杵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > の意味・解説 

き‐ね【×杵】

《「ね」は接尾語

臼(うす)に入れた穀物などをつくための、木製道具脱穀餅つきなどに用いる。

紋所の名。1をかたどったもの。

杵の画像
杵の紋所
杵の画像
杵をした紋所一つ「丸に並び杵」

しょ【×杵】


き【×杵】

きね。

此の粉舂(こつき)の女ども、此の音を聞きて、—と云ふ物を提(ひさげ)て」〈今昔・二六・二三


杵,手杵,千本杵 (きね,てきね,せんぼんぎね)

杵 地方名は、手杵または千本杵という。昭和45年頃まで、餅搗用とし使用された。現在は、小学校などで実演用に利用されるにすぎない蒸した繻(もち)米をすぐ臼で搗くと、米が飛び散るので目潰し用(こねてネバリをださせる)として、この手杵でこね、その後、打杵で搗いて餅とする。臼は、ふつう木製で、内径50cm、深さ33cm、外径70cm、高さ45cm、重さ80kgの大型もある。石臼利用される。杵の長さ142cm、径約4.3cmである。

読み方:キネkine

穀粒脱穀精白製粉したり、餅を搗くのに用いる道具


きね 【杵】

臼に俗信がある如く杵にもそれがある。杵には竪杵横杵があり竪のほうが古い。臼は女性見立てられ、杵は男性見立てられる。年越に臼と共に供物をそなえ飾りをつけ、神迎えにこれで音を立てる。千本杵称して多くの人が杵で一臼の餅をつき、それを神に供える。→ 臼

読み方:きぬ

  1. 男陰俗称。〔風流
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 23:43 UTC 版)

(きね)とは、と共に使い、おもに穀物脱穀籾すりなどに用いる道具


  1. ^ a b 相馬デジタルミュージアム
  2. ^ 松下正司編 「草戸千軒町遺跡」 『日本の美術』 215号、90頁、1984年https://books.google.com/books?id=x09JAQAAIAAJ&q=%22%E6%A8%AA%E6%9D%B5%22 
  3. ^ a b Verschuer, Charlotte von Wendy Cobcroft訳 (2016). Rice, Agriculture, and the Food Supply in Premodern Japan. Routledge. pp. 86, 91 (fig. 1.4). ISBN 1-317-50450-X. https://books.google.com/books?id=j2aaCwAAQBAJ&pg=PA86 
  4. ^ 曽槃編 『成形図説 (成形圖説)』 13巻、文化年間https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2546021/30 、30葉。
  5. ^ 尚学図書編,『日本方言大辞典』,小学館,1989,東京,ISBN 4-09-508201-1
  6. ^ 尚学図書編,『日本方言大辞典』,p698


「杵」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 00:52 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



杵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「杵」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

杵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



杵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの杵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS