甲とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > > の意味・解説 

こう〔カフ〕【甲】

よろい。かぶと。

カメカニの体を覆う硬い殻状のもの。こうら。「亀の甲より年の劫

手や足のおもての面。手首から先の上側部分手の甲)と、足首から先の地面に接しない部分足の甲)。

十干第一。きのえ。

成績などの第一位。「殊勲甲の働き」「甲種合格

複数の物や人を区別するときに、その名の代わりとして用いる語。「旧制高校文科甲類

甲の画像

かん【甲】

⇒こう


かん【甲】

邦楽で、高い音域の音。また、調子の高い音。⇔乙(おつ)。


き‐の‐え【甲】

《「木の兄(え)」の意》十干の1番目。こう。


こう【甲】

常用漢字] [音]コウカフ)(呉)(漢) カン(慣) [訓]きのえ よろい かぶと

〈コウ

十干第一。きのえ。「甲子華甲

順位第一位。「甲乙甲種

表面を覆う堅いもの。こうら・よろいなど。「甲殻甲板(こうはん)・甲羅亀甲(きっこう)・装甲

(「胛」の代用字かいがらぼね。「肩甲骨

甲斐(かい)国。「甲州甲信越

〈カン

表面を覆う物。「甲板(かんぱん)」

高い音声。「甲高

〈かぶと〉「甲虫

名のり]か・かつ・き・まさる

難読甲比丹(カピタン)


かり【甲/上】

動詞「か(上)る」の連用形から》邦楽で、音の高さ上げること。特に、尺八でいう。かん。⇔乙(めり)。


よろい〔よろひ〕【×鎧/甲】

動詞「よろ(鎧)う」の連用形から》

着用して身体を被護す武具。被護部分により、頸甲(くびよろい)・肩甲胸甲膝甲(ひざよろい)などという。

胴から大腿部(だいたいぶ)にかけて被護す武具総称短甲(たんこう)・挂甲(けいこう)・大鎧(おおよろい)・腹巻き胴丸腹当ての類。

特に、大鎧のこと。

「鎧形(よろいがた)」の略。


かぶと【×兜/×冑/甲】

武将頭部防護するためにかぶった武具。頭を入れるところを鉢(はち)、その下に垂れ頸部(けいぶ)を覆う部分を錏(しころ)といい、や革などで作る

舞楽で用いる、鳥兜(とりかぶと)。

端午の節句の、1した飾り物また、兜人形」の略。《 夏》

兜/冑/甲の画像
兜/冑/甲の画像

読み方:ヨロイ(yoroi)

武具一種


読み方:カブトkabuto

身分武士


甲(こう) carapace

背甲および腹甲よりなるカメ類特有の装甲脊椎動物にはみなある内骨格(脊椎骨肋骨)、カメ類特有の皮骨、およびそれを包む角質化した皮膚、すなわち鱗板よりなる。 


読み方:コウkou

所在 熊本県球磨郡五木村


読み方:コウkou

所在 茨城県筑西市



読み方:コウkou

所在 長野県小諸市


読み方:コウkou

所在 長野県佐久市


読み方:コウkou

所在 香川県小豆郡土庄町



読み方:コウkou

所在 高知県高岡郡佐川町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
かぶと
かぶときのえ
きね
きのえ
こう
こうざき
しん
はじめ
よろい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/19 09:07 UTC 版)

(こう、きのえ)は、十干の1番目である。陰陽五行説では性の陽に割り当てられており、ここから日本では「きのえ」(木の兄)ともいう。




「甲」の続きの解説一覧

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



甲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「甲」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



甲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2020,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの甲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS