土とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > つち > の意味・解説 

つち【土/地】

読み方:つち

岩石分解して粗い粉末になったもの。土壌。「花壇の—を入れ替える

地球陸地表面地面大地。「故国の—を踏む」

「天」に対し地上のこと。

空から—へひと息にポーン降り立つの脚」〈虹・の脚〉

鳥の子紙の一。紙の原料となる植物繊維泥土をまぜて製した下等な和紙

(「犯土」「」「」とも書く)陰陽道(おんようどう)で、土公神(どくじん)のいる方角犯して工事などをすることを忌むこと。また、その期間。暦の庚午から甲申までの15日間をいう。つちび。

人の容貌(ようぼう)の醜いことをたとえていう語。

御前なる人は、まことに—などの心地ぞするを」〈源・蜻蛉

地下(じげ)のこと。

「—の帯刀(たちはき)の、歳二十ばかり、長(たけ)は一寸ばかりなり」〈落窪・一〉

[下接語] 赤土・荒(あら)土・合わせ土・上(うわ)土・置き土・鹿沼(かぬま)土・壁土・黒土・肥え土・白(しら)土・底土・叩(たた)き土・作り土・床(とこ)土・苦(にが)土・粘(ねば)土・練り土・埴(はに)土・粘(へな)土・惚(ほ)け土・真(ま)土・盛り土・焼き土・焼け土・痩(や)せ土・用心土

[補説] 作品名別項。→土


つち【土】


と【土/度】

読み方:と

〈土〉⇒ど

〈度〉⇒ど


ど【土】

読み方:ど

[音](慣) (漢) [訓]つち

学習漢字1年

[一]〈ド〉

つち。「土塊土管土器土偶土砂(どしゃ)・土壌土石土葬土台土木黄土客土出土泥土粘土表土糞土(ふんど)」

人の住みつくところ。領有する地域土地。「異土王土郷土国土焦土浄土寸土全土風土本土冥土(めいど)・沃土(よくど)・楽土領土

地方その土地の。「土豪土産(どさん)・土俗土着

五行第三位。「土用

土佐(とさ)国。「土州

[二]〈ト〉

土。地域。「土地率土

トルコ。「露土戦争

[三]〈つち〉「土色赤土壁土黒土

名のりただ・のり・はに・ひじ

難読産土(うぶすな)・生土(うぶすな)・土器(かわらけ)・三和土(たたき)・土筆(つくし)・土耳古(トルコ)・土師(はじ・はにし)・土産(みやげ)・土竜(もぐら)・唐土(もろこし)


ど【土】

読み方:ど

つち。土壌。「—に帰す

土地地方。国。

医師は…至急に—を換うるが第一ならんと」〈逍遥内地雑居未来之夢〉

土曜日

五行(ごぎょう)の第三位方位では中央季節では土用五星では土星十干では戊(つちのえ)・己(つちのと)に配する


に【土】

読み方:に

土。特に赤土

井(いちひゐ)の丸邇坂(わにさ)の—を端(はつ)—は膚赤らけみ」〈記・中・歌謡〉


作者ジェイムズ・ジョイス

収載図書ダブリンの市民
出版社福武書店
刊行年月1987.9
シリーズ名福武文庫

収載図書ダブリンの市民
出版社岩波書店
刊行年月2004.2
シリーズ名岩波文庫

収載図書ダブリンの人びと
出版社筑摩書房
刊行年月2008.2
シリーズ名ちくま文庫


作者乙一

収載図書GOTH―僕の章
出版社角川書店
刊行年月2005.6
シリーズ名角川文庫


読み方:つち

  1. 死亡。〔第四類 言語動作
  2. 死亡死人が土に化すより。
  3. 死亡死人が土に化することから
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ツチ(tsuchi)

所在 京都府福知山市


読み方:ド(do)

所在 富山県富山市


読み方:ド(do)

所在 静岡県静岡市清水区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
つち
つちさき
つちざき
つちたか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 09:01 UTC 版)

(つち、ど、と)




「土」の続きの解説一覧

土曜日

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 04:25 UTC 版)

土曜日(どようび)または土曜(どよう)は、金曜日日曜日の間にあるの1日。カレンダーにおける週の最終日。日本のカレンダーでは青色で表記される例が比較的多い。


  1. ^ 詳細は「深夜」を参照。
  2. ^ 特殊な例として、近年になって土日祝日の日中時間帯のATM手数料を無料化した三菱UFJ銀行の例があるが、こちらは単純にサービス向上策の一環であり、半ドンの名残とは関係がない。
  3. ^ 一部を除く関連ユニットおよびソロシングルを含む。
  1. ^ a b S・ベアリング=グールド 著、今泉忠義 訳 『民俗学の話』角川文庫、1955年、68頁。 
  2. ^ A Hebrew and English Lexicon of the Old Testament. Oxford: Clarendon Press. (1906). pp. 991-992. https://archive.org/stream/hebrewenglishlex00browuoft#page/990/mode/2up 


「土曜日」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 23:16 UTC 版)

古代王者恐竜キング」の記事における「土」の解説

装盾類構成されるパウパウサウルス属性上の例外所属していない。

※この「土」の解説は、「古代王者恐竜キング」の解説の一部です。
「土」を含む「古代王者恐竜キング」の記事については、「古代王者恐竜キング」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 23:16 UTC 版)

古代王者恐竜キング」の記事における「土」の解説

わざのイメージ崩し/防御相手防御崩したり、その一方自分の防御固めたりするわざが多くどちらか効果を持つものが各すくみに1枚ずつ存在するグー ラッシュスパイン(放射):グーで勝つと発動する背中発光させ、槍のように飛ばして相手突き刺す2006第2紀第6紀2007第1紀第2紀ジャーク1紀、ジャーク2紀+、覚新5紀に登場。 クエイクセイバー(土竜聖剣):あいこの後ターングーで勝つと発動する巨大な光の剣尻尾作り出して高速で振り回し相手を岩ごと切り裂く2007第1紀+〜第4紀+、ジャーク2紀、ジャーク3紀、覚新2紀、覚新4紀〜6紀に登場サンドトラップ沙漠流砂):あいこになるとたまに発動する流砂作り出してアリジゴク引きずり込みその中から岩で相手空高く突き上げて地面落下させた後、あいこぼうぎょ力下げる。ジャーク3紀、覚新1紀〜6紀に登場チョキ ビッグモールアタック(土竜突撃):チョキで勝つと発動する跳び上がって身体丸めた態で縦方向回転しながら地面潜り地中から相手突き上げて吹き飛ばす2006第1紀第6紀2007第1紀第4紀+、ジャーク2紀、ジャーク3紀、覚新5紀に登場。 クリスタルブレイク(結晶衝破):じゃんけん負けるとたまに土の力がみなぎり、その状態であいこになる発動する地中から4つDS版では3つ)の土の結晶浮かび上がらせて全身にまとい、相手強烈な体当たり繰り出した後、ぼうぎょ力下げる。ただし、DS版では相手ぼうぎょ力下げ効果はない。2007第3紀第4紀+、ジャーク1紀、ジャーク2紀+、覚新1紀、覚新3紀、覚新5紀に登場。 ギガロックハンマー(砕土):じゃんけんで勝つとたまに発動する結晶尻尾先に作り出して後ろから跳び上がり、急降下した態で振りかぶって相手叩きつける追撃技。覚新1紀〜6紀に登場パー アースバリア(大地土盾):じゃんけんで勝つとたまに発動する。2VS2のタッグマッチでは支援効果として発動することもある。土の力でぼうぎょ力上げる。ただし、DS版では相手から受けるダメージ半分にするわざとなっている。2006第4紀第6紀2007第1紀第4紀+、ジャーク1紀〜3紀、覚新1紀〜6紀に登場。 ヘルアースクエイク(大地激怒):パーで勝つと発動する両前脚を地面叩きつけて巨大な地割れ起こし、そこに相手落とし込んだ後、尻尾地面叩きつけて裂け目閉じた態で地割れ挟み込む2006冬季第6紀2007第1紀第4紀+、覚新5紀に登場。 ビッグロックローラー(大岩転球):勝った後のターンパーで勝つと発動する地面から巨大な岩球を作り出し相手向かって一直線に転がした後、大岩にぶつける。ジャーク2紀+〜3紀、覚新1紀〜2紀、覚新5紀に登場。 ディノコンボ(カスタマイズする恐竜ひっさつわざのすくみに装備される) ガイアマウンテン(地神山脈):ひっさつわざのすくみで勝つと発動する打撃水晶剣山によるコンビネーション攻撃繰り出す。わざの進行は「ダイノテイル」→「コンボアッパー」→「ブロックホームラン」→「ガイアマウンテン」という順に起こりコンビネーション完成させるには矢印のところで画面に出るわざボタン素早く正確に押す必要がある。わざボタンを押すのが遅かったり間違えたりすると途中で進行止まってしまう。覚新5紀〜6紀に登場

※この「土」の解説は、「古代王者恐竜キング」の解説の一部です。
「土」を含む「古代王者恐竜キング」の記事については、「古代王者恐竜キング」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:06 UTC 版)

野球場」の記事における「土」の解説

がなく、土が剥き出しになっているグラウンド天然芝より維持容易で人工芝より初期コストが低い。英語では「bare groundむき出しのグラウンド)」と称される軟式野球専用野球場では内外野すべて土のグラウンド見られるかつての藤井寺球場西宮球場のように、内野が土で外野人工芝という球場もあった(この2つ後に全面人工芝化された)。 日本では外野天然芝ごく稀に人工芝)、内野は土という球場圧倒的に多くかつてはプロ野球球団本拠地球場正しくは専用球場」)もこの形式多かった。現在でも阪神甲子園球場はこの形式であるが、旧広島市民球場閉場により、専用球場としては世界唯一となった高校野球全国大会出場選手だけが持ち帰れる“甲子園の土”は現在も関係者の間で珍重されている。ファン感謝デーの際であっても持ち帰り出来ない)。 アメリカでは土のグラウンド球場少なくメジャーリーグ本拠地球場には使用されていないAAAクラスマイナーリーグなど低いグレード球場では一部使用されているが、基本的に人工芝以上に評価が低い。日本では柔らかく湿気を含んだ黒土好まれるに対しアメリカでは白く乾いた土が使われるのが通例である。このため日米間で移籍した選手は、有無以上にグラウンド(特にピッチャーズ・マウンドなど)の固さに対する違和感覚えることが多い。

※この「土」の解説は、「野球場」の解説の一部です。
「土」を含む「野球場」の記事については、「野球場」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 08:10 UTC 版)

土俵」の記事における「土」の解説

日本相撲協会では「荒木田土」に統一している。元々は、国技館近く流れ荒川流域の東京都内でも採れたが、現在の両国国技館では埼玉県川越市採取された土が使われている。粘性高く、砂が適度(30程度混じっていて滑りにくく、大きな砂利ゴミ混入がないものが選ばれている。総重量はおよそ45トン2017年名古屋場所までは年3回地方所では現地調達していたが、力士から「滑りやすい」との指摘を受け、同年九州場所以降の地方所で川越から大阪・名古屋福岡の各会場輸送して使用される

※この「土」の解説は、「土俵」の解説の一部です。
「土」を含む「土俵」の記事については、「土俵」の概要を参照ください。


土(ど)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 16:39 UTC 版)

五行思想」の記事における「土(ど)」の解説

季節の変わり目、「土用」の象徴植物の地中から発芽する様子が元となっていて、万物育成保護する性質を表す。

※この「土(ど)」の解説は、「五行思想」の解説の一部です。
「土(ど)」を含む「五行思想」の記事については、「五行思想」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「土」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 08:27 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. つち構成する物質一般にに比べ粒子細かく湿り気帯びているものをさす。土壌

造語成分・略称

  1. (ト)(土耳古の第1字)トルコ意味する語を作る
  2. (ド)曜日一つ土曜日用法: ほかの曜日リズムを合わせるため「どー」と発音されることがある(「火木土」: かーもくどー)。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「土」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



土と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「土」に関係したコラム

  • 株式の配当金や株主優待、新株を受け取るには

    株主は、その企業の経済的な利益を受け取る権利を持っています。その中でもよく知られているのが配当金、株主優待、新株です。配当金企業の利益をお金で受け取ることができます。配当金は、会社の利益を株主の出資比...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



土のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土 (改訂履歴)、土曜日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの古代王者恐竜キング (改訂履歴)、野球場 (改訂履歴)、土俵 (改訂履歴)、五行思想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS