性が合致する[1]

四柱推命紫微斗数といった占術などの古典は大半が夏王朝以降に記された物であり、正当性のある冬至起点ではなく、夏正による判断によって占術に用いる歴が制定されているため、日本の早生まれなどの鑑定に用いると誤りが生じることがある。

五黄寅

五黄の寅年生まれは気が強いと言われ、この年に女子が産まれることを忌む俗習がある(同様の俗習については「丙午」も参照)。「於菟」(おと)と名づける習慣があり、『広辞苑』には「於菟はの異称であり、わが国での異称」とも書いてある。読みは「ごおうのとら」だが、訛って「ごごうのとら」「ごうのとら」「ごこうのとら」などとも言われる。

五黄の寅は36年に1回訪れる(「五黄土星#五黄土星の(中宮になる)年」も参照)。20世紀以降で現在までの該当年は以下のとおりである。

五黄の寅年(西暦と和暦)

  • 漢書』律暦志によると寅は「螾」(いん:「動く」の意味)であり、春が来て草木が生ずる状態を表しているとされる。後に覚えやすくするために動物のが割り当てられた。
  • 「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」という相場格言がある[7]
  • 寅年現象
  • 干支 (北方町)#寅 - 北方町 (宮崎県)では干支の「寅」が住所表記・番地符号として使われている。

脚注

  1. ^ a b c d なぜ1月は子月ではなく寅月なのでしょうか?”. 占いフォーラム (fanex) (2001年3月8日). 2021年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月11日閲覧。
  2. ^ 暦Wiki - 三正論†”. 国立天文台. 2022年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月11日閲覧。
  3. ^ 『中国の天文暦法』平凡社、1969年1月1日。 
  4. ^ 夏正”. 百度百科. 2022年11月11日閲覧。
  5. ^ 旧正月は三番目の月? | 日刊☆こよみのページ”. 日刊☆こよみのページ (2011年1月22日). 2014年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月11日閲覧。
  6. ^ 夏正から周正への変換方程式”. 南方手帖・SFと日本古代史 (2001年8月9日). 2018年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月11日閲覧。
  7. ^ 金融市場NOW Financial Market Review vol.121”. ニッセイアセットマネジメント (2013年12月19日). 2020年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月5日閲覧。

寅(とら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 01:09 UTC 版)

ラグナロクオンライン 今日はなにする?」の記事における「寅(とら)」の解説

姓は車、名は寅●郎。自称フーテンの寅。作者1stキャラクターであり、さくらの姉として登場する最初ノービスとして登場しソードマンからナイトへと転職する

※この「寅(とら)」の解説は、「ラグナロクオンライン 今日はなにする?」の解説の一部です。
「寅(とら)」を含む「ラグナロクオンライン 今日はなにする?」の記事については、「ラグナロクオンライン 今日はなにする?」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「寅」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:24 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. とら十二支3番目。
  2. とら方角を表す語。から北へ30度の方角
  3. とら時刻を表す語。午前4時頃。午前4時~6時もしくは午前3時~5時。
  4. とら寅年のこと。
  5. とら陰暦1月

関連語

十二支

文字 動物 方位
八卦
カン
チュウ うし 北東ゴン うしとら
イン とら
ボウ シン
シン たつ 東南ソン たつみ
うま :リ)
ひつじ 南西コン ひつじさる
シン さる
ユウ とり 西:ダ)
ジュツ いぬ 北西ケン・カン いぬい
ガイ

熟語

  • 寅月



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「寅」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



寅と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寅」の関連用語

寅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寅のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラグナロクオンライン 今日はなにする? (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS