ごぎょうとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ごぎょうの意味・解説 

ご‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【五行】

読み方:ごぎょう

中国古代世界観で、万物構成し天地の間に運行する考えられ木・火・土・金・水五つ元素。天では木星火星土星金星水星として運行し、地では木・火・土・金・水として現れ、人も五行から構成されているという。→五行説

仏語菩薩(ぼさつ)が修行する五つ行法大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)では、聖行梵行天行嬰児(ように)行・病行。大乗起信論では、布施持戒忍辱(にんにく)・精進止観


ご‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【御形】

読み方:ごぎょう

ハハコグサの別名「おぎょう(御形)」の俗称

[補説] 春の七草一つとして用いるときの称。《 新年


ごぎょう 【五行】

中国古来哲学でいう万物組成する五つ元素(行は動き活動している意)。木・火・土・金・水。木から火を生じ、火から土、土から金、金からから木と生じていくのを五行相生といい、木は土に剋ち、土はに、は火に、火は金に、金は木に剋っていくのを五行相剋という。これらを男女の性に配し相生合えば和合幸福、相剋対すれば不和災難とする。漢代陰陽説合して陰陽五行説となった。五行それぞれに神を配し五行神とする。木に句芒、火は祝融、土は后土、金は蓐収玄冥など。→ 陰陽仏教菩薩修行五つをいう。『涅槃経』では、聖行梵行(清い心での行)・天行天然理による行)・嬰児行(慈悲の行)・病行(病者と同苦の行)とし、『大乗起信論』では、布施持戒忍辱精進止観雑念止め正し観察)とする。③イスラム教五つ信仰行為。→ イスラム教

五業

読み方:ごぎょう

  1. 料理屋旅館芸者屋、待合検番をいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ハハコグサ

(ごぎょう から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/19 14:53 UTC 版)

ハハコグサ(母子草[6]学名: Pseudognaphalium affine)は、キク科ハハコグサ属越年草である。道端や畑などに見られる小型の草で、全体が白い綿毛に包まれていて白っぽく見え、葉は細いへら形で、春から初夏に細かい黄色い花を密に咲かせる。春の七草の1つ、御形(ごぎょう、おぎょう)でもあり、茎葉の若いものを食用にする[7]


  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Pseudognaphalium affine (D.Don) Anderb. ハハコグサ(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年3月18日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Pseudognaphalium luteoalbum (L.) Hilliard et B.L.Burtt subsp. affine (D.Don) Hilliard et B.L.Burtt ハハコグサ(シノニム)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年3月18日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Laphangium affine (D.Don) Tzvelev ハハコグサ(シノニム)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年3月18日閲覧。
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Gnaphalium luteoalbum L. subsp. affine (D.Don) Koster ハハコグサ(シノニム)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年3月18日閲覧。
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Gnaphalium affine D.Don ハハコグサ(シノニム)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年3月18日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 高野昭人監修 世界文化社編 2006, p. 25.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 田中孝治 1995, p. 105.
  8. ^ a b c 稲垣栄洋 2010, p. 57.
  9. ^ a b c d 飯泉優 2002, p. 92.
  10. ^ a b c 田中修 2007, p. 31.
  11. ^ a b c d 大嶋敏昭監修 2002, p. 328.
  12. ^ a b c d e f g 稲垣栄洋 2010, p. 56.
  13. ^ a b 主婦と生活社編 2007, p. 55.
  14. ^ a b c d 菱山忠三郎 2014, p. 17.
  15. ^ a b c 貝津好孝 1995, p. 109.
  16. ^ a b c d e 金田初代 2010, p. 135.
  17. ^ a b c d e f g 川原勝征 2015, p. 36.
  18. ^ a b c d e f g 馬場篤 1996, p. 93.
  19. ^ a b c 高橋秀男監修 2003, p. 81.
  20. ^ a b c 稲垣栄洋 2010, p. 54.
  21. ^ 主婦と生活社 2007, p. 55.


「ハハコグサ」の続きの解説一覧

ごぎょう

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 07:30 UTC 版)

同音異義語

ごぎょう



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ごぎょう」の関連用語

ごぎょうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ごぎょうのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハハコグサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのごぎょう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS