金剛杵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > 武器 > 金剛杵の意味・解説 

こんごう‐しょ〔コンガウ‐〕【金剛×杵】

読み方:こんごうしょ

古代インド武器。のちに密教で、外道悪魔破砕煩悩(ぼんのう)を打ち破る象徴として用い法具真鍮(しんちゅう)・鋼(はがね)などで作り中央の握りが細い。両端とがった独鈷(とっこ)両端分かれている三鈷杵五鈷杵などがある。

金剛杵の画像

金剛杵

読み方:コンゴウショ(kongousho)

密教法具の一。


金剛杵(こんごうしょ)

密教用いるパラシャというインド古来の剣に似た武具中央に把部、端部に形の異っ突起があり、この形によって呼称変わる。刀身彫られるデザイン化された金剛杵は独鈷限られ、さらに簡略化して剣のみを彫るものを素剣と称する

金剛杵

読み方:コンゴウショ(kongousho)

作者 斎藤緑雨

初出 明治29年

ジャンル 評論


金剛杵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 16:42 UTC 版)

金剛杵(こんごうしょ、サンスクリット語: वज्र vajra ヴァジュラチベット語རྡོ་རྗེワイリー方式rdo rje ドルジェ)は、日本仏教の一部宗派(天台宗真言宗禅宗[1]チベット仏教の全宗派で用いられる法具


  1. ^ 「施餓鬼」, pp,827-828。
  2. ^ a b 中村ら (1989:288).
  3. ^ インド神話:マハーバーラタの神々』, p. 95.
  4. ^ 中村ら (1989:657).
  5. ^ 「施餓鬼」, pp.825-826。
  6. ^ a b 金属の中世:資源と流通』, pp.158-162.
  7. ^ 石清水八幡宮で銅製法具出土 京都”. 日本経済新聞 電子版 (2010年12月1日). 2015年10月16日閲覧。
  8. ^ 小峰彌彦『図解 早わかり! 空海と真言宗』(三笠書房、2013年)


「金剛杵」の続きの解説一覧

金剛杵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 01:23 UTC 版)

問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の記事における「金剛杵」の解説

掲げることで神招来する。二叉変幻させることも出来る。

※この「金剛杵」の解説は、「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の解説の一部です。
「金剛杵」を含む「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の記事については、「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の概要を参照ください。


金剛杵(こんごうしょ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 14:28 UTC 版)

捕具」の記事における「金剛杵(こんごうしょ)」の解説

独鈷刺突するほか、手の内我眉刺のように相手の手首を制圧する用法がある武器であり、三鈷杵五鈷杵などは十手の鉤のように敵刃を受け止める絡め取る用法がある武器であるとカラリパヤットインド道場拳法)では伝承されている。同様に手首責める砧型武器石製青銅製の亜鈴にも似た武器)が護身具レスリングトレーニング用具としてギリシア方面アレクサンドロス3世金剛力士モデルになった一人とされるを介して伝わったとされている

※この「金剛杵(こんごうしょ)」の解説は、「捕具」の解説の一部です。
「金剛杵(こんごうしょ)」を含む「捕具」の記事については、「捕具」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「金剛杵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「金剛杵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



金剛杵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

金剛杵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金剛杵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2022 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金剛杵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの問題児たちが異世界から来るそうですよ? (改訂履歴)、捕具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS